一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)処理されたレクリエーション用水に関連したアウトブレ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/05/18Vol. 67 / No. 19

MMWR67(19):547-551
Outbreaks Associated with Treated Recreational Water — United States, 2000–2014

処理されたレクリエーション用水に関連したアウトブレイク ― アメリカ、2000年~2014年

処理されたレクリエーション用水への曝露に関連するアウトブレイクは、プール、温水浴槽/スパ、双方向に水が通う遊び場(水遊び場など)における病原体や化学物質が原因になることがある。 2000年~2014年の間に、46州とプエルトリコの公衆衛生当局は、処理されたレクリエーション用水に関連した493件のアウトブレイクを報告し、少なくとも27,219例の症例と8例の死亡が発生した。病因は385件(78%)のアウトブレイクで確認され、そのうち363件(94%)は病原体(CryptosporidiumGiardiaの両方に起因する4件を含む)、22件(6%)は化学物質により引き起こされ、それぞれ少なくとも24,453例、1,028例が罹患した。感染の病因が確認された363件のうち、Cryptosporidium が212件(58%)、Legionellaが57件(16%)、Pseudomonasが47件(13%)の原因であった。 症例24,453例のうち、Cryptosporidiumによる感染は21,766例(89%)、Pseudomonasによる感染は920例(4%)、Legionellaによる感染は624例(3%)であった。Cryptosporidiumが原因の212件アウトブレイクのうち、24件(11%)ではそれぞれで影響を受けた人は100人を超え、4件では2,000人以上に及んだ。 2004年以降に発生した8例の死亡のうち少なくとも6例は、Legionellaによるアウトブレイクの影響を受けた。493件のアウトブレイクのうちホテル(モーテル、ロッジ、民宿を含む)は157件(32%)が主に関連した場所で、感染性の病因が確認された94件(60%)のうち、Pseudomonas は40件(43%)、Legionella は29件(31%)、Cryptosporidiumは17件(18%)の原因で、65件(41%)は温水浴槽/スパに関連した。493件すべてのアウトブレイクにおいて発生時期は2峰性分布を示し、6~8月に始まった275件(56%)は主にCryptosporidiumが原因で、一方、3月に始まった46件(9%)は未確認またはCryptosporidium以外の病原体が原因であった。2000年~2007年では、Cryptosporidiumが原因の年間アウトブレイク数は平均25%増加した。2000年~2014年では、Legionellaが原因の年間アウトブレイク数は平均13%増加したが、Pseudomonas folliculitisが原因の年間アウトブレイク数は平均22%減少した。水関連の部門、公衆衛生当局、入浴者および入浴する幼児の保護者は、アウトブレイクのリスクを最小限に抑えるための措置を講じる必要がある。2007年以降のCryptosporidiumによるアウトブレイクの増加の停止は、Healthy and Safe Swimming Weekキャンペーンに起因する可能性がある。

References

  • CDC. Surveillance reports for recreational water–associated disease & outbreaks. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/healthywater/surveillance/rec-water-surveillance-reports.html>
  • Shields JM, Hill VR, Arrowood MJ, Beach MJ. Inactivation of Cryptosporidium parvum under chlorinated recreational water conditions. J Water Health 2008; 6:513–20. <https://doi.org/10.2166/wh.2008.068>
  • Murphy JL, Arrowood MJ, Lu X, Hlavsa MC, Beach MJ, Hill VR. Effect of cyanuric acid on the inactivation of Cryptosporidium parvum under hyperchlorination conditions. Environ Sci Technol 2015;49:7348–55. <https://doi.org/10.1021/acs.est.5b00962>
  • Painter JE, Hlavsa MC, Collier SA, Xiao L, Yoder JS; CDC. Cryptosporidiosis surveillance—United States, 2011–2012. MMWR Suppl 2015;64(No. Suppl 3).
  • Donlan RM. Biofilms: microbial life on surfaces. Emerg Infect Dis 2002;8:881–90. <https://doi.org/10.3201/eid0809.020063>
  • Hlavsa MC, Gerth TR, Collier SA, et al. Immediate closures and violations identified during routine inspections of public aquatic facilities—Network for Aquatic Facility Inspection Surveillance, five states, 2013. MMWR Surveill Summ 2016;65(No. SS-5). <https://doi.org/10.15585/mmwr.ss6505a1>
  • American Society of Heating, Refrigerating and Air-Conditioning Engineers. Minimizing the risk of legionellosis associated with building water systems: ASHRAE guideline 12-2000. Atlanta, GA: American Society of Heating, Refrigerating and Air-Conditioning Engineers; 2000.
  • Garrison LE, Kunz JM, Cooley LA, et al. Vital signs: deficiencies in environmental control identified in outbreaks of Legionnaires’ disease— North America, 2000–2014. Mortal Wkly Rep 2016;65:576–84. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6522e1>
  • American Society of Heating, Refrigerating and Air-Conditioning Engineers. Legionellosis: risk management for building water systems: ANSI/ASHRAE standard 188–2015. Atlanta, GA: American Society of Heating, Refrigerating and Air-Conditioning Engineers; 2015.
  • CDC. Promotion of healthy swimming after a statewide outbreak of cryptosporidiosis associated with recreational water venues—Utah, 2008–2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:348–52.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ