一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)狂犬病ワクチン接種に対する妊婦および授乳婦のためら・・・

MMWR抄訳

rss

2018/03/02Vol. 67 / No. 8

MMWR67(8):250-252
Rabies Vaccine Hesitancy and Deaths Among Pregnant and Breastfeeding Women — Vietnam, 2015–2016

狂犬病ワクチン接種に対する妊婦および授乳婦のためらいと死亡 ― ベトナム、2015年~2016年

狂犬病による死亡は感染した動物に接触した後、狂犬病免疫グロブリンおよび狂犬病ワクチンによる曝露後予防(PEP)にて阻止しうるものであり、PEPの禁忌はない。ベトナムではPEPの利用は拡大しているが、2015年、保健省は臨床的に狂犬病と診断された妊婦および授乳婦の報告を受け、これらの症例について調査した。2015年~2016年、ベトナムでの報告例(n=169)のうち授乳婦2例、妊婦4例であり、これら6例の年齢中央値は27(19~33)歳、全例中学校卒業以上であった。全例が犬に噛まれ死亡し、犬に噛まれてから発症までの平均期間は85(49~126)日間、発症から死亡までの期間中央値は2(1~4)日間であった。症状は狂犬病に典型的な空気恐怖症(6例)、発熱(4例)、恐水症(4例)などを示した。妊婦4例のうち3例は妊娠32~37週に発症、緊急帝王切開が行われ、新生児2名は生存したが、1名は出産直後に死亡、また1名は妊娠18週にて発症したため助からなかった。授乳婦は曝露時、生後1年未満の新生児に授乳しており、PEPが子供に移行し、抗体に害があるのではないか心配していた。PEPは接触した家族10名(夫6名、授乳婦の子供2名、生存した新生児2名)に対して行われた。妊婦の家族は胎児への影響を恐れ、授乳婦1名のみが曝露後に受診していたが、犬に噛まれた傷の処置を受け、PEPは拒否した。これらの調査から、妊婦および授乳婦を含むすべての狂犬病ウイルス曝露例に対し、PEPの安全性と有効性を広く伝えることの必要性が示唆された。

References

  • World Health Organization. WHO expert consultation on rabies. Second report. World Health Organ Tech Rep Ser 2013;982:1–139.
  • Manning SE, Rupprecht CE, Fishbein D, et al. Human rabies prevention—United States, 2008: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices. MMWR Recomm Rep 2008;57(No. RR-3).
  • Ministry of Agriculture and Rural Development and Ministry of Health. National program for rabies control and elimination in Viet Nam in the period from 2017 to 2021. Hanoi, Vietnam: Ministry of Agriculture and Rural Development and Ministry of Health; 2016. <http://nihe.org.vn/farm/nihe/2018/02/27/35aa38a1-57c0-437d-96fc-add336992325.pdf>
  • Wilde H, Lumlertdacha B, Meslin FX, Ghai S, Hemachudha T. Worldwide rabies deaths prevention—a focus on the current inadequacies in postexposure prophylaxis of animal bite victims. Vaccine 2016;34:187–9. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2015.11.036>
  • Abazeed ME, Cinti S. Rabies prophylaxis for pregnant women [Letter]. Emerg Infect Dis 2007;13:1966–7. <https://doi.org/10.3201/eid1312.070157>
  • Chutivongse S, Wilde H, Benjavongkulchai M, Chomchey P, Punthawong S. Postexposure rabies vaccination during pregnancy: effect on 202 women and their infants. Clin Infect Dis 1995;20:818–20. <https://doi.org/10.1093/clinids/20.4.818>
  • Huang G, Liu H, Cao Q, Liu B, Pan H, Fu C. Safety of post-exposure rabies prophylaxis during pregnancy: a follow-up study from Guangzhou, China. Hum Vaccin Immunother 2013;9:177–83. <https://doi.org/10.4161/hv.22377>
  • Aguèmon CT, Tarantola A, Zoumènou E, et al. Rabies transmission risks during peripartum—two cases and a review of the literature. Vaccine 2016;34:1752–7. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2016.02.065>
  • Qu ZY, Li GW, Chen QG, Jiang P, Liu C, Lam A. Survival of a newborn from a pregnant woman with rabies infection. J Venom Anim Toxins Incl Trop Dis 2016;22:14. <https://doi.org/10.1186/s40409-016-0068-5>
  • Sipahioğlu U, Alpaut S. Transplacental rabies in humans [Turkish]. Mikrobiyol Bul 1985;19:95–9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ