一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)バイタルサイン:オピオイド過剰摂取が疑われる救急来・・・

MMWR抄訳

rss

2018/03/09Vol. 67 / No. 9

MMWR67(9):279-285
Vital Signs: Trends in Emergency Department Visits for Suspected Opioid Overdoses — United States, July 2016–September 2017

バイタルサイン:オピオイド過剰摂取が疑われる救急来院の傾向 ― アメリカ、2016年7月-2017年9月

アメリカでは、オピオイドの過剰摂取のまん延は引き続き悪化している。 2016年には、合計63,632件の薬物過剰摂取による死亡が発生し、2015年から21.4%増加した。2016年の薬物過剰摂取による死亡の約2/3(66.4%)は、処方オピオイドか違法オピオイドまたはその両方で、2015年から27.7%増加し、このことは迅速なデータ収集、分析、普及の重要性を示している。2016年7月から2017年9月までの意図しないまたは不確定のオピオイドの過剰投与が疑われる傾向を追跡するために、CDCのNational Syndromic Surveillance Program(NSSP)およびEnhanced State Opioid Overdose Surveillanceプログラムから、(ED)受診を四半期および地域別に追跡した。オピオイドに関連した過剰摂取に関する救急部(ED)の症候性および病院請求データを調査し、45州の52管轄区域における  オピオイド過剰投与の時間的傾向を、地域レベルおよび人口統計的特徴によって分析した。 都市開発に基づく傾向を評価するために、16州のデータを州別および都市化レベルにより分析した。2016年7月から2017年9月まで、45州の52の管轄区域からの合計142,557例のED受診(10,000人の受診につき15.7人)で、オピオイド関連の過剰摂取が疑われ、この変動は、四半期ごとに平均5.6%増加した。NSSPにおけるオピオイド過剰摂取によるED受診は、2016年(第7~9月)の第3四半期から2017年の第3四半期までに29.7%増加した。 アメリカの地域では中西部(69.7%)で最も上昇し、次いで、西部(40.3%)、北東部(21.3%)、南西部(20.2%)、東南部(14.0%)の順であった。ED受診の大幅な増加は、すべての人口統計グループで、同じ時期に認められた。16州では、119,198例のED受診で(10,000人の受診当たり26.7人)がオピオイド関連の過剰摂取が疑われた。 2016年第3四半期から2017年第3四半期にかけて、10州(デラウェア州、イリノイ州、インディアナ州、メイン州、ミズーリ州、ネバダ州、ノースカロライナ州、オハイオ州、ペンシルバニア州、ウィスコンシン州)では有意な上昇を認め、ケンタッキー州では有意に低下した。 EDの受診率の最大の上昇は大都市圏の中心地域で発生した。オピオイドの過剰摂取の増加は、地域別と都市化レベルによって異なり、地域対応の必要性を示している。 迅速なケアと治療のための適切なサービスに関するEDの医師とスタッフの教育、ナロキソン供給を含む過剰摂取後のプロトコールの実施、治療へのリンクは、過剰摂取を予防するとともにEDを支援できると考えられる。

References

  • Hedegaard H, Warner M, Miniño AM. Drug overdose deaths in the United States, 1999–2016. NCHS data brief, no 294. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2017. <https://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db294.pdf>
  • CDC. Wide-ranging online data for epidemiologic research (WONDER). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2016. <https://wonder.cdc.gov>
  • Rudd RA, Seth P, David F, Scholl L. Increases in drug and opioid-involved overdose deaths—United States, 2010–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1445–52. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm655051e1>
  • O’Donnell JK, Gladden RM, Seth P. Trends in deaths involving heroin and synthetic opioids excluding methadone, and law enforcement drug product reports, by census region—United States, 2006–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:897–903. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6634a2>
  • CDC. Annual surveillance report of drug-related risks and outcomes— United States, 2017. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/drugoverdose/pdf/pubs/2017-cdc-drug-surveillance-report.pdf>
  • Yoon PW, Ising AI, Gunn JE. Using syndromic surveillance for all-hazards public health surveillance: successes, challenges, and the future. Public Health Rep 2017;132(1_suppl):3S–6S. <https://doi.org/10.1177/0033354917708995>
  • Coffin PO, Tracy M, Bucciarelli A, Ompad D, Vlahov D, Galea S. Identifying injection drug users at risk of nonfatal overdose. Acad Emerg Med 2007;14:616–23. <https://doi.org/10.1111/j.1553-2712.2007.tb01846.x>
  • Gould DW, Walker D, Yoon PW. The evolution of BioSense: lessons learned and future directions. Public Health Rep 2017;132(Suppl 1):7S–11S. <https://doi.org/10.1177/0033354917706954>
  • Richards CL, Iademarco MF, Atkinson D, et al. Advances in public health surveillance and information dissemination at the Centers for Disease Control and Prevention. Public Health Rep 2017;132:403–10. <https://doi.org/10.1177/0033354917709542>
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Key substance use and mental health indicators in the United States: results from the 2016 National Survey on Drug Use and Health. HHS publication no. SMA 17–5044, NSDUH Series H-52. Rockville, MD: Center for Behavioral Health Statistics and Quality, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2017. <https://www.samhsa.gov/data/>
  • Drug Enforcement Administration. National drug threat assessment summary. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2017. <https://www.dea.gov/docs/DIR-040-17_2017-NDTA.pdf>
  • Bowman S, Engelman A, Koziol J, Mahoney L, Maxwell C, McKenzie M. The Rhode Island community responds to opioid overdose deaths. R I Med J (2013) 2014;97:34–7.
  • Ising A, Proescholdbell S, Harmon KJ, Sachdeva N, Marshall SW, Waller AE. Use of syndromic surveillance data to monitor poisonings and drug overdoses in state and local public health agencies. Inj Prev 2016;22(Suppl 1):i43–9. <https://doi.org/10.1136/injuryprev-2015-041821>
  • Tadros A, Layman SM, Davis SM, Davidov DM, Cimino S. Emergency visits for prescription opioid poisonings. J Emerg Med 2015;49:871–7. <https://doi.org/10.1016/j.jemermed.2015.06.035>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ