一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)サル痘の発生 ― 西および中央アフリカ、1970年・・・

MMWR抄訳

rss

2018/03/16Vol. 67 / No. 10

MMWR67(10):306-310
Emergence of Monkeypox — West and Central Africa, 1970–2017

サル痘の発生 ― 西および中央アフリカ、1970年~2017年

天然痘の根絶宣言の後、1970年にコンゴ民主共和国(DRC)にて初めてサル痘のヒト感染例が認められ、西および中央アフリカにて症例数の増加が認められている。2016年以降に確診例が報告された国は、中央アフリカ共和国(19例)、DRCが(1年あたり1,000例超)、リベリア(2例)、ナイジェリアが(80例超)、コンゴ共和国(88例)、シエラレオネ(1例)であり、カメルーンでは飼育チンパンジーにおけるアウトブレイクが報告されている。サル痘は人畜共通感染のオルソポックスウイルスで天然痘と同様の症状を示すが、リンパ節腫脹が特徴的である。発熱の前駆症状後に手のひらや足の裏などに斑状丘疹状皮疹が出現し、4週間持続する。続発症として二次性細菌感染、呼吸窮迫、気管支肺炎、消化器疾患、脱水、脳炎、眼感染症などがあるが、治療法は確立しておらず、支持療法および対症療法が行われる。天然痘の予防接種を受けていない人の場合、致死率は11%であり、ヒトからヒトへの感染は呼吸器飛沫や患部接触を介して起こる。現在までにウイルスが野生動物から検出されたのは2件のみであり[DRCにてトマスキリス(Funisciurus anerythrus)、コートジボワールにてスーティーマンガベイ(Cercocebus atys)]、これらの動物(あるいは死体)との接触から感染したと考えられている。サル痘ウイルスには西アフリカとコンゴ川流域の2種類のクレードが確認されており、今後、DNA配列などによりウイルスの分布や拡大経路を分析し、感染の拡大を阻止しうると考える。

References

  • McCollum AM, Damon IK. Human monkeypox. Clin Infect Dis 2014;58:260–7. <https://doi.org/10.1093/cid/cit703>
  • Doty JB, Malekani JM, Kalemba LN, et al. Assessing monkeypox virus prevalence in small mammals at the human-animal interface in the Democratic Republic of the Congo. Viruses 2017;9:E283. <https://doi.org/10.3390/v9100283>
  • Rimoin AW, Mulembakani PM, Johnston SC, et al. Major increase in human monkeypox incidence 30 years after smallpox vaccination campaigns cease in the Democratic Republic of Congo. Proc Natl Acad Sci U S A 2010;107:16262–7. <https://doi.org/10.1073/pnas.1005769107>
  • Likos AM, Sammons SA, Olson VA, et al. A tale of two clades: monkeypox viruses. J Gen Virol 2005;86:2661–72. <https://doi.org/10.1099/vir.0.81215-0>
  • Faye O, Pratt CB, Faye M, et al. Genomic characterisation of human monkeypox virus in Nigeria. Lancet Infect Dis 2018;18:246. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(18)30043-4>
  • Nakazawa Y, Emerson GL, Carroll DS, et al. Phylogenetic and ecologic perspectives of a monkeypox outbreak, southern Sudan, 2005. Emerg Infect Dis 2013;19:237–45. <https://doi.org/10.3201/eid1902.121220>
  • Bass J, Tack DM, McCollum AM, et al. Enhancing health care worker ability to detect and care for patients with monkeypox in the Democratic Republic of the Congo. Int Health 2013;5:237–43. <https://doi.org/10.1093/inthealth/iht029>
  • Reynolds MG, McCollum AM, Nguete B, Shongo Lushima R, Petersen BW. Improving the care and treatment of monkeypox patients in low-resource settings: applying evidence from contemporary biomedical and smallpox biodefense research. Viruses 2017;9:E380. <https://doi.org/10.3390/v9120380>
  • World Health Organization. R&D blueprint: list of blueprint priority diseases. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2018. <http://www.who.int/blueprint/priority-diseases/en/>
  • Shiferaw ML, Doty JB, Maghlakelidze G, et al. Frameworks for preventing, detecting, and controlling zoonotic diseases. Emerg Infect Dis 2017;23. <https://doi.org/10.3201/eid2313.170601>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ