一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)高血圧の成人と高血圧でない成人が食事のナトリウム摂・・・

MMWR抄訳

rss

2018/02/23Vol. 67 / No. 7

MMWR67(7):225-229
Self-Reported Receipt of Advice and Action Taken To Reduce Dietary Sodium Among Adults With and Without Hypertension — Nine States and Puerto Rico, 2015

高血圧の成人と高血圧でない成人が食事のナトリウム摂取量を減らすために受けたアドバイスと行動に関する自己申告による割合 ― 9州およびプエルトリコ、2015年

高血圧症は主要な心血管疾患の危険因子であり、医療専門家からのアドバイスは、ナトリウム摂取量の減少と血圧低下をもたらす可能性がある。アメリカ心臓病学会とアメリカ心臓協会が発表した2017年の高血圧ガイドラインでは、高血圧予防および治療の重要な要素として、ナトリウム摂取の減量を含む非薬理学的アプローチを強調している。自己申告による高血圧の有無にかかわらず、参加者の申告によるナトリウム減量のアドバイスを受けた割合および行動の割合を測定するために、9つの州とプエルトリコにおける2015年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemのナトリウム測定モジュールからの50,576人のデータを分析した。自己申告による高血圧の参加者は高血圧でない参加者に比べ、男性(51.0% vs. 48.6%)、65歳以上(37.0% vs. 11.9%)、非ヒスパニック系黒人(13.9% vs. 9.6%)、高校卒業未満の学歴(19.3% vs. 11.6%)、喫煙者(51.0% vs. 41.0%)、肥満(45.1% vs. 25.0%)、申告された1つ以上の共存症(39.8% vs. 8.9%)の割合が多かった。人口統計学的および心血管リスク要因を調整した後、ナトリウム減量のアドバイスを受けた割合は、高血圧の参加者では41.9%、高血圧でない参加者では12.8%であった。 高血圧の参加者のうちアドバイスを受けた割合は地理的位置により異なり、調整後の数値で32.3%(オレゴン州)~56.7%(プエルトリコ)で、性別、人種/民族性、肥満状態、共存症の有無によっても異なったが、 年齢、教育水準、喫煙状況による差はなかった。共変量では、例えば、女性、非ヒスパニック系黒人およびヒスパニック系、肥満のある人、一つ以上の共存症のある人は、それぞれ男性、非ヒスパニック系の白人、肥満のない人、共存症のない人と比べ、アドバイスを受けた割合が多かった。高血圧のない参加者では、アドバイスを受けた割合は9.4%(オレゴン州)~22.0%(プエルトリコ)であった。アドバイスを受けた割合は、選択する共変量により変動した。全体として、ナトリウム摂取量を減らすために行動を取った人の割合は、アドバイスを受けた高血圧の参加者で最も高く(80.9%)、次いでアドバイスを受けた高血圧でない参加者(72.7%)、アドバイスを受けていない高血圧の参加者(55.7%)、 アドバイスを受けていない高血圧でない参加者(46.9%)であった。医療専門家によるナトリウム減量に関するアドバイスの提供は、ナトリウム摂取量の観察や減量のための行動と関連している。 医療専門家からのアドバイスを受ける患者を増やすことで、高血圧の予防と治療の機会が増える可能性がある。

References

  • Ettehad D, Emdin CA, Kiran A, et al. Blood pressure lowering for prevention of cardiovascular disease and death: a systematic review and meta-analysis. Lancet 2016;387:957–67. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(15)01225-8>
  • US Department of Agriculture; US Department of Health and Human Services. Dietary guidelines for Americans, 2015–2020. 8th ed. Washington, DC: US Department of Agriculture; US Department of Health and Human Services; 2015. <https://health.gov/dietaryguidelines/2015/guidelines/>
  • Adler AJ, Taylor F, Martin N, Gottlieb S, Taylor RS, Ebrahim S. Reduced dietary salt for the prevention of cardiovascular disease. Cochrane Database Syst Rev 2014;18:CD009217.
  • Whelton PK, Carey RM, Aronow WS, et al. ACC/AHA/AAPA/ABC/ACPM/AGS/APhA/ASH/ASPC/NMA/PCNA guideline for the prevention, detection, evaluation, and management of high blood pressure in adults: a report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Clinical Practice Guidelines. Hypertension; 2017. <http://hyper.ahajournals.org/content/early/2017/11/10/HYP.0000000000000066>
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System: 2015 summary data quality report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/brfss/annual_data/2015/pdf/2015-sdqr.pdf>
  • Bieler GS, Brown GG, Williams RL, Brogan DJ. Estimating model-adjusted risks, risk differences, and risk ratios from complex survey data. Am J Epidemiol 2010;171:618–23. <https://doi.org/10.1093/aje/kwp440>
  • Jackson SL, Coleman King SM, Park S, Fang J, Odom EC, Cogswell ME. Health professional advice and adult action to reduce sodium intake. Am J Prev Med 2016;50:30–9. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2015.04.034>
  • Fang J, Cogswell ME, Park S, Jackson SL, Odom EC. Sodium intake among U.S. adults—26 states, the District of Columbia, and Puerto Rico, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:695–8.
  • CDC. BRFSS prevalence and trends data. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/brfss/brfssprevalence/>
  • Ayala C, Gillespie C, Cogswell M, Keenan NL, Merritt R. Sodium consumption among hypertensive adults advised to reduce their intake: national health and nutrition examination survey, 1999–2004. J Clin Hypertens (Greenwich) 2012;14:447–54. <https://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=22747617&dopt=Abstract><https://doi.org/10.1111/j.1751-7176.2012.00632.x>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ