一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)糖尿病ケトアシドーシスによる入院の傾向および院内死・・・

MMWR抄訳

rss

2018/03/30Vol. 67 / No. 12

MMWR67(12):362-365
Trends in Diabetic Ketoacidosis Hospitalizations and In-Hospital Mortality — United States, 2000–2014

糖尿病ケトアシドーシスによる入院の傾向および院内死亡率 ― アメリカ、2000年~2014年

アメリカにおける糖尿病患者は2015年にて約3,000万人(診断例:2,300万人、診断未確定例:700万人)と推定されており、CDCのUnited States Diabetes Surveillance Systemは2009~2014年にて合併症の1つである糖尿病ケトアシドーシス(DKA)による入院率がとくに45歳未満の患者にて増加していることを指摘している。DKAは高血糖症(250mg/dL超)、代謝性アシドーシス、ケトン濃度上昇を特徴とし、主に1型糖尿病に認められる。これを受けてAgency for Healthcare Research and Quality’s National Inpatient Sampleの2000年~2014年データより、DKAによる入院率および院内死亡率の傾向について分析が行われた。その結果、2000年~2009年、糖尿病患者における年齢補正DKA入院率は年平均1.1%低下し、1,000例あたり2000年は21.9、2009年が19.5であったが、2009年~2014年は年平均6.3%増加し、1,000例あたり2009年は19.5、2014年が30.2(54.9%増加)であった。2014年における年齢別入院率は45歳未満にてもっとも高く(1,000例あたり44.3)、45~64歳は5.2、65~74歳は1.6、75歳以上は1.4と年齢に伴い低下した。DKAによる院内死亡率は2000年が1.1%から2014年0.4%と63.6%(年平均6.8%)低下し、2014年における年齢別死亡率は75歳以上にて2.6%ともっとも高値であった。DKAは糖尿病の自己管理教育などにより予防可能であるため、治療施設による患者教育によりとくに45歳未満の患者における入院率の増加傾向を逆転しうると思われる。

References

  • CDC. National Diabetes Statistics Report, 2017. Atlanta, GA: U.S. Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/diabetes/pdfs/data/statistics/national-diabetes-statistics-report.pdf>
  • Nyenwe EA, Kitabchi AE. The evolution of diabetic ketoacidosis: an update of its etiology, pathogenesis and management. Metabolism 2016;65:507–21. <https://doi.org/10.1016/j.metabol.2015.12.007>
  • Gregg EW, Li Y, Wang J, et al. Changes in diabetes-related complications in the United States, 1990–2010. N Engl J Med 2014;370:1514–23. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1310799>
  • Umpierrez G, Korytkowski M. Diabetic emergencies—ketoacidosis, hyperglycaemic hyperosmolar state and hypoglycaemia. Nat Rev Endocrinol 2016;12:222–32. <https://doi.org/10.1038/nrendo.2016.15>
  • Dabelea D, Rewers A, Stafford JM, et al.; SEARCH for Diabetes in Youth Study Group. Trends in the prevalence of ketoacidosis at diabetes diagnosis: the SEARCH for diabetes in youth study. Pediatrics 2014;133:e938–45. <https://doi.org/10.1542/peds.2013-2795>
  • Schober E, Rami B, Waldhoer T; Austrian Diabetes Incidence Study Group. Diabetic ketoacidosis at diagnosis in Austrian children in 1989–2008: a population-based analysis. Diabetologia 2010;53:1057–61. <https://doi.org/10.1007/s00125-010-1704-1>
  • Kitabchi AE, Umpierrez GE, Miles JM, Fisher JN. Hyperglycemic crises in adult patients with diabetes. Diabetes Care 2009;32:1335–43. <https://doi.org/10.2337/dc09-9032>
  • Dhatariya KK. Why the definitions used to diagnose diabetic ketoacidosis should be standardised. Diabetes Res Clin Pract 2018;135:227–8. <https://doi.org/10.1016/j.diabres.2017.08.021>
  • Umpierrez GE. Ketosis-prone type 2 diabetes: time to revise the classification of diabetes. Diabetes Care 2006;29:2755–7. <https://doi.org/10.2337/dc06-1870>
  • Laugesen E, Østergaard JA, Leslie RD; Danish Diabetes Academy Workshop and Workshop Speakers. Latent autoimmune diabetes of the adult: current knowledge and uncertainty. Diabet Med 2015;32:843–52. <https://doi.org/10.1111/dme.12700>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ