一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)ミドルおよびハイスクールの生徒におけるたばこ製品の・・・

MMWR抄訳

rss

2018/06/08Vol. 67 / No. 22

MMWR67(22):629-633
Tobacco Product Use Among Middle and High School Students — United States, 2011–2017

ミドルおよびハイスクールの生徒におけるたばこ製品の使用 ― アメリカ、2011年~2017年

FDAおよびCDCは2011年~2017年のNational Youth Tobacco Surveyのデータから、ミドルおよびハイスクールの生徒の喫煙について分析した。サンプルサイズ(および回答率)は、2011年が18,766(72.7%)、2012年が24,658(73.6%)、2013年が18,406(67.8%)、2014年が22,007(73.3%)、2015年が17,711(63.4%)、2016年が20,675(71.6%)、2017年が17,872(68.1%)であった。2017年、ハイスクールの生徒の現喫煙率(30日以内の喫煙あり)は19.6%(約295万人)であり、2種類以上のたばこ製品を使用する生徒は9.2%(138万人、現喫煙者の46.8%)、可燃性たばこ製品を使用する生徒は12.9%(194万人、現喫煙者の65.8%)であった。製品別では電子たばこの使用率がもっとも高く(11.7%)、葉巻たばこ(7.7%)、紙巻たばこ(7.6%)、無煙たばこ(5.5%)、水たばこ(3.3%)、パイプたばこ(0.8%)、ビディ(0.7%)の順であった。ミドルスクールの生徒の現喫煙率は5.6%(67万人)であり、2種類以上のたばこ製品を使用する生徒は2.4%(28万人、現喫煙者の41.8%)、可燃性たばこ製品を使用する生徒は3.4%(39万人、現喫煙者の58.2%)であった。製品別では電子たばこの使用率がもっとも高く(3.3%)、紙巻きたばこ(2.1%)、無煙たばこ(1.9%)、葉巻(1.5%)、水たばこ(1.4%)、パイプたばこ(0.4%)、ビディ(1.4%)の順であった。ハイスクールではたばこ製品を使用する生徒は2011年の24.2%から2017年は19.6%に非直線的に減少、同様の減少は2種類以上を使用する生徒(12.0%から9.2%)、可燃性たばこを使用する生徒(21.8%から12.9%)にも認められ、製品別では直線的な減少を紙巻きたばこ(15.8%から7.6%)、葉巻(11.6%から7.7%)、無煙たばこ(7.9%から5.0%)、非直線的な減少をパイプたばこ(4.0%から0.8%)、ビディ(2.0%から0.7%)に認め、電子たばこの使用が1.5%から11.7%と大きく増加した。ミドルスクールでは7.5%から5.6%に直線的に減少、2種類以上の使用者、可燃性たばこの使用者もそれぞれ3.8%から2.4%、6.4%から3.4%に減少、製品別では葉巻(3.5%から1.5%)、無煙たばこ(2.7%から1.9%)、パイプたばこ(2.2%から0.4%)は直線的に減少、紙巻きたばこ(4.3%から2.1%)、ビディ(1.7%から0.3%)は非直線的に減少、電子たばこ(0.6%から3.3%)および水たばこ(1.0%から1.4%)は非直線的に増加した。2016年~2017年ではハイスクールにて水たばこ(4.8年から3.3%)、パイプたばこ(1.4%から0.8%)の使用者が減少し、ミドルスクールでは全体(7.2%から5.6%)、電子たばこ(4.3%から3.3%)、水たばこ(2.0%から1.4%)の使用者が減少した。以上、2011~2017年にかけ、ハイスクールおよびミドルスクールにおける喫煙率は低下したが、2017年、ハイスクールでは約1/5、ミドルスクールでは約1/18の生徒が喫煙しており、禁煙対策は継続して行われるべきである

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>
  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/preventing-youth-tobacco-use/full-report.pdf>
  • Apelberg BJ, Corey CG, Hoffman AC, et al. Symptoms of tobacco dependence among middle and high school tobacco users: results from the 2012 National Youth Tobacco Survey. Am J Prev Med 2014;47(Suppl 1):S4–14. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2014.04.013>
  • US Department of Health and Human Services. E-cigarette use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/e-cigarettes/pdfs/2016_sgr_entire_report_508.pdf>
  • Tsai J, Walton K, Coleman BN, et al. Reasons for electronic cigarette use among middle and high school students—National Youth Tobacco Survey, United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:196–200. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6706a5>
  • Marynak K, Gentzke A, Wang TW, Neff L, King BA. Exposure to electronic cigarette advertising among middle and high school students—United States, 2014–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:294–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6710a3>
  • Food and Drug Administration. Regulation of flavors in tobacco products. Docket no. FDA–2017–N–6565. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2018. <https://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2018-03-21/pdf/2018-05655.pdf>
  • Food and Drug Administration. Deeming tobacco products to be subject to the federal food, drug, and cosmetic act, as amended by the family smoking prevention and tobacco control act; regulations on the sale and distribution of tobacco products and required warning statements for tobacco products. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2016. <https://www.federalregister.gov/documents/2016/05/10/2016-10685/deeming-tobacco-products-to-be-subject-to-the-federal-food-drug-and-cosmetic-act-as-amended-by-the>
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/pdfs/2014/comprehensive.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ