一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)急性腎障害による入院の傾向 ― アメリカ、2000・・・

MMWR抄訳

rss

2018/03/16Vol. 67 / No. 10

MMWR67(10):289-293
Trends in Hospitalizations for Acute Kidney Injury — United States, 2000–2014

急性腎障害による入院の傾向 ― アメリカ、2000年~2014年

急性腎障害は突然の腎機能低下で腎損傷を伴うことも伴わないこともあるが、数時間~数日で発症する。糖尿病、高血圧、高齢が主なリスクファクターであり、重症例では血液透析治療を要する。今回、糖尿病、非糖尿病による急性腎障害の傾向を判断するため、CDCは2000年~2014年のNational Inpatient SampleおよびNational Health Interview Surveyデータを分析した。急性腎障害の入院患者数は2000年の953,926例から2006年は1,823,054例、2014年には3,959,560例と増加し、このうち糖尿病を合併している患者は各38%、37%、40%であった。2000年から2014年にかけて、急性腎障害にて入院した糖尿病患者は1,000人あたり23.1(2000年)から55.3(2014年)へと139%増加し、非糖尿病患者は1,000人あたり3.5(2000年)から11.7(2014年)へと230%増加した。男女別では、糖尿病患者にて男性は1,000人あたり23.0から60.9へと165%増加し、女性は23.2から49.7へと114%増加した。非糖尿病患者では、男性は1,000人あたり4.2から13.8へと226%、女性は2.8から9.5と238%と増加の割合が大きかった。透析治療を受けた急性腎障害の入院率は糖尿病患者にて男性が68% (1,000人あたり0.3から0.5へ)、女性が44% (同0.2から0.3へ)増加した。非糖尿病患者では透析治療を受けた急性腎障害の入院率は非常に少なかったが、男女ともに有意な増加傾向を認めた。以上、糖尿病患者の増加に伴い急性腎障害患者が増加しており、医療従事者は急性腎障害のリスクファクターとしての認識を新たにすべきであると思われる。

References

  • Moore BJ, Torio CM. Healthcare Cost and Utilization Project. Statistical brief #231: acute renal failure hospitalizations, 2005–2014. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality; 2017. <http://www.hcup-us.ahrq.gov/reports/statbriefs/sb231-Acute-Renal-Failure-Hospitalizations.pdf>
  • United States Renal Data System. USRDS 2016 annual data report: an overview of the epidemiology of kidney disease in the United States. Bethesda, MD: National Institutes of Health; 2016.
  • Sawhney S, Fraser SD. Epidemiology of AKI: utilizing large databases to determine the burden of AKI. Adv Chronic Kidney Dis 2017;24:194–204.
  • Agency for Healthcare Research and Quality. Healthcare Cost and Utilization Project. NIS database documentation; Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality; 2017. <http://www.hcup-us.ahrq.gov/db/nation/nis/nisdbdocumentation.jsp>
  • Parsons VL, Moriarity C, Jonas K, et al. Design and estimation for the National Health Interview Survey, 2006–2015. Vital Health Stat 2014;2:1–44.
  • Hsu CY, McCulloch CE, Fan D, Ordoñez JD, Chertow GM, Go AS. Community-based incidence of acute renal failure. Kidney Int 2007;72:208–12.
  • Kolhe NV, Muirhead AW, Wilkes SR, Fluck RJ, Taal MW. National trends in acute kidney injury requiring dialysis in England between 1998 and 2013. Kidney Int 2015;88:1161–9.
  • Carlson N, Hommel K, Olesen JB, et al. Trends in one-year outcomes of dialysis-requiring acute kidney injury in Denmark 2005–2012: a population-based nationwide study. PLoS One 2016;11:e0159944.
  • Gregg EW, Li Y, Wang J, et al. Changes in diabetes-related complications in the United States, 1990–2010. N Engl J Med 2014;370:1514–23.
  • Hsu RK, McCulloch CE, Heung M, et al. Exploring potential reasons for the temporal trend in dialysis-requiring AKI in the United States. Clin J Am Soc Nephrol 2016;11:14–20.
  • International Society of Nephrology. Definition: AKI. Kidney Int Suppl 2012;2:19–36 10.1038/kisup.2011.32.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ