一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)アメリカ軍人におけるHIV曝露前予防 ― 2014・・・

MMWR抄訳

rss

2018/05/25Vol. 67 / No. 20

MMWR67(20):569-574
HIV Preexposure Prophylaxis in the U.S. Military Services — 2014–2016

アメリカ軍人におけるHIV曝露前予防 ― 2014年~2016年

アメリカでは毎年約350名の軍の兵士が新たにHIV感染症と診断されており、そのほとんどがアメリカ内での感染である。HIV感染は曝露前予防(PrEP)により約90%が抑制されることが示されており、2011年の「Don’t Ask, Don’t Tell(聞かざる言わざる)」の撤廃後、軍の医療制度にHIV予防サービスとともに利用されている。今回、2014年2月1日~2016年6月10日の間にPrEP (エムトリシタビン/テノホビルジソプロキシフマル酸塩)が処方されたHIV非感染者769名(男性759名、女性10名)について報告する。年齢は18~28歳449名(58%)、29~40歳263名(34%)、41~48歳44名(6%)、49歳以上13名(2%)であり、人種は白人361名(47%)、黒人149名(19%)、その他259名(34%)、軍種別では陸軍207名(27%)、海軍364名(47%)、空軍158名(21%)、海兵隊40名(5%)、学歴別では高卒以下451名(59%)、大学以上285名(37%)であった。PrEP適応となった理由は男性との性交渉(87%)、避妊具なしの性交(73%)が多く、30%はパートナーがHIV感染者であった。MSMリスク指標スコアは156名(20%)にて記録があり、うち72%はスコアが10以上であった。また、315名(41%)の兵士がワシントンDC、バージニア州ポーツマス、カリフォリニア州サンディエゴの3地区の医療機関にてPrEPを受け、464名(60%)は感染症クリニックにて受けていた。陸軍、海軍および空軍の医療職者を対象としたインターネットでのアンケートには4,217名中1,599名(38%、うち1,190名はプライマリケア医)が回答した。全体のうち789名(49%)がPrEPに関する知識は乏しいと回答し、また、470名(29%)がPrEPを処方したことがあると回答した。PrEPに関する懸念として、副作用(915名、57%)、コンプライアンス(817名、51%)、安全性および有効性に関する明確なエビデンスの必要性(812名、51%)などが挙げられたが、1,082名(68%)はPrEPを支持すると回答した。

References

  • Okulicz JF, Beckett CG, Blaylock JM, et al. Review of the U.S. military’s human immunodeficiency virus program: a legacy of progress and a future of promise. MSMR 2017;24:2–7.
  • Grant RM, Lama JR, Anderson PL, et al.; iPrEx Study Team. Preexposure chemoprophylaxis for HIV prevention in men who have sex with men. N Engl J Med 2010;363:2587–99. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1011205>
  • Under Secretary of Defense. Memorandum for secretaries of the military departments. Subject: repeal of Don’t Ask, Don’t Tell and future impact on policy. Washington, DC: US Department of Defense; 2011. <http://archive.defense.gov/home/features/2010/0610_dadt/USD-PR-DADT_28Jan11.pdf>
  • US Public Health Service, CDC. Preexposure prophylaxis for the prevention of HIV infection in the United States—2017 update: clinical providers’ supplement. Atlanta, GA: US Public Health Service, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/risk/prep/cdc-hiv-prep-guidelines-2017.pdf>
  • Smith DK, Pals SL, Herbst JH, Shinde S, Carey JW. Development of a clinical screening index predictive of incident HIV infection among men who have sex with men in the United States. J Acquir Immune Defic Syndr 2012;60:421–7. <https://doi.org/10.1097/QAI.0b013e318256b2f6>
  • Rubertone MV, Brundage JF. The Defense Medical Surveillance System and the Department of Defense serum repository: glimpses of the future of public health surveillance. Am J Public Health 2002;92:1900–4. <https://doi.org/10.2105/AJPH.92.12.1900>
  • Hakre S, Jagodzinski LL, Liu Y, et al. Characteristics of HIV-infected U.S. Army soldiers linked in molecular transmission clusters, 2001–2012. PLoS One 2017;12:e0182376. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0182376>
  • Hoover KW, Tao KL, Peters PJ. Nationally representative prevalence estimates of gay, bisexual, and other men who have sex with men who have served in the U.S. military. PLoS One 2017;12:e0182222. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0182222>
  • Smith DK, Van Handel M, Wolitski RJ, et al. Vital signs: estimated percentages and numbers of adults with indications for preexposure prophylaxis to prevent HIV acquisition—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1291–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6446a4>
  • Farnham PG, Gopalappa C, Sansom SL, et al. Updates of lifetime costs of care and quality-of-life estimates for HIV-infected persons in the United States: late versus early diagnosis and entry into care. J Acquir Immune Defic Syndr 2013;64:183–9. <https://doi.org/10.1097/QAI.0b013e3182973966>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ