一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)RSウイルスの季節性 ― アメリカ、2014年~2・・・

MMWR抄訳

rss

2018/01/19Vol. 67 / No. 2

MMWR67(2):71-76
Respiratory Syncytial Virus Seasonality — United States, 2014–2017

RSウイルスの季節性 ― アメリカ、2014年~2017年

RSウイルス(RSV)は世界中の小児における下気道感染症の主な原因であり、アメリカでは5歳未満の小児が毎年57,000例以上入院し、200万例が外来を受診する。最近の研究では小児同様、成人におけるRSVの重要性が強調されている。CDCは米国保健福祉省(HHS)の区域およびフロリダ州からNational Respiratory and Enteric Virus Surveillance System(NREVSS)に報告されたPCR法にて分析された新しい統計学的方法を用いて、全国的なRSVの季節性について報告した。それによると2014年7月5日に終了する週から2017年7月1日の週までの間に3回のRSVシーズンが認められた(2014-15、2015-16、2016-17)。各シーズンにおいて、135、218、244の研究室が少なくとも1週間のPCRによるRSV検査をNREVSSに報告し、それぞれ80(59%)、108(50%)、118(48%)の研究室の報告を分析、定量化した。RS10法によるシーズンの決定は、2014-15報告期間に報告されたRSV PCR検出の98%、2015-16および2016-17の97%を捕捉して行われた。全国的に3シーズンともにRSV発症時期(中央値)は第41週(10月中旬)であり、第18週(5月初旬)まで持続し、ピークは第5週(2月初旬)であった。フロリダ州およびハワイ州を除いた場合、発症時期は1週間遅く、持続期間は1週間短縮した。HHSの10区域(フロリダ州およびハワイ州を除く)におけるRSV発症時期(中央値)は第37週~第48週(9月中旬~12月初旬)であり、第15週~第21週(4月中旬~5月下旬)まで持続し、ピークは第52週~第7週(12月下旬~2月中旬)であった。持続期間(中央値)は22~37週間であり、区域9(サンフランシスコ)にてもっとも短く、区域4(アトランタ)にてもっとも長かった。フロリダ州では発症時期(中央値)は第37週(9月中旬)であり、第16週(4月中旬)まで持続した。これらのRSVシーズンに関するデータは、医療従事者および公衆衛生局に重篤な呼吸器疾患リスクの高い集団に対する検査のタイミングや免疫予防薬の投与などを可能とする。ワクチンや免疫予防薬は開発中であり、RSV循環を推測することは臨床試験や今後のワクチン有効性試験のデザインに重要である。

References

  • Shi T, McAllister DA, O’Brien KL, et al. Global, regional, and national disease burden estimates of acute lower respiratory infections due to respiratory syncytial virus in young children in 2015: a systematic review and modelling study. Lancet 2017;390:946–58.
  • Hall CB, Weinberg GA, Blumkin AK, et al. Respiratory syncytial virus-associated hospitalizations among children less than 24 months of age. Pediatrics 2013;132:e341–8.
  • Hall CB, Weinberg GA, Iwane MK, et al. The burden of respiratory syncytial virus infection in young children. N Engl J Med 2009;360:688–98.
  • Falsey AR, Hennessey PA, Formica MA, Cox C, Walsh EE. Respiratory syncytial virus infection in elderly and high-risk adults. N Engl J Med 2005;352:1749–59.
  • Haynes AK, Prill MM, Iwane MK, Gerber SI. Respiratory syncytial virus—United States, July 2012–June 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1133–6.
  • American Academy of Pediatrics Committee on Infectious Diseases, American Academy of Pediatrics Bronchiolitis Guidelines Committee. Updated guidance for palivizumab prophylaxis among infants and young children at increased risk of hospitalization for respiratory syncytial virus infection. Pediatrics 2014;134:415–20.
  • Midgley CM, Haynes AK, Baumgardner JL, et al. Determining the seasonality of respiratory syncytial virus in the United States: the impact of increased molecular testing. J Infect Dis 2017;216:345–55.
  • Mullins JA, Lamonte AC, Bresee JS, Anderson LJ. Substantial variability in community respiratory syncytial virus season timing. Pediatr Infect Dis J 2003;22:857–62.
  • Zachariah P, Shah S, Gao D, Simoes EA. Predictors of the duration of the respiratory syncytial virus season. Pediatr Infect Dis J 2009;28:772–6.
  • Panozzo CA, Fowlkes AL, Anderson LJ. Variation in timing of respiratory syncytial virus outbreaks: lessons from national surveillance. Pediatr Infect Dis J 2007;26:S41–5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ