一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)メンタルヘルスおよび薬物乱用治療施設における禁煙介・・・

MMWR抄訳

rss

2018/05/11Vol. 67 / No. 18

MMWR67(18):519-523
Tobacco Cessation Interventions and Smoke-Free Policies in Mental Health and Substance Abuse Treatment Facilities — United States, 2016

メンタルヘルスおよび薬物乱用治療施設における禁煙介入および禁煙対策 ― アメリカ、2016年

精神的障害および薬物乱用障害のある人の喫煙率は障害のない人に比べ2倍以上高く、喫煙に関連する疾患により早期に死亡する。今回、CDCおよびSubstance Abuse and Mental Health Services Administrationはアメリカ(プエルトリコを含む)のメンタルヘルスおよび薬物乱用治療施設におけるタバコに関する対策とその実際の状況を評価するため、2016年のNational Mental Health Services Surveyおよび2016年のNational Survey of Substance Abuse Treatment Servicesのデータを分析した。分析対象となった施設はメンタルヘルス治療施設が12,136施設、薬物乱用治療施設が14,263施設であった。喫煙に関するスクリーニングはそれぞれ48.9%、64.0%の施設にて行われており、また、禁煙カウンセリングは37.6%、47.4%にて行われていた。 ニコチン置換療法は約1/4の施設(それぞれ25.2%、26.2%)、ニコチン以外の薬物による治療は約1/5の施設(21.5%、20.3%)にて行われ、約半数のメンタルヘルス治療施設(48.6%)と約1/3の薬物乱用治療施設(34.5%)は敷地内禁煙としていた。敷地内禁煙の施設のうち、メンタルヘルス治療施設の57.3%、薬物乱用治療施設の39.4%はカウンセリングを行っておらず、また、それぞれ67.6%、65.7%がニコチン置換療法を行わず、74.6%、75.8%は非ニコチン製剤による治療を行っていなかった。州別の禁煙カウンセリングの実施率はそれぞれ20.5%(アイダホ州)~68.2%(オクラホマ州)、26.9%(ケンタッキー州)~85.0%(ニューヨーク州)、敷地内禁煙はそれぞれ19.9%(アイダホ州)~77.7%(オクラホマ州)、10.0%(アイダホ州)~83.0%(ニューヨーク州)であった。31州ではメンタルヘルス治療施設内の敷地内禁煙が半数以下、43州、ワシントンDCおよびプエルトリコでは薬物乱用治療施設の敷地内禁煙が半数以下であった。禁煙と喫煙関連疾患の予防には包括的な禁煙介入と敷地内禁煙を組み合わせて実施すべきであり、さらに積極的な取り組みの必要性が示唆される。

References

  • Prochaska JJ, Das S, Young-Wolff KC. Smoking, mental illness, and public health. Annu Rev Public Health 2017;38:165–85. <https://doi.org/10.1146/annurev-publhealth-031816-044618>
  • CDC. Vital signs: current cigarette smoking among adults aged ≥18 years with mental illness—United States, 2009–2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:81–7.
  • Compton W. The need to incorporate smoking cessation into behavioral health treatment. Am J Addict 2018;27:42–3. <https://doi.org/10.1111/ajad.12670>
  • Cavazos-Rehg PA, Breslau N, Hatsukami D, et al. Smoking cessation is associated with lower rates of mood/anxiety and alcohol use disorders. Psychol Med 2014;44:2523–35. <https://doi.org/10.1017/S0033291713003206>
  • Schroeder SA, Morris CD. Confronting a neglected epidemic: tobacco cessation for persons with mental illnesses and substance abuse problems. Annu Rev Public Health 2010;31:297–314. <https://doi.org/10.1146/annurev.publhealth.012809.103701>
  • US Department of Health and Human Services. Health effects of ecigarette use among U.S. youth and young adults [chapter 3]. In: E-cigarette use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016:97–126. <https://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/e-cigarettes/pdfs/2016_sgr_entire_report_508.pdf>
  • Klein LC. Effects of adolescent nicotine exposure on opioid consumption and neuroendocrine responses in adult male and female rats. Exp Clin Psychopharmacol 2001;9:251–61. <https://doi.org/10.1037/1064-1297.9.3.251>
  • Yoon JH, Lane SD, Weaver MF. Opioid analgesics and nicotine: more than blowing smoke. J Pain Palliat Care Pharmacother 2015;29:281–9. <https://doi.org/10.3109/15360288.2015.1063559>
  • Mannelli P, Wu LT, Peindl KS, Gorelick DA. Smoking and opioid detoxification: behavioral changes and response to treatment. Nicotine Tob Res 2013;15:1705–13. <https://doi.org/10.1093/ntr/ntt046>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ