一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)2017-18季節性インフルエンザワクチンの有効性・・・

MMWR抄訳

rss

2018/02/16Vol. 67 / No. 6

MMWR67(6):180-185
Interim Estimates of 2017–18 Seasonal Influenza Vaccine Effectiveness — United States, February 2018

2017-18季節性インフルエンザワクチンの有効性に関する暫定評価 ― アメリカ、2018年2月

アメリカでは6カ月齢以上のすべての人に対し季節性インフルエンザワクチンの接種が推奨されている。CDCは2004-05年期以降、医療機関を受診した急性呼吸器疾患(ARI)に対する季節性インフルエンザワクチンの有効性(VE)を評価しており、ここでは2017年11月2日~2018年2月3日、U.S. Influenza Vaccine Effectiveness Network (U.S. Flu VE Network)の5研究施設に登録された小児および成人ARI患者4,562例のデータについて報告する。この期間、rRT-PCR法により1,712例(38%)にてインフルエンザウイルスが検出された(A型:1,392、B型:323)。サブタイプ分析はA型1,340例のうち、1,143例(85%)がA(H3N2)、208例(16%)がA(H1N1)pdm09であり、B型265例は260例(98%)がB/Yamagata系であった。各研究施設における患者のワクチン接種率は45~59%であり、インフルエンザ陽性例では43%、陰性例では53%であった。インフルエンザウイルスによるARIのため医療機関を受診した例に対するVEは全体で36%であり、年齢別では6カ月~8歳(59%)および18~49歳(33%)にて有意な効果を認めた。また、A(H3N2)に対しては25%、A(H1N1)pdm09に対しては67%、B型に対しては42%であった。2018年2月3日時点でCDCはA(H3N2)ウイルス感染257例の遺伝群を分析し、240例(93%)は3C.2a(226例)およびその関連群3C.2a1(14例)に属し、3C.3a群は17例(7%)のみであった。また、3C.2a群は2017-18年期北半球インフルエンザワクチンのA(H3N2)成分A/Hong Kong/4801/2014を含んでいた。以上、2017-18季節性インフルエンザワクチンは医療機関を受診するインフルエンザウイルス感染を36%阻止することが示され、CDCは引き続きインフルエンザワクチンの接種を推奨している。

References

  • Grohskopf LA, Sokolow LZ, Broder KR, et al. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices—United States, 2017–18 influenza season. MMWR Recomm Rep 2017;66(No. RR-2). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6602a1>
  • Jackson ML, Chung JR, Jackson LA, et al. Influenza vaccine effectiveness in the United States during the 2015–2016 season. N Engl J Med 2017;377:534–43. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1700153>
  • Budd AP, Wentworth DE, Blanton L, et al. Update: influenza activity—United States, October 1, 2017–February 3, 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:169–79.
  • Skowronski DM, Chambers C, De Serres G, et al. Early season co-circulation of influenza A(H3N2) and B(Yamagata): interim estimates of 2017/18 vaccine effectiveness, Canada, January 2018. Euro Surveill 2018;23. <https://doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2018.23.5.18-00035>
  • Sullivan SG, Chilver MB, Carville KS, et al. Low interim influenza vaccine effectiveness, Australia, 1 May to 24 September 2017. Euro Surveill 2017;22. <https://doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2017.22.43.17-00707>
  • Flannery B, Chung JR, Thaker SN, et al. Interim estimates of 2016–17 seasonal influenza vaccine effectiveness—United States, February 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:167–71. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6606a3>
  • Belongia EA, Simpson MD, King JP, et al. Variable influenza vaccine effectiveness by subtype: a systematic review and meta-analysis of test-negative design studies. Lancet Infect Dis 2016;16:942–51. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(16)00129-8>
  • Zost SJ, Parkhouse K, Gumina ME, et al. Contemporary H3N2 influenza viruses have a glycosylation site that alters binding of antibodies elicited by egg-adapted vaccine strains. Proc Natl Acad Sci U S A 2017;114:12578–83. <https://doi.org/10.1073/pnas.1712377114>
  • Wu NC, Zost SJ, Thompson AJ, et al. A structural explanation for the low effectiveness of the seasonal influenza H3N2 vaccine. PLoS Pathog 2017;13:e1006682. <https://doi.org/10.1371/journal.ppat.1006682>
  • Fry AM, Kim IK, Reed C, et al. Modeling the effect of different vaccine effectiveness estimates on the number of vaccine-prevented influenza-associated hospitalizations in older adults. Clin Infect Dis 2014;59:406–9. <https://doi.org/10.1093/cid/ciu328>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ