一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)バイタルサイン:州別自殺率の傾向 ― アメリカ、1・・・

MMWR抄訳

rss

2018/06/08Vol. 67 / No. 22

MMWR67(22):617-624
Vital Signs: Trends in State Suicide Rates — United States, 1999–2016 and Circumstances Contributing to Suicide — 27 States, 2015

バイタルサイン:州別自殺率の傾向 ― アメリカ、1999年~2016年、および自殺の一因となる環境 ― 27州、2015年

2016年、アメリカでは10歳以上の45,000人近く(年齢補正率10万人あたり15.6)が自殺しており、1999年以来ほぼ30%増加している。今回、CDCはNational Vital Statistics Systemのデータより3年ごと6期間(1999~2001年、2002~2004年、2005~2007年、2008~2010年、2011~2013年、2014~2016年)における州別自殺率(50州およびワシントンDC)、National Violent Death Reporting Systemデータより、2015年27州における死亡者の状況に関与する因子について分析を行った。最新(2014~2016年)の州別自殺率は10万人あたり6.9(ワシントンDC)~29.2(モンタナ州)/年であり、調査期間中、ネバダ州を除くすべての州において自殺率は増加し、絶対増加数は10万人あたり0.8(デラウェア州)~8.1(ワイオミング州)、増加率は5.9%(デラウェア州)~57.6%(ノースダコタ州)であり、25州にて30%超の増加率を認めた。モデル化した自殺率の傾向は44州にて有意な増加(男性:34州、女性:43州)を示し、全国的なモデル推定平均年間変化率は1.5%の増加であった(男性:1.1%、女性:2.6%)。27州において精神的健康状態不明の自殺者(11,039名、54.0%)を精神的健康状態の明らかな自殺者(9,407名、46.0%)と比較した場合、精神健康状態不明者は男性(83.6% vs. 76.8%)およびマイノリティ(非ヒスパニック系白人以外)の割合が高く、殺人後の自殺が有意に多かった(1.6% vs. 0.7%)。また、18歳以上の死亡者では精神的健康状態不明である自殺者の20.1%、明らかである自殺者の15.3%が以前に軍に勤務していたか、死亡時に勤務していた。自殺の方法は銃がもっとも多く(全体の48.5%)、精神的健康状態不明の自殺者では銃が55.3%、縊首/絞首/窒息が26.9%、毒物が10.4%、精神的健康状態の明らかな自殺者ではそれぞれ40.6%、31.3%、19.8%であった。自殺時の状況に関する情報では、精神的健康状態が不明な自殺者と明らかな自殺者において、人間関係の問題/喪失(パートナーの問題やパートナーによる暴力、家族や友人の死など)はそれぞれ45.1%、39.6%、生活のストレス(犯罪などの法的問題、健康上の問題、仕事や学校、金銭的問題など)は50.5%、47.2%、最近または差し迫った危機(パートナーの問題、健康の問題、法的な問題や仕事など)は32.9%、26.0%に認められた。

References

  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Injury Prevention and Control; 2018. <https://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html>
  • Ivey-Stephenson AZ, Crosby AE, Jack SPD, Haileyesus T, Kresnow- Sedacca MJ. Suicide trends among and within urbanization levels by sex, race/ethnicity, age group, and mechanism of death—United States, 2001–2015. MMWR Surveill Summ 2017;66(No. SS-18). <https://doi.org/10.15585/mmwr.ss6618a1>
  • Curtin SC, Warner M, Hedegaard H. Increase in suicide in the United States, 1999–2014. NCHS data brief no. 241. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2016. <https://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db241.pdf>
  • Kochanek K, Murphy S, Xu J, Arias E. Mortality in the United States, 2016. NCHS data brief no. 293. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2017. <https://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db293.pdf>
  • Office of the Surgeon General; National Action Alliance for Suicide Prevention. 2012 National strategy for suicide prevention: goals and objectives for action. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General; 2012. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/national-strategy-suicide-prevention/full-report.pdf>
  • Zalsman G, Hawton K, Wasserman D, et al. Suicide prevention strategies revisited: 10-year systematic review. Lancet Psychiatry 2016;3:646–59. <https://doi.org/10.1016/S2215-0366(16)30030-X>
  • Torguson K, O’Brien A. Leading suicide prevention efforts unite to address rising national suicide rate. Washington, DC: American Foundation for Suicide Prevention; 2017. <https://afsp.org/leading-suicide-prevention-efforts-unite-address-rising-national-suicide-rate/>
  • Crepeau-Hobson F. The psychological autopsy and determination of child suicides: a survey of medical examiners. Arch Suicide Res 2010;14:24–34. <https://doi.org/10.1080/13811110903479011>
  • American Psychiatric Association. Diagnostic and statistical manual of mental disorders (DSM-5). Washington, DC: American Psychiatric Association; 2013.
  • Caine ED, Reed J, Hindman J, Quinlan K. Comprehensive, integrated approaches to suicide prevention: practical guidance. Inj Prev 2017. Epub December 20, 2017. <https://doi.org/10.1136/injuryprev-2017-042366>
  • World Health Organization. Risks to mental health: an overview of vulnerabilities and risk factors. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. <http://www.who.int/mental_health/mhgap/risks_to_mental_health_EN_27_08_12.pdf>
  • Stone DM, Holland KM, Bartholow BN, Crosby AE, Davis SP, Wilkins N. Preventing suicide: a technical package of policy, programs, and practice. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/violenceprevention/pdf/suicidetechnicalpackage.pdf>
  • Milner A, Sveticic J, De Leo D. Suicide in the absence of mental disorder? A review of psychological autopsy studies across countries. Int J Soc Psychiatry 2013;59:545–54. <https://doi.org/10.1177/0020764012444259>
  • Pouliot L, De Leo D. Critical issues in psychological autopsy studies. Suicide Life Threat Behav 2006;36:491–510.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ