一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)ワクチン由来ポリオウイルスのアウトブレイクおよびイ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/03/16Vol. 67 / No. 10

MMWR67(10):300-305
Vaccine-Derived Poliovirus Outbreaks and Events — Three Provinces, Democratic Republic of the Congo, 2017

ワクチン由来ポリオウイルスのアウトブレイクおよびイベント ― コンゴ民主共和国の3州、2017年

コンゴ民主共和国(DRC)で最後に確認された野生型ポリオウイルス(WPV)の症例は2011年12月に麻痺を発症した。DRCでは2004年以降、ワクチン由来ポリオウイルス(VDPV)症例が確認されているが、2011年~2012年の伝播型VDPV2型(cVDPV2)30例のアウトブレイクの後は、2013年~2016年の間は5例しか報告されていない。2017年(2018年3月8日時点)にはDRCの3州からVDPVが25例報告され、また、便検体からVDPVが検出された急性弛緩性麻痺(AFP)症例は2004年~2017年にて11州から118例報告されている。このうち63例(53%)は上ロマミ州からの報告例(州内の16保健地区のうち8地区)であり、とくにKinkondjaおよびMalemba-Nkuluの2地区では34例報告された。DRCの定期予防接種プログラムは世界水準を満たしておらず、1歳までの推定経口ポリオワクチン3回接種(OPV3)率は2004年までは50%未満であり、2011年に78%まで増加したが、近年の調査(2013年~2014年)では60%未満と推定されている。ポリオワクチンは2型WPVの根絶宣言を受け、DRCを含むOPVを使用するすべての国々で3価OPV(tOPV)から2価OPV(bOPV、1および3型)に変更されている。DRCではbOPVへの変更する前、2015年に静注ポリオウイルス(IPV)が導入されたが、2型ポリオウイルスに対する免疫獲得への影響は小さく、IPV接種率は2015年が48%、2016年が70%であり、DRCは依然としてVDPV出現の可能性がある。2017年のVDPV症例はタンガニーカ州にて感染源不明のVDPV(aVDPV)1型が1例(Ankoro保健地区にて4月1日に麻痺を発症)およびVDPV2が1例(Kabalo保健地区)、マニエマ州にてcVDPV2:2例(Kindu保健地区:3月26日、Kunda保健地区:4月18日、各1例が麻痺を発症)、上ロマミ州にてcVDPV2:20例、aVDPV2型が1例報告されている。VDPV出現を受けて追加予防接種活動(SIA)が行われたが、上ロマミ州ではSIA後も症例が報告され、複数回実施されている。現在も続くVDPVアウトブレイクに対し、長年に及んだワクチン接種不足を克服するための努力を継続していく必要性が示唆される。

References

  • Gumede N, Lentsoane O, Burns CC, et al. Emergence of vaccine-derived polioviruses, Democratic Republic of Congo, 2004–2011. Emerg Infect Dis 2013;19:1583–9. <https://doi.org/10.3201/eid1910.130028>
  • CDC. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, July 2009–March 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:846–50.
  • CDC. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, April 2011–June 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:741–6.
  • Diop OM, Burns CC, Sutter RW, Wassilak SG, Kew OM. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, January 2014–March 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:640–6.
  • Jorba J, Diop OM, Iber J, Sutter RW, Wassilak SG, Burns CC. Update on vaccine-derived polioviruses–worldwide, January 2015–May 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:763–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6530a3>
  • Jorba J, Diop OM, Iber J, et al. Update on vaccine-derived polioviruses–worldwide, January 2016–June 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1185–91. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6643a6>
  • Global Polio Eradication Initiative. GPEI guidelines: classification and reporting of vaccine-derived polioviruses (VDPV). Geneva, Switzerland: World Health Organization, Global Polio Eradication Initiative; 2016. <http://polioeradication.org/wp-content/uploads/2016/09/Reporting-and-Classification-of-VDPVs_Aug2016_EN.pdf>
  • Global Polio Eradication Initiative. Standard operating procedures: responding to a poliovirus event or outbreak, November 2017. Geneva, Switzerland: World Health Organization, Global Polio Eradication Initiative; 2017. <http://polioeradication.org/wp-content/uploads/2018/01/pol-sop-responding-polio-event-outbreak-part1-20180117.pdf>
  • World Health Organization. WHO/UNICEF estimates of national immunization coverage, WHO-UNICEF estimates of POL3 and IPV coverage. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2017. <http://apps.who.int/immunization_monitoring/globalsummary/timeseries/tswucoveragebcg.html>
  • The DHS Program. Demographic and health survey: Democratic Republic of the Congo, 2013–14. [French]. Rockville, MD: The DHS Program, ICF International; 2014. <http://dhsprogram.com/publications/publication-FR300-DHS-Final-Reports.cfm>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ