一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)2歳の幼児におけるワクチン接種率 ― アメリカ領太・・・

MMWR抄訳

rss

2018/05/25Vol. 67 / No. 20

MMWR67(20):579-584
Vaccination Coverage Among Children Aged 2 Years — U.S. Affiliated Pacific Islands, April–October, 2016

2歳の幼児におけるワクチン接種率 ― アメリカ領太平洋諸島、2016年4月~10月

CDCとアメリカ領太平洋諸島(USAPI)予防接種プログラムによる2歳児(24~35カ月齢)におけるワクチン接種率の調査結果を報告する。USAPIを5地域[アメリカ領サモア、ミクロネシア連邦Chunk州、北マリアナ諸島自治連邦区(CNMI)、マーシャル諸島共和国(RMI)、パラオ共和国]に分け、ジフテリア、破傷風、百日咳ワクチン(DTaP)、不活化ポリオウイルスワクチン(IPV)、麻疹、おたふく風邪、風疹ワクチン(MMR)、ヘモフィルスインフルエンザ菌b型ワクチン(Hib)、HepBワクチン(B型肝炎)、肺炎球菌結合型ワクチン(PCV)およびシリーズ(それぞれ4回:3回:1回:3回:3回:4回接種)接種率を比較した。出生3カ月以内のHepB接種率はChunk(53.5%)を除き85%を超え(RMI:86.7%、パラオ:96.6%、CNMI:97.5%、サモア:96.7%)、パラオではDTap(≧3回) 94.6%、IPV(≧3回) 94.6%、Hib (≧3回) 93.1%、HepB(≧3回)93.1%と接種率が高く、シリーズ接種率は69.1%と最も高かった(サモア:47.9%、RMI:43.0%、CNMI:40.0%、Chunk:19.5%)。個々の接種率には地域差が大きく、IPV(≧3回)接種率は58.9%(CNMI)~94.6%(パラオ)、MMR(≧1回)接種率は57.9%(CNMI)~88.4%(Chunk)、また、DTaP(≧3回)接種率は59.5%(CNMI)~94.6%(パラオ)、DTaP(≧4回)接種率は36.7%(Chunk)~79.9%(パラオ)であった。さらに、ChunkおよびRMIでは本島(Chunk:Weno島、RMI:Ebeye島、Majuro島)での接種率が他の島々に比べ高く、ChunkではMMRを除き、10.1ポイント[HepB(≧3回)]~30.6ポイント[DTaP(≧4回)]と大きな差を認めた。RMIではHepB(出生時)を除きMajuro島に比べEbeye島にて高く(15.3~51.4ポイント)、他の島々との差は25.3~66.8ポイントであった。以上、USAPIの2歳児におけるワクチン接種率は同じ地域でも島により大きな差があることが示された。効果的なモニタリングとともに必要な介入措置をとり、領域内および本土において、ワクチンにより予防可能な疾患のアウトブレイクを阻止すべきである。

References

  • Carlin M, Mendoza-Walters A, Ensign K. Half an ocean away: health in the US-affiliated Pacific islands. J Public Health Manag Pract 2016;22:492–5. <https://doi.org/10.1097/PHH.0000000000000467>
  • Wendorf K. Notes from the field: measles in a Micronesian community—King County, Washington, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:800. <https://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm6336a5.htm?s_cid=mm6336a5_w>
  • Schuchat A. Controlling vaccine preventable diseases in the United States and global immunization efforts. Presentation at the National Vaccine Advisory Committee Meeting. Washington, DC; February 8, 2012. <https://pdfs.semanticscholar.org/presentation/dbe7/5d78a2ff7bfcaf565cb4f7c98f26d68c9f9b.pdf>
  • Institute of Medicine (US) Committee on Immunization Finance Policies and Practices. Calling the shots: immunization finance policies and practices. Washington, DC: National Academies Press; 2000. <https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK225583/>
  • Mahamud A, Masunu-Faleafaga Y, Walls L, et al. Seroprevalence of measles, mumps and rubella among children in American Samoa, 2011, and progress towards West Pacific Region goals of elimination. Vaccine 2013;31:3683–7. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2013.05.102>
  • Hyde TB, Dayan GH, Langidrik JR, et al. Measles outbreak in the Republic of the Marshall Islands, 2003. Int J Epidemiol 2006;35:299–306. <https://doi.org/10.1093/ije/dyi222>
  • Vogt TM, Goldstein ST, Kuartei S. Endemic hepatitis B virus infection and chronic liver disease mortality in the Republic of Palau, 1990–2002. Trans R Soc Trop Med Hyg 2006;100:1130–4. <https://doi.org/10.1016/j.trstmh.2006.01.011>
  • Gopalani SV, Helgenberger L, Apaisam C, et al. Measles outbreak response vaccination in the Federated States of Micronesia. Int J Epidemiol 2016;45:1394–400. <https://doi.org/10.1093/ije/dyw111>
  • Hill HA, Elam-Evans LD, Yankey D, Singleton JA, Kang Y. Vaccination coverage among children aged 19–35 months—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1171–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6643a3>
  • Casey RM, Dumolard L, Danovaro-Holliday MC, et al. Global routine vaccination coverage, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1270–3. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6545a5>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ