一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)静注ドラッグ使用者における侵襲性メチシリン耐性黄色・・・

MMWR抄訳

rss

2018/06/08Vol. 67 / No. 22

MMWR67(22):625-628
Invasive Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus Infections Among Persons Who Inject Drugs — Six Sites, 2005–2016

静注ドラッグ使用者における侵襲性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症 ― 6州、2005年~2016年

アメリカでは静注ドラッグ使用の増加に関連してヒト免疫不全ウイルスやC型肝炎ウイルス感染例が増加しており、さらに侵襲性細菌感染症(心内膜炎、髄膜炎、皮膚および軟組織感染症)も増加している。今回、CDC’s Emerging Infections Program (EIP)データより、2005年~2016年における浸潤性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症の疫学について分析が行われた。この期間、国内6地域(カリフォルニア州内3郡、コネチカット州、ジョージア州内8郡、ミネソタ/ニューヨーク/テネシー州内各1郡)において、侵襲性MRSA感染症は39,050例報告され、うち2,093例(5.4%)が静注ドラッグ使用者であった。13歳以上の静注ドラッグ使用者におけるMRSA感染症の推定発症率は2011年にて10万人あたり472.2、静注ドラッグ非使用者では10万人あたり29.0であった。静注ドラッグ使用MRSA感染例は非使用者に比べ年齢が低く(年齢中央値45歳 vs. 63歳)、市中感染例が多かった。また、静注ドラッグ使用MRSA感染例は敗血症性塞栓症、心内膜炎、膿瘍、蜂窩織炎、骨髄炎が多く認められた。コネチカット州、ジョージア州、ミネソタ州およびテネシー州では2011年以降、静注ドラッグ使用MRSA感染例は約2倍増加しており、6地域全体では静注ドラッグ使用者におけるMRSA感染例の割合は2005年の6.4%から2010年には3.5%に減少し、その後増加している(2016年:9.2%)。また、2011年~2016年における静注ドラッグ使用MRSA感染例は、2005年~2010年に比べ白および市中感染例にて増加していた。2005年~2014年データが得られたコロラド州およびオレゴン州でもMRSA感染例の割合は同様の変動を認めた(2005年:11.1%、2011年:10.6%、2014年:15.2%)。以上、殺菌処理をしていない静注ドラッグの使用はMRSA感染を増加させることから、オピオイドの誤使用、薬物療法による治療の実施、シリンジサービスプログラム、安全性に関する教育など感染を防止するための介入の必要性が示唆される。

References

  • CDC. Annual surveillance report of drug-related risks and outcomes— United States, 2017. Atlanta, Georgia: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/drugoverdose/pdf/pubs/2017-cdc-drug-surveillance-report.pdf>
  • Jones CM, Logan J, Gladden RM, Bohm MK. Vital signs: demographic and substance use trends among heroin users—United States, 2002–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:719–25.
  • Peters PJ, Pontones P, Hoover KW, et al.; Indiana HIV Outbreak Investigation Team. HIV infection linked to injection use of oxymorphone in Indiana, 2014–2015. N Engl J Med 2016;375:229–39. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1515195>
  • Zibbell JE, Iqbal K, Patel RC, et al. Increases in hepatitis C virus infection related to injection drug use among persons aged ≤30 years—Kentucky, Tennessee, Virginia, and West Virginia, 2006–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:453–8.
  • Keeshin SW, Feinberg J. Endocarditis as a marker for new epidemics of injection drug use. Am J Med Sci 2016;352:609–14. <https://doi.org/10.1016/j.amjms.2016.10.002>
  • Lewer D, Harris M, Hope V. Opiate injection-associated skin, soft tissue, and vascular infections, England, UK, 1997–2016. Emerg Infect Dis 2017;23:1400–3. <https://doi.org/10.3201/eid2308.170439>
  • Ronan MV, Herzig SJ. Hospitalizations related to opioid abuse/ dependence and associated serious infections increased sharply 2002– 2012. Health Aff (Millwood) 2016;35:832–7. <https://doi.org/10.1377/hlthaff.2015.1424>
  • Dantes R, Mu Y, Belflower R, et al.; Emerging Infections Program–Active Bacterial Core Surveillance MRSA Surveillance Investigators. National burden of invasive methicillin-resistant Staphylococcus aureus infections, United States, 2011. JAMA Intern Med 2013;173:1970–8.
  • Lansky A, Finlayson T, Johnson C, et al. Estimating the number of persons who inject drugs in the United States by meta-analysis to calculate national rates of HIV and hepatitis C infections. PLoS One 2014;9:e97596. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0097596>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ