一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)シリンジサービスプログラムの利用 ― ケンタッキー・・・

MMWR抄訳

rss

2018/05/11Vol. 67 / No. 18

MMWR67(18):529-532
Access to Syringe Services Programs — Kentucky, North Carolina, and West Virginia, 2013–2017

シリンジサービスプログラムの利用 ― ケンタッキー州、ノースカロライナ州およびウェストバージニア州、2013年~2017年

アメリカのアパラチア地区では注射薬物使用(IDU)によるC型肝炎ウイルス(HCV)感染が増加している。シリンジサービスプログラム(SSPs)は安全な注射器を提供するものであり、HCV感染を56%低下、SSPsと投薬療法の併用では74%低下させるが、アメリカではSSPsの利用がとくに農村部、南部および中西部の州において制限されている。ここでは2013年~2017年8月1日におけるケンタッキー州、ノースカロライナ州およびウェストバージニア州のSSPs拡大について報告する。ケンタッキー州では2015年3月に新しい法律が制定されるまでSSPsは違法であった。公衆衛生局は新法の制定により関連する郡保健局、郡裁判所および市議会の承認後、SSPsの運用を開始、2015年末までに2大都市ルイビルとレキシントンを含む3郡、2017年8月までに31郡にて推定8,078名の利用者に対しSSPsが行われている。ノースカロライナ州では2016年7月11日に新しい法律によりSSPsの開始が認められ、2017年8月1日の時点で20回の運用により州内100郡のうち52郡にて推定3,983名に対しSSPsが行われた。ウェストバージニア州では州法による規制はなく、2017年8月1日の時点で9回のSSPsが推定4,376名に対して行われている。SSPsはこれら3州にて急速に増加しており、包括的SSPsの実施によりIDUによる健康への影響が緩和するものと思われる。

References

  • Suryaprasad AG, White JZ, Xu F, et al. Emerging epidemic of hepatitis C virus infections among young nonurban persons who inject drugs in the United States, 2006–2012. Clin Infect Dis 2014;59:1411–9. <https://doi.org/10.1093/cid/ciu643>
  • Platt L, Minozzi S, Reed J, et al. Needle syringe programmes and opioid substitution therapy for preventing hepatitis C transmission in people who inject drugs. Cochrane Database Syst Rev 2017;9:CD012021.
  • Canary L, Hariri S, Campbell C, et al. Geographic disparities in access to syringe services programs among young persons with hepatitis C virus infection in the United States. Clin Infect Dis 2017;65:514–7. <https://doi.org/10.1093/cid/cix333>
  • Van Handel MM, Rose CE, Hallisey EJ, et al. County-level vulnerability assessment for rapid dissemination of HIV or HCV infections among persons who inject drugs, United States. J Acquir Immune Defic Syndr 2016;73:323–31. <https://doi.org/10.1097/QAI.0000000000001098>
  • CDC. Integrated prevention services for HIV infection, viral hepatitis, sexually transmitted diseases, and tuberculosis for persons who use drugs illicitly: summary guidance from CDC and the U.S. Department of Health and Human Services. MMWR Recomm Rep 2012;61(No. RR-5).
  • US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General. Facing addiction in America: the Surgeon General’s report on alcohol, drugs and health. Washington DC: US Department of Health and Human Services; 2016. <https://addiction.surgeongeneral.gov/>
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. SAMHSA opioid overdose prevention toolkit. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2016.
  • Ko JY, Wolicki S, Barfield WD, et al. CDC grand rounds: public health strategies to prevent neonatal abstinence syndrome. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:242–5 <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6609a2>
  • National Alliance of State and Territorial AIDS Directors, Urban Coalition for HIV/AIDS Prevention Services. Syringe services program (SSP) development and implementation guidelines for state and local health departments. Washington, DC: National Alliance of State and Territorial AIDS Directors, Urban Coalition for HIV/AIDS Prevention Services; 2012. <https://www.nastad.org/sites/default/files/resources/docs/055419_NASTAD-SSP-Guidelines-August-2012.pdf>
  • CDC. Framework for program evaluation in public health. MMWR Recomm Rep 1999;48(No. RR-11).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ