一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)糖尿病型による成人の糖尿病診断率 ― アメリカ、2・・・

MMWR抄訳

rss

2018/03/30Vol. 67 / No. 12

MMWR67(12):359-361
Prevalence of Diagnosed Diabetes in Adults by Diabetes Type — United States, 2016

糖尿病型による成人の糖尿病診断率 ― アメリカ、2016年

2016年のNational Health Interview Survey(NHIS)にて糖尿病に関する質問を追加し、病型別(1型糖尿病、2型糖尿病、その他)の診断率について分析が行われた。2016年のNHIS Sample Adult Coreでは18歳以上の成人33,028名(最終回答率:54.3%)に、対面調査にて糖尿病の診断の有無(妊娠中を除く)を質問し、ある場合は診断時の年齢、インスリンおよび経口糖尿病治療薬の使用について質問し、2016年はさらに病型を尋ねた。その結果、糖尿病患者は計3,519名、病型は1型が211名、2型が3,210名、その他が98名であり、粗有病率は9.44%、病型別では1型が0.55%、2型が8.58%、その他が0.31%であった。NHIS加重人口に基づく患者数は1型が130万人、2型が2,100万人、その他が80万人と推定された。1型糖尿病の有病率は年齢および学歴による有意差は認めず、男女別では男性(0.64%)が女性(0.46%)に比べ有意に高く、人種別では非ヒスパニック系白人(0.67%)がヒスパニック(0.22%)に比べ有意に高値であった。2型糖尿病の有病率は年齢別では65歳以上(19.62%)と18~29歳(0.66%)に有意差を認め(p<0.001)、人種別では非ヒスパニック系黒人(11.52%)にて非ヒスパニック系アジア人(6.89%)、白人(7.99%)、ヒスパニック(9.07%)に比べ有意に高値であり、学歴が高いほど低値であった(高卒未満:14.20%、高卒:9.99%、高卒以上:6.89%)。これらのデータは糖尿病に対する公衆衛生介入および管理政策の長期対費用効果の評価および病型別健康サービス計画の優先性評価に役立つものと考える。

References

  • CDC. National diabetes statistics report, 2017. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/diabetes/pdfs/data/statistics/national-diabetes-statistics-report.pdf>
  • Imperatore G, Mayer-Davis EJ, Orchard TJ, Zhong VW. Prevalence and incidence of type 1 diabetes among children and adults in the United States and comparison with non-U.S. countries. In: Cowie CC, Casagrande SS, Menke A, et al., eds. Diabetes in America, 3rd ed. Bethesda, MD: National Institutes of Health; 2017:2-1–2-17.
  • American Diabetes Association. 2. Classification and diagnosis of diabetes. Diabetes Care 2017;40(Suppl 1):S11–24.
  • Menke A, Orchard TJ, Imperatore G, Bullard KM, Mayer-Davis E, Cowie CC. The prevalence of type 1 diabetes in the United States. Epidemiology 2013;24:773–4. <https://doi.org/10.1097/EDE.0b013e31829ef01a>
  • Lessem SE. Distinguishing diabetes type [Dissertation]. Madison, WI: University of Wisconsin-Madison; 2015. <https://search.proquest.com/docview/1750076010?pq-origsite=gscholar>
  • CDC; National Center for Health Statistics. 2016 National Health Interview Survey (NHIS) public use data release. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2017. <ftp://ftp.cdc.gov/pub/Health_Statistics/NCHS/Dataset_Documentation/NHIS/2016/srvydesc.pdf>
  • Ng E, Vanderloo SE, Geiss L, Johnson JA. Concordance between self-report and a survey-based algorithm for classification of type 1 and type 2 diabetes using the 2011 population-based survey on living with chronic diseases in Canada (SLCDC)-diabetes component. Can J Diabetes 2013;37:249–53. <https://doi.org/10.1016/j.jcjd.2013.05.007>
  • Geiss LS, Wang J, Cheng YJ, et al. Prevalence and incidence trends for diagnosed diabetes among adults aged 20 to 79 years, United States, 1980–2012. JAMA 2014;312:1218–26. <https://doi.org/10.1001/jama.2014.11494>
  • Dall TM, Yang W, Halder P, et al. Type 2 diabetes detection and management among insured adults. Popul Health Metr 2016;14:43. <https://doi.org/10.1186/s12963-016-0110-4>
  • Klompas M, Eggleston E, McVetta J, Lazarus R, Li L, Platt R. Automated detection and classification of type 1 versus type 2 diabetes using electronic health record data. Diabetes Care 2013;36:914–21. <https://doi.org/10.2337/dc12-0964>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ