一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)バイタルサイン:報告されたベクター媒介疾患症例の動・・・

MMWR抄訳

rss

2018/05/04Vol. 67 / No. 17

MMWR67(17):496-501
Vital Signs: Trends in Reported Vectorborne Disease Cases — United States and Territories, 2004–2016

バイタルサイン:報告されたベクター媒介疾患症例の動向 ― アメリカおよび準州、2004年~2016年

ベクター媒介性疾患は、世界的に死亡および疾患の主要な原因である。アメリカで最もよくみられるベクター媒介病原体はダニまたは蚊によって伝播され、ライム病、ロッキー山脈熱、ウェストナイル熱(WNV)、デング熱、ジカウイルス疾患を引き起こすものを含む。今回、2004年から2016年までの全国的に報告義務のあるベクター媒介疾患の発生動向を検証した。2004年から2016年の間に、16の報告義務のあるベクター媒介疾患のためにNational Notifiable Diseases Surveillance Systemに報告されたデータを分析し、疾患、ベクター型、地域、年別に集計した。2004年~2016年では、642,602例のベクター媒介疾患が報告された。ダニ媒介性疾患は報告の75%超を占め、特に太平洋沿岸の地域や東部で多かった。13年間の分析期間中にダニ媒介性疾患の症例が倍増し、ライム病は発症するダニ媒介疾患の累積的に82%を占めていた。ダニ媒介性細菌性疾患であるアナプラズマ症およびエーリキア症の合計発生率は、紅斑熱、バベシア症、2011年から届け出義務のあるダニ媒介性寄生虫感染症と同様に、ほぼ毎年上昇した。アメリカ南西部の地方で主に伝播するノミ媒介性の風土病の発生は、17例/年を超えなかった。ツラレミアとエーリキア症の発生は広範囲に及ぶが、アメリカ中心部が優勢であった。WNVは、アメリカ本土で最も流行している蚊媒介性の疾患で、2012年に特にテキサス州で発生した。デング熱、チクングンヤ熱、ジカウイルスの蔓延は、大半がアメリカ準州に限定され、プエルトリコ、アメリカ領バージン諸島、アメリカ領サモアで最も多く報告された。ベクター媒介性疾患は、アメリカにおいて増大している公衆衛生上の問題である。 ダニ媒介性疾患および蚊媒介性疾患の分布および伝達動態の差異は、ベクターの生物学的相違にしばしば根ざしている。 感染を効果的に低減し、アウトブレイクに対応するためには、サーベイランス、診断、報告、ベクター制御とともに、ワクチンなどの新しいツールの大幅な改善が必要である。

References

  • Bhatt S, Gething PW, Brady OJ, et al. The global distribution and burden of dengue. Nature 2013;496:504–7. <https://doi.org/10.1038/nature12060>
  • World Health Organization. World malaria report 2016. Geneva: World Health Organization; 2016. <http://www.who.int/malaria/publications/world-malaria-report-2016/report/en/>
  • Mead PS. Plague in Madagascar—a tragic opportunity for improving public health. N Engl J Med 2018;378:106–8. <https://doi.org/10.1056/NEJMp1713881>
  • Álvarez-Hernández G, Roldán JFG, Milan NSH, Lash RR, Behravesh CB, Paddock CD. Rocky Mountain spotted fever in Mexico: past, present, and future. Lancet Infect Dis 2017;17:e189–96. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(17)30173-1>
  • McMullan LK, Folk SM, Kelly AJ, et al. A new phlebovirus associated with severe febrile illness in Missouri. N Engl J Med 2012;367:834–41. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1203378>
  • Kosoy OI, Lambert AJ, Hawkinson DJ, et al. Novel thogotovirus associated with febrile illness and death, United States, 2014. Emerg Infect Dis 2015;21:760–4. <https://doi.org/10.3201/eid2105.150150>
  • Krause PJ, Barbour AG. Borrelia miyamotoi: the newest infection brought to us by deer ticks. Ann Intern Med 2015;163:141–2. <https://doi.org/10.7326/M15-1219>
  • Pritt BS, Mead PS, Johnson DKH, et al. Identification of a novel pathogenic Borrelia species causing Lyme borreliosis with unusually high spirochaetaemia: a descriptive study. Lancet Infect Dis 2016;16:556–64. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(15)00464-8>
  • Paddock CD, Sumner JW, Comer JA, et al. Rickettsia parkeri: a newly recognized cause of spotted fever rickettsiosis in the United States. Clin Infect Dis 2004;38:805–11. <https://doi.org/10.1086/381894>
  • Padgett KA, Bonilla D, Eremeeva ME, et al. The eco-epidemiology of Pacific Coast tick fever in California. PLoS Negl Trop Dis 2016;10:e0005020. <https://doi.org/10.1371/journal.pntd.0005020>
  • Pritt BS, Sloan LM, Johnson DK, et al. Emergence of a new pathogenic Ehrlichia species, Wisconsin and Minnesota, 2009. N Engl J Med 2011;365:422–9. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1010493>
  • Rosenberg R, Johansson MA, Powers AM, Miller BR. Search strategy has influenced the discovery rate of human viruses. Proc Natl Acad Sci U S A 2013;110:13961–4. <https://doi.org/10.1073/pnas.1307243110>
  • Hall V, Walker WL, Lindsey NP, et al. Update: noncongenital Zika virus disease cases—50 U.S. states and the District of Columbia, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:265–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6709a1>
  • Kugeler KJ, Farley GM, Forrester JD, Mead PS. Geographic distribution and expansion of human Lyme disease, United States. Emerg Infect Dis 2015;21:1455–7. <https://doi.org/10.3201/eid2108.141878>
  • Hinckley AF, Connally NP, Meek JI, et al. Lyme disease testing by large commercial laboratories in the United States. Clin Infect Dis 2014;59:676–81. <https://doi.org/10.1093/cid/ciu397>
  • Nelson CA, Saha S, Kugeler KJ, et al. Incidence of clinician-diagnosed Lyme disease, United States, 2005–2010. Emerg Infect Dis 2015;21:1625–31. <https://doi.org/10.3201/eid2109.150417>
  • Burakoff A, Lehman J, Fischer M, Staples JE, Lindsey NP. West Nile virus and other nationally notifiable arboviral diseases—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:13–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6701a3>
  • Johnson TL, Haque U, Monaghan AJ, et al. Modeling the environmental suitability for Aedes (Stegomyia) aegypti and Aedes (Stegomyia) albopictus (Diptera: Culicidae) in the contiguous United States. J Med Entomol 2017;54:1605–14. <https://doi.org/10.1093/jme/tjx163>
  • Hinckley AF, Meek JI, Ray JA, et al. Effectiveness of residential acaricides to prevent Lyme and other tick-borne diseases in humans. J Infect Dis 2016;214:182–8. <https://doi.org/10.1093/infdis/jiv775>
  • National Association of County and City Health Officials. NACCHO report: vector control assessment in Zika virus priority jurisdictions. Washington, DC: National Association of County and City Health Officials; 2017. <http://nacchopreparedness.org/naccho-report-vector-control-assessment-in-zika-virus-priority-jurisdictions/>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ