一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)最新情報:非先天性ジカウイルス疾患症例 ― アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/03/09Vol. 67 / No. 9

MMWR67(9):265-269
Update: Noncongenital Zika Virus Disease Cases — 50 U.S. States and the District of Columbia, 2016

最新情報:非先天性ジカウイルス疾患症例 ― アメリカ50州とワシントンDC、2016年

ジカウイルスは、主にネッタイシマカ(Aedes aegypti)により媒介されるフラビウイルスである。また、ジカウイルス感染は、子宮内伝播による先天性感染、ウイルス血症の母親から新生児への分娩の感染、性的感染、輸血や実験室での曝露を介した感染も報告されている。ほとんどのジカウイルス感染症は無症状か、急性の発熱、斑点状丘疹、関節痛または非膿性結膜炎を特徴とする軽度なもので、 ジカウイルス感染に関連するギラン・バレー症候群、髄膜脳炎、重度の血小板減少症は稀である。一方、先天性ジカウイルス感染は、流産、小頭症および他の先天性欠損を招く可能性がある。2016年1月1日~12月31日の間に、症状が発症した合計5,168の非先天性ジカウイルス疾患症例がArboNETに報告された。報告された症例数は7月にピークに達し、8月以降急速に減少した。症例は49州とワシントンDCから報告され、約半数(48%)が、フロリダ州(1,107人、21%)、ニューヨーク州(1,002人、19%)、カリフォルニア州(421人、8%)であった。患の年齢中央値は37歳(10カ月~89歳)であり、4,118例(80%)が20~59歳であり、20~29歳の女性患者(24%)は同世代の男性患者(16%)に比べて多かった。全体で、女性は3, 310例(64%)で、このうち、469例(14%)が妊婦であった。ギラン・バレー症候群は15例(0.3%)で報告され、年齢中央値は61歳(27~81歳)であった。全体として、153例(3%)の患者が入院し、年齢の中央値は41歳(1~89歳)であった。ジカウイルス疾患で入院した111例の女性のうち、25例(23%)が妊娠していた。入院した男性患者1例が死亡した。報告された5,168例のうち、ジカウイルス感染地域から帰国した旅行者は4,897例(95%)で、情報が得られた3,891例(79%)の中で最も多かった旅行先はカリブ海(61%)、次いで中央アメリカ(20%)、北アメリカ(13%)、南アメリカ(5%)、東南アジアおよび太平洋諸島(1%)であった。地域的な後天性疾患は症例の4%を占め、フロリダ州(218例)とテキサス州(6例)で発生した。47例(1%)は他ルートから感染し、性的感染45例、研究室での感染1例、ルート不明のヒトからヒトへの感染1例であった。医療従事者は、ジカウイルス感染が継続中の地域に住んでいる、または最近旅行した症候性の患者、あるいはそのような人と避妊せずに性行為をしたことがある人を引き続き検査することが重要である。 すべての妊婦とそのパートナーは、妊娠中のジカウイルス感染を予防するための対策をとる必要がある。 感染地域のリストと、妊娠中のジカウイルスの感染を防ぐ方法に関する具体的な推奨事項については、https://www.cdc.gov/pregnancy/zika/protect-yourself.htmlを参照のこと。

References

  • Petersen LR, Jamieson DJ, Powers AM, Honein MA. Zika virus. N Engl J Med 2016;374:1552–63. <https://doi.org/10.1056/NEJMra1602113>
  • Oduyebo T, Polen KD, Walke HT, et al. Update: interim guidance of health care providers caring for pregnant women with possible Zika virus exposure—United States (including U.S. territories), July 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:781–93. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6629e1>
  • Motta IJ, Spencer BR, Cordeiro da Silva SG, et al. Evidence for transmission of Zika virus by platelet transfusion. N Engl J Med 2016;375:1101–3. <https://doi.org/10.1056/NEJMc1607262>
  • Pan American Health Organization; World Health Organization Regional Office for the Americas. Regional Zika epidemiological update (Americas) August 25, 2017. Washington, DC: Pan American Health Organization, World Health Organization Regional Office for the Americas; 2017. <http://www.paho.org/hq/index.php?option=com_content&id=11599&Itemid=41691>
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Zika virus disease and congenital Zika virus infection interim case definition and addition to the Nationally Notifiable Disease List. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2016. <https://www.cste2.org/docs/Zika_Virus_Disease_and_Congenital_Zika_Virus_Infection_Interim.pdf>
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Zika virus disease and Zika virus infection without disease, including congenital infections case definitions and addition to the Nationally Notifiable Diseases List. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2016. <http://c.ymcdn.com/sites/www.cste.org/resource/resmgr/2016PS/16_ID_01_edited7.29.pdf>
  • Walker WL, Lindsey NP, Lehman JA, et al. Zika virus disease cases—50 states and the District of Columbia, January 1–July 31, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:983–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6536e5>
  • Hennessey MJ, Fischer M, Panella AJ, et al. Zika virus disease in travelers returning to the United States, 2010–2014. Am J Trop Med Hyg 2016;95:212–5. <https://doi.org/10.4269/ajtmh.16-0049>
  • US Geological Survey; CDC. Disease maps. Atlanta, GA: US Department of the Interior, US Geological Survey, US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://diseasemaps.usgs.gov/mapviewer/>
  • Adebanjo T, Godfred-Cato S, Viens L, et al. Update: interim guidance for the diagnosis, evaluation, and management of infants with possible congenital Zika virus infection—United States, October 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1089–99. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6641a1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ