一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)最新情報:アメリカにおける2017-18年シーズン・・・

MMWR抄訳

rss

2018/06/08Vol. 67 / No. 22

MMWR67(22):634-642
Update: Influenza Activity in the United States During the 2017–18 Season and Composition of the 2018–19 Influenza Vaccine

最新情報:アメリカにおける2017-18年シーズンのインフルエンザ活性と2018-19年インフルエンザワクチンの成分

2017-18年シーズン(2017年10月1日~2018年5月19日)におけるインフルエンザ活性および推奨される2018-19年北半球インフルエンザワクチン組成を報告する。この期間、アメリカ(50州、プエルトリコ、ワシントンDC)の臨床検査室では1,210,053検体が検査され、224,113検体(18.5%)がインフルエンザ陽性であり[A型:151,413検体(67.6%)、B型:72,700検体(32.4%)]、検体の陽性率は1月13日~2月10日にてピークであった(26.1~26.9%)。WHO共同研究室では98,466検体が検査され、うち53,790検体(54.6%)が陽性であった[A型:38,303検体(71.2%)、B型:15,487検体(28.8%)]。A型37,681検体のサブタイプ分析では、A(H3N2)が31,977検体(84.9%)、A(H1N1)pdm09が5,704検体(15.1%)であり、B型は11,950検体のうち10,612検体(88.8%)がB/Yamagata系、1,338検体(11.2%)がB/Victoria系であった。検体が陽性であった症例のうち、47,131例(87.6%)の年齢は、0~4歳が3,802例(8.1%)、5~24歳が11,550例(24.5%)、25~64歳が15,597例(33.1%)、65歳以上が16,172例(34.3%)であり、いずれの年齢層もA(H3N2)優勢であり(51.2~70.0%)、B型は5~24歳にてもっとも多かった(36.5%)。抗原性の分析ではA(H1N1)pdm09は、736検体中735検体(99.9%)がA/Michigan/45/2015、A(H3N2)は655検体中612検体(93.4%)がA/Hong Kong/4801/2014、B/Yamagata系は824検体すべてがB/Phuket/3073/2013に類似したが(いずれも2017-18年ワクチン成分)、B/Victoria系は270検体中、2017-18年ワクチン成分B/Brisbane/60/2008と類似した検体は53検体(19.6%)であり、217検体はB/Colorado/06/2017(2018-19年ワクチン成分推奨株)に対するフェレット抗血清を高度に阻害した。感受性検査ではA(H1N1)pdm09は1,147検体中11検体(1.0%)がオセルタミビル、ペラミビル耐性を示し、A(H3N2)は2,354検体すべてがオセルタミビル、ザナミビル感受性を示し、また、1,248検体にてペラミビル耐性を示す検体は認めなかった。B型1,118検体は3剤全てに感受性を示した。2018-19年シーズンのインフルエンザワクチン成分として、FDAはA/Michigan/35/2015 A(H1N1)pdm09様ウイルス、A/Singapore/NFIMH-16-0019/2016 A(H3N2)様ウイルス、B/Colorado/06/2017様ウイルスを推奨し、4価ワクチンにはB/Phuket/3073/2013様ウイルスを追加する。ILINetによる2017-18年シーズンのインフルエンザ様疾患(ILI)による外来受診者は、19週連続(第47週~第13週)にて全国基準値(2.2%)を上回り、ピークは2018年2月3日の週(第5週)7.5%であった。州別の活性分布は3週(2018年1月6日、13日、20日が週末にあたる週)連続して50地区(93%)にて広範囲の活性が報告された。FluSurv-NETデータによるインフルエンザによる累積入院患者は30,453例(10万人あたり106.6)であり、年齢別の累積入院率は0~4歳が10万人あたり74.3、5~17歳が20.2、18~49歳が32.6、50~64歳が115.7、65歳以上が460.9であった。肺炎およびインフルエンザ(P&I)関連死亡率は16週連続(2017年12月13日~4月7日、第51週~14週)にて流行閾値を超え、ピークは1月20日(第3週)の10.8%であった。また、小児の死亡は2018年6月1日までに171例報告され、A(H3N2)が36例(21%)、A(H1N1)pdm09が31例(18%)、A型(サブタイプ不明)が36例(21%)、B型が64例(37%)、AB混合型が2例(1%)、不明が2例(1%)であった。死亡例の平均年齢は7.1歳(8週齢~17歳)、97例(57%)は入院先で死亡、病歴の明らかな154例中79例(51%)に少なくとも1つ以上のインフルエンザ合併症リスクを認めた。

References

  • Zhou B, Wentworth DE. Influenza A virus molecular virology techniques. Methods Mol Biol 2012;865:175–92. <https://doi.org/10.1007/978-1-61779-621-0_11>
  • Zhou B, Lin X, Wang W, et al. Universal influenza B virus genomic amplification facilitates sequencing, diagnostics, and reverse genetics. J Clin Microbiol 2014;52:1330–7. <https://doi.org/10.1128/JCM.03265-13>
  • Davlin SL, Blanton L, Kniss K, et al. Influenza activity—United States, 2015–16 season and composition of the 2016–17 influenza vaccine. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:567–75. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6522a3>
  • Appiah GD, Blanton L, D’Mello T, et al. Influenza activity—United States, 2014–15 season and composition of the 2015–16 influenza vaccine. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:583–90.
  • Blanton L, Alabi N, Mustaquim D, et al. Update: influenza activity in the United States during the 2016–17 season and composition of the 2017–18 influenza vaccine. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:668–76. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6625a3>
  • Food and Drug Administration Center for Biologics Evaluation and Research. Summary minutes: 151st Vaccines and Related Biological Products Advisory Committee. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2018. <https://www.fda.gov/downloads/advisorycommittees/committeesmeetingmaterials/bloodvaccinesandotherbiologics/vaccinesandrelatedbiologicalproductsadvisorycommittee/ucm602610.pdf>
  • World Health Organization. Recommended composition of influenza virus vaccines for use in the 2018–2019 northern hemisphere influenza season. Wkly Epidemiol Rec 2018;93:133–41.
  • Biggerstaff M, Kniss K, Jernigan DB, et al. Systematic assessment of multiple routine and near real-time indicators to classify the severity of influenza seasons and pandemics in the United States, 2003–2004 through 2015–2016. Am J Epidemiol 2018;187:1040–50. <https://doi.org/10.1093/aje/kwx334>
  • Flannery B, Chung JR, Belongia EA, et al. Interim estimates of 2017–18 seasonal influenza vaccine effectiveness—United States, February 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:180–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6706a2>
  • Sullivan SG, Chilver MB, Carville KS, et al. Low interim influenza vaccine effectiveness, Australia, 1 May to 24 September 2017. Euro Surveill 2017;22. <https://doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2017.22.43.17-00707>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ