一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)13歳~29歳の人におけるHIV診断 ― アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/02/23Vol. 67 / No. 7

MMWR67(7):212-215
HIV Diagnoses Among Persons Aged 13–29 Years — United States, 2010–2014

13歳~29歳の人におけるHIV診断 ― アメリカ、2010年~2014年

2014年では、13~29歳の集団はアメリカの人口の23%に相当する一方で、同じ年にヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染の診断の40%を占める。2010~2014年の間に、HIV感染の診断率は15~19歳では減少し、20~24歳では安定していたが、25~29歳では増加した。しかし、これらの5歳ごとの年齢グループは多段階の発達ステージを含み、また、青年期から若年成人期を通した急速な心理社会的変化に関連した傾向を隠す可能性がある。アメリカにおける13~17歳の青年期および18~29歳の若年成人のHIV感染を理解し、HIVの一次予防努力のターゲットに理想的な年齢を同定するために、CDCはより詳細な年齢グループを使用してNational HIV Surveillance Systemからのデータを分析した。2010~2014年の間、50州とコロンビア特別区では、13〜29歳の78,337人がHIV感染と診断され、全体のHIV診断率は人口10万人あたり21.3人であった。 HIV診断率は、年齢別にみると、13〜15歳(0.7)、16〜17歳(4.5)、18〜19歳(16.5)、20〜21歳(28.6)で変動し、 22~23歳(34.0)、24~25歳(33.8)、26~27歳(31.3)、28~29歳(28.7)の方が高率であったが、変動は少なく、 22〜23歳で最も上昇した。2010~2014年の間にHIVと診断された13~29歳のうち、黒人/アフリカ系アメリカ人が最も多い診断数(52.0%)を示し、次いでヒスパニック/ラテン系(22.2%)であった。HIV感染と診断された男性66,471人のうち、男性同士の性的接触に起因する感染症が59,634人(89.7%)で、このうち、22~23歳(20.6%)で最も高率であった。 HIV感染と診断された女性11,866人ののうち、異性愛者との接触に起因する感染症が10,462人(88.2%)で、そのうち26~27歳(18.1%)と28~29歳(18.2%)で最も効率であった。2010年~1014年では、13~29歳の全体のHIV診断率は安定しており、推定される年間の変化は0.4%であった。一方、年齢別では、人口10万人あたりの診断率は、24~25歳(32.4から35.4)、26~27歳(30.2から33.9)で増加し、16〜17歳(5.0から4.2)、18〜19歳(17.7から15.6)、20〜21歳(30.1から28.3)では減少した。13〜15歳、22~23歳、28~29歳では安定していた。これら知見は、多面的なアプローチを用い、18歳未満の集団をターゲットとした一次予防の取り組みを、20代半ばのリスクが上昇する期間を通じて継続することの重要性を強調している。

References

  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2015. HIV surveillance report, vol. 27. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-report-2015-vol-27.pdf>
  • Hall HI, Song R, Szwarcwald CL, Green T. Brief report: time from infection with the human immunodeficiency virus to diagnosis, United States. J Acquir Immune Defic Syndr 2015;69:248–51. <https://doi.org/10.1097/QAI.0000000000000589>
  • Harrison KM, Kajese T, Hall HI, Song R. Risk factor redistribution of the national HIV/AIDS surveillance data: an alternative approach. Public Health Rep 2008;123:618–27. <https://doi.org/10.1177/003335490812300512>
  • Lall P, Lim SH, Khairuddin N, Kamarulzaman A. Review: an urgent need for research on factors impacting adherence to and retention in care among HIV-positive youth and adolescents from key populations. J Int AIDS Soc 2015;18(Suppl 1):19393. <https://doi.org/10.7448/IAS.18.2.19393>
  • Garofalo R, Hotton AL, Kuhns LM, Gratzer B, Mustanski B. Incidence of HIV infection and sexually transmitted infections and related risk factors among very young men who have sex with men. J Acquir Immune Defic Syndr 2016;72:79–86. <https://doi.org/10.1097/QAI.0000000000000933>
  • US Department of Health and Human Services. National HIV/AIDS strategy for the United States: updated to 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2015. <https://www.hiv.gov/federal-response/national-hiv-aids-strategy/nhas-update>
  • Koenig LJ, Hoyer D, Purcell DW, Zaza S, Mermin J. Young people and HIV: a call to action. Am J Public Health 2016;106:402–5. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2015.302979>
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas, 2014. HIV surveillance supplemental report, vol. 21, no. 4. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-supplemental-report-vol-21-4.pdf>
  • Singh S, Song R, Johnson AS, McCray E, Hall HI. Estimating HIV incidence, prevalence, and undiagnosed infection in men who have sex with men in the United States. Presented at the Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections, Seattle, WA; February 13–16, 2017.
  • CDC. Healthy teens. Successful futures. Strategic plan, fiscal years 2016–2020, Division of Adolescent and School Health. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/healthyyouth/about/pdf/strategic_plan/dash_strategic_plan.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ