一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)バイタルサイン:小児喘息 ― アメリカ、2001年・・・

MMWR抄訳

rss

2018/02/09Vol. 67 / No. 5

MMWR67(5):149-155
Vital Signs: Asthma in Children — United States, 2001–2016

バイタルサイン:小児喘息 ― アメリカ、2001年~2016年

喘息は小児期によくみられる慢性肺疾患であり、アメリカでは約600万人の小児が罹患している。喘息は治癒することはできないが、ほとんどの場合、喘息の誘因(アレルゲンや刺激物)の接触を避ける、または減らすこと、推奨される喘息の教育と適切な医療ケアにより、症状をコントロールすることができる。CDCは、2001~2016年のNational Health Interview Surveyから0~17歳の喘息データを分析し、健康アウトカムおよび医療ケア利用の傾向と人口統計学的な差異を調査した。2016年では、喘息の有病率は、男子(9.2%)で女子(7.4%)よりも、5歳以上の小児(約10%)で5歳未満の小児(3.8%)よりも、非ヒスパニック系黒人(15.7%)とプエルトリコ系(12.9%)で非ヒスパニック系白人(7.1%)よりも、低所得の家庭で暮らす小児(10.5%)で連邦法定貧困レベルの250%以上の所得の家庭で暮らす小児(約7%)よりも、それぞれ多く見られた。小児の喘息の有病率は2001年の8.7%から2010年には9.4%に増加し、その後、2016年には8.3%に減少した。すべての変化に統計的に有意な変化はなかったが、サブグループ間で同様のパターンを認め、一方、メキシコ人/メキシコ系アメリカ人では喘息の有病率は2001年の5.1%から2016年には6.5%に増加した。喘息の小児では、過去12カ月間に喘息発作があった割合は、2001年から2016年で有意に減少した。0~4歳の小児間の喘息有病率は年長の小児と比べ低い一方で、喘息発作(62.4%)、救急部/緊急医療センターの受診(31.1%)、入院(10.4%)の割合は、12~17歳の喘息患者(各44.8%、9.6%、2.8%)と比べ上昇した。2001~2016年では、喘息発作を経験した割合は、61.7%から53.7%に有意に減少し、性別、年齢、人種/民族のすべてのグループで減少した。2013年では、5~17歳の喘息の小児は年間1380万日(1人あたり2.6日)学校を欠席した。2003年と比べ、2013年での喘息が原因の入院および学齢期での学校の欠席日数は有意に低下し、喘息管理の行動計画を持っている割合は上昇した。2013年では、喘息の小児の55%が過去3カ月間に喘息コントロールの処方薬を服用していた。このうち、54.5%のみが処方箋を定期的に服用していたが、2003年よりも有意に減少した。喘息は依然として重大な公衆衛生上および医療上の問題である。喘息の小児の健康は、喘息の誘因の削減、適切なガイドラインに基づく医療管理、小児、両親、および喘息ケアに関わるその他の人々のための喘息教育をはじめとする喘息管理戦略を促進することにより、改善することができる。

References

  • National Institutes of Health, National Heart, Lung, and Blood Institute. Expert panel report 3: guidelines for the diagnosis and management of asthma. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Heart, Lung, and Blood Institute; 2007. <https://www.nhlbi.nih.gov/guidelines/asthma/asthgdln.pdf>
  • Crocker DD, Kinyota S, Dumitru GG, et al.; Task Force on Community Preventive Services. Effectiveness of home-based, multi-trigger, multicomponent interventions with an environmental focus for reducing asthma morbidity: a community guide systematic review. Am J Prev Med 2011;41(Suppl 1):S5–32. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2011.05.012>
  • Moorman JE, Akinbami LJ, Bailey CM, et al. National surveillance of asthma: United States, 2001–2010. Vital Health Stat 3 2012;3:1–58.
  • Akinbami LJ, Schoendorf KC. Trends in childhood asthma: prevalence, health care utilization, and mortality. Pediatrics 2002;110:315–22. <https://doi.org/10.1542/peds.110.2.315>
  • Nurmagambetov T, Khavjou O, Murphy L, Orenstein D. State-level medical and absenteeism cost of asthma in the United States. J Asthma 2017;54:357–70. <https://doi.org/10.1080/02770903.2016.1218013>
  • Akinbami LJ, Simon AE, Rossen LM. Changing trends in asthma prevalence among children. Pediatrics 2016;137: e2 0152354.
  • Bloomberg GR, Banister C, Sterkel R, et al. Socioeconomic, family, and pediatric practice factors that affect level of asthma control. Pediatrics 2009;123:829–35. <https://doi.org/10.1542/peds.2008-0504>
  • National Cancer Institute. Division of Cancer Control and Population Sciences. Joinpoint trend analysis software. Rockville, ND: US Department of Health and Human Services, National Cancer Institute; 2017. <https://surveillance.cancer.gov/joinpoint/>
  • Marck Manuals. Professional Version. Respiratory syncytial virus (RSV) and human metapneumovirus infections. Kenilworth, NJ: Merck Manuals, Merck; 2017. <http://www.merckmanuals.com/professional/pediatrics/miscellaneous-viral-infections-in-infants-and-children/respiratory-syncytial-virus-rsv-and-human-metapneumovirus-infections>
  • Guevara JP, Wolf FM, Grum CM, Clark NM. Effects of educational interventions for self management of asthma in children and adolescents: systematic review and meta-analysis. BMJ 2003;326:1308–9. <https://doi.org/10.1136/bmj.326.7402.1308>
  • Sunshine J, Song L, Krieger J. Written action plan use in inner-city children: is it independently associated with improved asthma outcomes? Ann Allergy Asthma Immunol 2011;107:207–13. <https://doi.org/10.1016/j.anai.2011.04.015>
  • Mishra R, Kashif M, Venkatram S, George T, Luo K, Diaz-Fuentes G. Role of adult asthma education in improving asthma control and reducing emergency room utilization and hospital admissions in an inner city hospital. Can Respir J 2017;2017:5681962. <https://doi.org/10.1155/2017/5681962>
  • Cabana MD, Slish KK, Evans D, et al. Impact of physician asthma care education on patient outcomes. Pediatrics 2006;117:2149–57. <https://doi.org/10.1542/peds.2005-1055>
  • Wilson SR, Strub P, Buist AS, et al.; Better Outcomes of Asthma Treatment (BOAT) Study Group. Shared treatment decision making improves adherence and outcomes in poorly controlled asthma. Am J Respir Crit Care Med 2010;181:566–77. <https://doi.org/10.1164/rccm.200906-0907OC>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ