一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)ポリオ撲滅への進歩 ― ナイジェリア、2017年1・・・

MMWR抄訳

rss

2018/03/02Vol. 67 / No. 8

MMWR67(8):253-256
Progress Toward Poliomyelitis Eradication — Nigeria, January–December 2017

ポリオ撲滅への進歩 ― ナイジェリア、2017年1月~12月

1988年にWorld Health AssemblyがGlobal Polio Eradication Initiativeを開始してから約30年後、WHOの6地域のうち4地域にてポリオフリーが宣言されている。ナイジェリアはパキスタン、アフガニスタンとともに野生型ポリオウイルス(WPV)伝播が遮断されていないが、2015年9月、1年間以上WPV症例を認めなかったことから、WHOのWPV流行性伝播国のリストから削除された。しかし、2016年8月および9月にBorno州よりWPV1症例が4例報告され、政府による調査が行われた。ここでは2017年1月~12月におけるナイジェリアでのポリオ撲滅活動について報告する。ナイジェリア北東部のBorno州は内乱の中心地であり、他の州や隣国からの攻撃により人道的緊急事態となり、210万人が立ち退きを余儀なくされ、約20万人の難民が他国へ流出している。内乱のピークは2015年であり、約60%の地区ではワクチン接種やサーベイランス活動が利用できず、全体ではBorno州小区域レベルコミュニティーの約30%が国の完全にポリオ撲滅プログラムを利用できず、2016年には5歳未満の小児(推定469,000名)のうち約130,000~210,000名(28%~45%)がワクチン接種を受けられなかった。急性弛緩性麻痺(AFP)サーベイランスでは、2016、2017年はすべての州が達成指標(非ポリオAFP発症率および便検体採取)に達したが、Borno州では非ポリオAFP発症率は15歳未満の小児10万人あたり27.0例(2016年)、24.5例(2017年)と目標値を上回り(10万人あたり3.0例)、AFP例の便検体回収率は95%(2016年)、90%(2017年)と目標値(80%)を満たした。しかし安全保障危険地域はサーベイランスの対象とならず、北東部のBorno州、Adamawa州、Taraba州、Yobe州、北西部のKaduna州、Sokoto州では症例の発見やポリオウイルス伝播の確認が保証されるものではない。下水を検査する環境サーベイランスは2017年末の時点で37州区域のうち18区域にて少なくとも1カ所、サーベイランスが実施され、循環ワクチン由来ポリオウイルス2型(cVDPV2)、WPVともに検出されていない。ナイジェリアでは2016年4月に3価経口ポリオワクチンから2価(1型、3型)経口ポリオワクチンに変更され、2016年9月以降、WPV症例は報告されておらず、最後のcVDPV2症例はSokoto州にて2016年10月に認められている。大規模なワクチン接種キャンペーン(追加ワクチン接種活動:SIA)は2017年に8回実施された。また、軍と協力し、Borno州およびYobe州の非安全地帯の小児にワクチン接種され、Reaching Every Settlement initiative(16回)により2,921カ所にて約251,000名、Reaching Inaccessible Children initiative(6回)により1,412カ所にて50,196名の小児に接種された。今後も利用困難な地域の小児に対するサーベイランスの強化とワクチン接種率の改善を継続する必要性が示唆される。

References

  • Global Polio Eradication Initiative. Semiannual report on the progress against the Polio Eradication and Endgame Strategic Plan. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2017. <http://polioeradication.org/wp-content/uploads/2017/12/WHO-Polio-Donor-Report-january-june-2017-web-30112017.pdf>
  • World Health Organization. WHO removes Nigeria from polio-endemic list. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. <http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2015/nigeria-polio/en/>
  • Nnadi C, Damisa E, Esapa L, et al. Continued endemic wild poliovirus transmission in security-compromised areas—Nigeria, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:190–3. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6607a2>
  • Etsano A, Damisa E, Shuaib F, et al. Environmental isolation of circulating vaccine-derived poliovirus after interruption of wild poliovirus transmission—Nigeria, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:770–3. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6530a4>
  • Etsano A, Gunnala R, Shuaib F, et al. Progress toward poliomyelitis eradication—Nigeria, January 2014–July 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:878–82. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6432a5>
  • United Nations Office for the Coordination of Humanitarian Affairs. Relief Web: Nigeria: humanitarian dashboard. New York, NY: United Nations Office for the Coordination of Humanitarian Affairs; 2016. <https://reliefweb.int/report/nigeria/nigeria-humanitarian-dashboard-january-december-2016>
  • Global Polio Eradication Initiative. Surveillance indicators. Geneva, Switzerland: Global Polio Eradication Initiative; 2017. <http://polioeradication.org/polio-today/polio-now/surveillance-indicators/>
  • e-Health Africa. Auto-visual AFP detection and reporting (AVADAR). Lavaur, France: Fondation Pierre Fabre, e-Health Africa; 2017. <https://www.odess.io/initiative-detail/auto-visual-afp-detection-and-reporting-avadar.html>
  • CDC. GRASP propels polio vaccination by locating remote Nigerian villages. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://blogs.cdc.gov/yourhealthyourenvironment/2014/08/20/grasp-propels-polio-vaccination-by-locating-remote-nigerian-villages/>
  • Gunnala R, Ogbuanu IU, Adegoke OJ, et al. Routine vaccination coverage in northern Nigeria: results from 40 district-level cluster surveys, 2014–2015. PLoS One 2016;11:e0167835. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0167835>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ