一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)潜在性結核菌感染症に対する週1回イソニアジド/リフ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/06/29Vol. 67 / No. 25

MMWR67(25):723-726
Update of Recommendations for Use of Once-Weekly Isoniazid-Rifapentine Regimen to Treat Latent Mycobacterium tuberculosis Infection

潜在性結核菌感染症に対する週1回イソニアジド/リファペンチンのレジメン使用に関する推奨の最新情報

潜伏性結核感染症(LTBI)の治療は、アメリカにおける結核疾患(TB)の制御および根絶にとって重要である。 2011年に、CDCはLTBI治療のための直接的観察療法(DOT)によりイソニアジドとリファペンチンを週1回12週間にわたり服用する短期併用レジメン(3HP)を推奨したが、12歳未満の小児およびヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者への使用は制限されている。 CDCは、これらの集団における3HPの使用、ならびに3HPレジメンの自己投与(SAT)を、更新した勧告おいてに取り組む分野として特定した。 2017年に、CDCワークグループは、Guide to Community Preventive Servicesから採択された方法を用いて、3HPレジメンのシステマティックレビューとメタアナリシスを実施した。合計で、15の独自の研究を代表する19件の論文がメタ分析に採用された。2~17歳の小児を含むDOTによって投与された3HPの大規模なランダム化臨床試験では、3HPが結核予防のための9日間の連日のイソニアジド(9H)と同様にして忍容性があり有効であることが示された。 この試験では、3HPが安全であり、9Hよりも高い治療完遂率を有することも報告されている。一方、 2歳未満の小児におけるリファンピンチンの安全性および薬物動態に関するデータは入手できない。2011年には、CDCは、後天性免疫不全症候群(AIDS)を含め、健康で抗レトロウイルス薬を服用していないHIV感染者のLTBIの治療に3HPレジメンを推奨した。 その後、追加データにより、抗HIV療法を受けていないHIV感染者の3HPの有効性だけでなく、抗レトロウイルス薬で治療されているHIV感染者においても、1週間に1回のリファペンチンとエファビレンツまたはラルテグラビルの間に臨床的に重要な薬物相互作用がないことが示された。また、ランダム化試験において、18歳以上では、DOTによる 3 HPと比べ、SATによる3HPは治療完遂率および安全性において非劣勢であることが示された。2017年7月に、ワークグループは結核専門家グループにメタアナリシスの結果を提示した。 CDCは、成人のLTBIの治療の3HPの推奨を継続するとともに、1)2~17歳のLTBI患者、2)AIDSを含むHIV感染者で、リファペンチンとの許容できる薬物-薬物相互作用を有する抗レトロウイルス薬を服用しているLTBI患者に新たに3HPの使用を推奨し、3)2歳以上の患者ではDOTまたはSATによる投与を推奨する。

References

  • CDC. Recommendations for use of an isoniazid-rifapentine regimen with direct observation to treat latent Mycobacterium tuberculosis infection. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1650–3.
  • Briss PA, Zaza S, Pappaioanou M, et al.; The Task Force on Community Preventive Services. Developing an evidence-based Guide to Community Preventive Services—methods. Am J Prev Med 2000;18(Suppl):35–43. <https://doi.org/10.1016/S0749-3797(99)00119-1>
  • Zaza S, Wright-De Agüero LK, Briss PA, et al.; Task Force on Community Preventive Services. Data collection instrument and procedure for systematic reviews in the Guide to Community Preventive Services. Am J Prev Med 2000;18(Suppl):44–74. <https://doi.org/10.1016/S0749-3797(99)00122-1>
  • Njie GJ, Morris SB, Woodruff RY, Moro RN, Vernon AA, Borisov AS. Isoniazid-rifapentine for latent tuberculosis infection: a systematic review and meta-analysis. Am J Prev Med 2018. Epub June 11, 2018. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2018.04.030>
  • Villarino ME, Scott NA, Weis SE, et al.; International Maternal Pediatric and Adolescents AIDS Clinical Trials Group; Tuberculosis Trials Consortium. Treatment for preventing tuberculosis in children and adolescents: a randomized clinical trial of a 3-month, 12-dose regimen of a combination of rifapentine and isoniazid. JAMA Pediatr 2015;169:247–55. <https://doi.org/10.1001/jamapediatrics.2014.3158>
  • Sterling TR, Scott NA, Miro JM, et al.; Tuberculosis Trials Consortium; AIDS Clinical Trials Group for the PREVENT TB Trial. Three months of weekly rifapentine and isoniazid for treatment of Mycobacterium tuberculosis infection in HIV-coinfected persons. AIDS 2016;30:1607–15. <https://doi.org/10.1097/QAD.0000000000001098>
  • Weiner M, Egelund EF, Engle M, et al. Pharmacokinetic interaction of rifapentine and raltegravir in healthy volunteers. J Antimicrob Chemother 2014;69:1079–85. <https://doi.org/10.1093/jac/dkt483>
  • Podany AT, Bao Y, Swindells S, et al.; AIDS Clinical Trials Group A5279 Study Team. Efavirenz pharmacokinetics and pharmacodynamics in HIV-infected persons receiving rifapentine and isoniazid for tuberculosis prevention. Clin Infect Dis 2015;61:1322–7. <https://doi.org/10.1093/cid/civ464>
  • Belknap R, Holland D, Feng PJ, et al.; TB Trials Consortium iAdhere Study Team. Self-administered versus directly observed once-weekly isoniazid and rifapentine treatment of latent tuberculosis infection: a randomized trial. Ann Intern Med 2017;167:689–97.
  • Sterling TR, Moro RN, Borisov AS, et al.; Tuberculosis Trials Consortium. Flu-like and other systemic drug reactions among persons receiving weekly rifapentine plus isoniazid or daily isoniazid for treatment of latent tuberculosis infection in the PREVENT Tuberculosis study. Clin Infect Dis 2015;61:527–35. <https://doi.org/10.1093/cid/civ323>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ