一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)一般的に食品が媒介となる病原体による感染症の暫定的・・・

MMWR抄訳

rss

2018/03/23Vol. 67 / No. 11

MMWR67(11):324-328
Preliminary Incidence and Trends of Infections with Pathogens Transmitted Commonly Through Food — Foodborne Diseases Active Surveillance Network, 10 U.S. Sites, 2006–2017

一般的に食品が媒介となる病原体による感染症の暫定的発症率と傾向 ― Foodborne Diseases Active Surveillance Network、アメリカの10地域、2006年~2017年

アメリカでは食品安全対策が行われているにもかかわらず、食品媒介疾患は依然、大きな健康負担となっている。 Foodborne Diseases Active Surveillance Network(FoodNet)は10地域(コネチカット州、ジョージア州、メリーランド州、ミネソタ州、ニューメキシコ州、オレゴン州、テネシー州とカリフォルニア州、コロラド州、ニューヨーク州の一部の郡)にて、一般的に食品を介して感染する9つの病原体による検査確診断例を監視している。今回の報告は暫定的な2017年のデータを要約し、2006年からの発症率の変化をまとめた。2017年中に、FoodNetは24,484例の感染、5,677例の入院、122例の死亡を特定した。人口10万人あたりの感染の発症率は、Campylobacter(19.2)とSalmonella(16.0)で高く、次いで、Shigella(4.3)、 non-O157志賀毒素産生性大腸菌(STEC、4.2)、Cryptosporidium(3.7)、 Yersinia(1.0)、Vibrio(0.7)、Listeria(0.3)、Cyclospora(0.3)であった。培養陰性および培養検査が行われなかったものを含む、培養によらない診断検査(CIDT)のみ陽性の感染の割合は、Yersinia(51%)、Campylobacter(36%)、Shigella(31%)、Vibrio(29%)、STEC(27%)、Salmonella(9%)、 Listeria(1%)であった。2014年~2016年と比べ、2017年のCIDTにより診断された細菌感染は全体で96%増加した(病原体あたり34%~700%)。CIDT陽性検体の71%について追加培養(reflex culture)が実施された[63%(Campylobacter)~100%(Listeria)]。追加培養が実施された検体のうち、培養陽性の割合は38%(Vibrio)~90%(Salmonella)であった。血清型を同定したSalmonella分離株(6,373株、89%)のうち、最も多かった5つの型は、Enteritidis(人口10万人あたりの発症率2.6)、Typhimurium(同じ1.4)、Newport(同1.3)、Javiana(同1.1)、Typhimurium変異株(I 4,[5],12:i:-、同0.9)であった。2017年の血清型のHeidelberg発症率は、2006~2008年と比べ65%、2014~2016年と比べ38%低下し、Typhimuriumの発症率はそれぞれ42%、14%低下した。O157抗原を検査したSTEC分離株(1,473株)のうち、413株(28%)でO157が検出された。血清型を検査したnon-O157 STEC分離株(766株)のうち、大半はO26(29%)、O103(26%)、O111(18%)であった。2017年のnon-O157 STECの発症率は2014~2016年に比べて25%有意に増加したのに対し、STEC O157の発症率に変化はなかったが、2006~2008年に比べて35%有意に低下した。FoodNetでは、2016年に小児HUSが57例特定され(人口10万人あたり0.51)、35例(61%)は5歳未満で発症した。すべての小児または5歳児における2016年の発症率は、2013年~2015年と比較して有意差はなかった。CIDTの使用が増加するにつれて、より正確な発症率が観察される可能性がある。 一方、分離株がなければ、公衆衛生研究所は病原体のサブタイプ化、抗菌剤感受性の決定、アウトブレイクの検出を行うことはできない。 一般に食品を介して伝染する病原体による感染症の発症率を減少させるためには、さらに予防対策が必要である。

References

  • Langley G, Besser J, Iwamoto M, et al. Effect of culture-independent diagnostic tests on future Emerging Infections Program surveillance. Emerg Infect Dis 2015;21:1582–8. <https://doi.org/10.3201/eid2109.150570>
  • Geissler A, Huang J, Marder E, et al. The changing landscape of diagnostic testing for bacterial enteric pathogens and its impact on the surveillance and epidemiology of these pathogens—Foodborne Diseases Active Surveillance Network, USA, 2012–2015. Presented at the Council of State and Territorial Epidemiologists, Boise, Idaho; June 4–8, 2017.
  • Voetsch AC, Angulo FJ, Rabatsky-Ehr T, et al.; Emerging Infections Program FoodNet Working Group. Laboratory practices for stool specimen culture for bacterial pathogens, including Escherichia coli O157:H7, in the FoodNet sites, 1995–2000. Clin Infect Dis 2004;38:S190–7. <https://doi.org/10.1086/381586>
  • Dórea FC, Cole DJ, Hofacre C, et al. Effect of Salmonella vaccination of breeder chickens on contamination of broiler chicken carcasses in integrated poultry operations. Applied and Environmental Microbiology 2010;76:7820–5. <https://doi.org/10.1128/AEM.01320-10>
  • Clarkson LS, Tobin-D’Angelo M, Shuler C, et al. Sporadic Salmonella enterica serotype Javiana infections in Georgia and Tennessee: a hypothesis-generating study. Epidemiol Infect 2010;340–6. <https://doi.org/10.1017/S0950268809990586>
  • Mody RK, Luna-Gierke RE, Jones TF, et al. Infections in pediatric postdiarrheal hemolytic uremic syndrome: factors associated with identifying shiga toxin–producing Escherichia coli. Arch Pediatr Adolesc Med 2012;166:902–9. <https://doi.org/10.1001/archpediatrics.2012.471>
  • Khare R, Espy MJ, Cebelinski E, et al. Comparative evaluation of two commercial multiplex panels for detection of gastrointestinal pathogens by use of clinical stool specimens. J Clin Microbiol 2014;52:3667–73. <https://doi.org/10.1128/JCM.01637-14>
  • Murphy CN, Fowler RC, Iwen PC, Fey PD. Evaluation of the BioFire FilmArray® gastrointestinal panel in a Midwestern academic hospital. Eur J Clin Microbiol Infect Dis 2017;36:747–54. <https://doi.org/10.1007/s10096-016-2858-7>
  • Shea S, Kubota KA, Maguire H, et al. Clinical microbiology laboratories’ adoption of culture-independent diagnostic tests is a threat to foodborne-disease surveillance in the United States. J Clin Microbiol 2017;55:10–9. <https://doi.org/10.1128/JCM.01624-16>
  • O’Brien SJ. The “decline and fall” of nontyphoidal salmonella in the United kingdom. Clin Infect Dis 2013;56:705–10. <https://doi.org/10.1093/cid/cis967>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ