一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)民間保険に加入する15~44歳の女性における注意欠・・・

MMWR抄訳

rss

2018/01/19Vol. 67 / No. 2

MMWR67(2):66-70
Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder Medication Prescription Claims Among Privately Insured Women Aged 15–44 Years — United States, 2003–2015

民間保険に加入する15~44歳の女性における注意欠陥多動性障害の処方薬の保険請求 ― アメリカ、2003年~2015年

CDCは2003~2015年のTruven Health MarketScan Commercial Databaseより、注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬が処方された民間保険に加入する出産年齢(15~44歳)の女性の割合を分析した。ADHD治療薬の妊娠中の使用は安全性に関するコンセンサスが得られておらず、また、アメリカでは約半数の妊娠が非意図的であり、さらに妊娠初期は胎児の発達に重要な時期であるため、出産年齢女性に対するADHD治療薬の処方傾向の調査は曝露リスクの定量化に重要である。分析対象は230~680万人/年(中央値:460万人)であり、うち事業者提供の団体医療保険に加入し、ADHD治療薬が処方された出産年齢女性は2003年の0.9%から2015年には4.0%へと344%増加し、薬剤別では覚醒剤の処方が2003年の0.8%から2015年には3.9%と388%増加、非覚醒剤の処方は2003年(0.2%)と2015年(0.2%)に変化はなかった。2015年の年齢別処方率は15~19歳が5.4%、20~24歳が5.5%、25~29歳が4.0%、30~34歳が3.3%、35~39歳が3.0%、40~44歳が2.9%であり、2003年からそれぞれ170%、450%、700%、560%、400%、383%の増加であった。地域別では北東部が3.2%、中西部が4.0%、南部が4.8%、西部が2.6%であり、2003年からそれぞれ300%、300%、380%、333%の増加であった。また、2015年、処方されたADHD治療薬は混合アンフェタミン塩が60.8%ともっとも多く、リスデキサンフェタミンが26.7%、メチルフェニデートが18.1%であり、2003年に比べ混合アンフェタミン塩およびリスデキサンフェタミンは増加し、メチルフェニデートは減少していた。また、1年あたりのADHD治療薬の平均処方回数は2003年が5.5±4.4、2015年が7.2±5.1回と増加していた。

References

  • Louik C, Kerr S, Kelley KE, Mitchell AA. Increasing use of ADHD medications in pregnancy. Pharmacoepidemiol Drug Saf 2015;24:218–20. <https://doi.org/10.1002/pds.3742>
  • Branum AM, Ahrens KA. Trends in timing of pregnancy awareness among US women. Matern Child Health J 2017;21:715–26. <https://doi.org/10.1007/s10995-016-2155-1>
  • Besag FMC. ADHD treatment and pregnancy. Drug Saf 2014;37:397–408. <https://doi.org/10.1007/s40264-014-0168-5>
  • Huybrechts KF, Bröms G, Christensen LB, et al. Association between methylphenidate and amphetamine use in pregnancy and risk of congenital malformations: a cohort study from the International Pregnancy Safety Study consortium. JAMA Psychiatry 2017. Epub December 13, 2017. <https://doi.org/10.1001/jamapsychiatry.2017.3644>
  • Haervig KB, Mortensen LH, Hansen AV, Strandberg-Larsen K. Use of ADHD medication during pregnancy from 1999 to 2010: a Danish register-based study. Pharmacoepidemiol Drug Saf 2014;23:526–33. <https://doi.org/10.1002/pds.3600>
  • Bro SP, Kjaersgaard MI, Parner ET, et al. Adverse pregnancy outcomes after exposure to methylphenidate or atomoxetine during pregnancy. Clin Epidemiol 2015;7:139–47. <https://doi.org/10.2147/CLEP.S72906>
  • McCarthy S, Wilton L, Murray ML, Hodgkins P, Asherson P, Wong IC. The epidemiology of pharmacologically treated attention deficit hyperactivity disorder (ADHD) in children, adolescents and adults in UK primary care. BMC Pediatr 2012;12:78–89. <https://doi.org/10.1186/1471-2431-12-78>
  • Morkem R, Patten S, Queenan J, Barber D. Recent trends in the prescribing of ADHD medications in Canadian primary care. J Atten Disord 2017. Epub July 1, 2017.
  • Chai G, Governale L, McMahon AW, Trinidad JP, Staffa J, Murphy D. Trends of outpatient prescription drug utilization in US children, 2002–2010. Pediatrics 2012;130:23–31. <https://doi.org/10.1542/peds.2011-2879>
  • Curtin SC, Osterman MJ, Uddin SF, Sutton SR, Reed PR. Source of payment for the delivery: births in a 33-state and District of Columbia reporting area, 2010. Natl Vital Stat Rep 2013;62:1–20.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ