一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)65歳以上の人の転倒による死亡 ― アメリカ、20・・・

MMWR抄訳

rss

2018/05/11Vol. 67 / No. 18

MMWR67(18):509-514
Deaths from Falls Among Persons Aged ≥65 Years — United States, 2007–2016

65歳以上の人の転倒による死亡 ― アメリカ、2007年~2016年

毎年、65歳以上のアメリカ住民の4人に1人が転倒しており、それによる救急外来受診は約300万人と推計される。CDCは2007年~2016年における65歳以上の高齢者の転倒による年齢補正死亡率および死亡の傾向について、性別、年齢層、人種/民族、居住都市/地方および州別に分析した。その結果、年齢補正死亡率は2007年が18,344人(10万人あたり47.0)、2016年が29,688人(同61.6) であり、31%(3.0%/年)の増加であった。2016年の州別死亡率は24.4(アラバマ州)~142.7(ウイスコンシン州)であり、年平均変化率はメイン州にてもっとも大きく(11.0%/年)、オクラホマ州(10.9%)、ウェストバージニア州(7.8%)と続いた。また、死亡率は30州およびワシントンDCにて有意に増加、11州では有意な変化は認めなかった。コロラド州、オレゴン州およびテネシー州では増加した後、ほぼ横ばいとなり、アリゾナ州、ネバダ州およびウイスコンシン州では横ばい後に有意に増加した。ミズーリ州では2007年~2012年は減少、2012年~2016年は増加、ユタ州では2007~2012年は増加し、2012~2016年は減少した。2016年における転倒による死亡率は85歳以上(257.9)、男性(72.3)、白人(68.7)にて高く、2007~2016年にてアメリカインディアン/アラスカ先住民を除くすべての人種/民族サブグループにて増加していた。死亡率の増加は85歳以上にてもっとも大きく(3.9%/年)、65~74歳では1.8%、75~84歳では2.3%であった。以上、アメリカでは高齢者の転倒による死亡が増加しており、医療関係者は高齢者にこのリスクを認識させ、適切な予防策(筋力の強化やバランス運動、理学療法など)が必要であると思われる。

References

  • National Center for Health Statistics. Health, United States, 2016: with chartbook on long-term trends in health. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2017.
  • Bergen G, Stevens MR, Burns ER. Falls and fall injuries among adults aged ≥65 years—United States, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:993–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6537a2>
  • Hu G, Baker SP. Recent increases in fatal and non-fatal injury among people aged 65 years and over in the USA. Inj Prev 2010;16:26–30. <https://doi.org/10.1136/ip.2009.023481>
  • Cheng X, Wu Y, Yao J, Schwebel DC, Hu G. Mortality from unspecified unintentional injury among individuals aged 65 years and older by U.S. state, 1999–2013. Int J Environ Res Public Health 2016;13:763. <https://doi.org/10.3390/ijerph13080763>
  • Maresh J, Guse C, Layde P. National trends and coding patterns in fall-related mortality among the elderly in the United States. J Public Health Policy 2012;33:202–14. <https://doi.org/10.1057/jphp.2012.6>
  • Paulozzi LJ, Ballesteros MF, Stevens JA. Recent trends in mortality from unintentional injury in the United States. J Safety Res 2006;37:277–83. <https://doi.org/10.1016/j.jsr.2006.02.004>
  • Korhonen N, Kannus P, Niemi S, Palvanen M, Parkkari J. Fall-induced deaths among older adults: nationwide statistics in Finland between 1971 and 2009 and prediction for the future. Injury 2013;44:867–71. <https://doi.org/10.1016/j.injury.2013.03.004>
  • Ambrose AF, Paul G, Hausdorff JM. Risk factors for falls among older adults: a review of the literature. Maturitas 2013;75:51–61. <https://doi.org/10.1016/j.maturitas.2013.02.009>
  • Ortman J, Velkoff V, Hogan H. An aging nation: the older population in the United States. Washington, DC: US Department of Commerce, US Census Bureau; 2014. <https://www.census.gov/content/dam/Census/library/publications/2014/demo/p25-1140.pdf>
  • Gillespie LD, Robertson MC, Gillespie WJ, et al. Interventions for preventing falls in older people living in the community. Cochrane Database Syst Rev 2012;(9):CD007146.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ