一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)年齢15~24歳の思春期少女および若い女性における・・・

MMWR抄訳

rss

2018/01/12Vol. 67 / No. 1

MMWR67(1):29-32
Status of HIV Epidemic Control Among Adolescent Girls and Young Women Aged 15–24 Years — Seven African Countries, 2015–2017

年齢15~24歳の思春期少女および若い女性におけるHIV蔓延制御の現状 ― アフリカ7カ国、2015年~2017年

2016年では、東部および南部アフリカの年齢15~24歳の150万人の女性がヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染しており、思春期少女および若い女性のHIV感染症の有病率(3.4%)は同年齢範囲の男性(1.6%)の2倍以上である。サハラ以南のアフリカの思春期少女および若い女性のためのJoint United Nations Programme on HIV/AIDS(UNAIDS)の2020年目標[HIV感染者の90%が自身のHIV感染を認識、HIV感染者の90%が抗レトロウイルス治療(ART)に関する状態を認識、治療した90%でウイルスを抑制(HIVウイルス量<1,000 HIV RNAコピー/mL)]に向けた進展を、7カ国(レソト、マラウイ、スワジランド、ウガンダ、タンザニア、ザンビア、ジンバブエ)において実施された2015~2017年のPopulation-based HIV Impact Assessment(PHIA)のデータを使用して評価した。年齢15~24歳の思春期少女および若い女性におけるHIV感染症の有病率、自身の感染を認識している人の割合、感染を認識している人のうち、ウイルス抑制を達成した割合を算出した。すべてのHIV感染者におけるウイルス抑制の目標は、73%(90%×90%×90%)とした。7カ国では、32,273人の思春期少女および若い女性が調査のために登録され、29,949人がインタビューに参加し、このうち28,152人(94%)がバイオマーカー部分の調査に参加した。思春期少女および若い女性におけるHIV感染症の有病率は3.6%で、範囲は2.1%(タンザニア)~13.9%(スワジランド)であった。このグループでは、自身のHIV陽性状態を認識しているのは46.3%[範囲:40.1%(ザンビア)~70.2%(スワジランド)で、このうち、85.5%[範囲:77.9%(ザンビア)~89.7%(レソト)]で現在のART使用を報告した。 HIV陽性状態の認識または現在のART使用の報告の有無にかかわらず、すべてのHIV感染症の思春期少女および若い女性でウイルス量が抑制された割合は45.0%で、範囲は33.6%(ザンビア)~55.5%(スワジランド)であった。ARTの迅速な開始を確実にするために、思春期少女および若い女性のHIV感染症をできる限り早期に診断する全国的なHIVおよび公衆衛生プログラムによる持続的な努力は、この年代の女性の流行を抑制するのに役立つと考えられる。

References

  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). AIDSinfo. Geneva, Switzerland: UNAIDS; 2017. <http://aidsinfo.unaids.org/>
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). 90–90–90: an ambitious treatment target to help end the AIDS epidemic. Geneva, Switzerland: UNAIDS; 2014. <http://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/90-90-90_en.pdf>
  • United Nations Department of Economic and Social Affairs Population Division. Youth population trends and sustainable development. New York, New York: United Nations Department of Economic and Social Affairs Population Division; 2015. <http://www.un.org/esa/socdev/documents/youth/fact-sheets/YouthPOP.pdf>
  • US President’s Emergency Plan for AIDS Relief (PEPFAR). DREAMS: core package of interventions summary. Washington, DC: PEPFAR; 2017. <https://www.pepfar.gov/documents/organization/269309.pdf>
  • Abdool Karim Q, Baxter C, Birx D. Prevention of HIV in adolescent girls and young women: key to an AIDS-free generation. J Acquir Immune Defic Syndr 2017;75(Suppl 1):S17–26. <https://doi.org/10.1097/QAI.0000000000001316>
  • Kurth AE, Lally M, Choko AT, Inwani IW, Fortenberry JD. HIV testing and linkage to services for youth. J Int AIDS Soc 2015;(2 Suppl 1).
  • Huerga H, Shiferie F, Grebe E, et al. A comparison of self-report and antiretroviral detection to inform estimates of antiretroviral therapy coverage, viral load suppression and HIV incidence in Kwazulu-Natal, South Africa. BMC Infect Dis 2017;17:653. <https://doi.org/10.1186/s12879-017-2740-y>
  • Justman JE, Hoos D, Kalton G, et al. Real progress in the HIV epidemic: PHIA findings from Zimbabwe, Malawi, and Zambia. Presented at the Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections, Seattle, WA; February 13–16, 2017.
  • Nkambule R, Nuwagaba-Biribonwoha H, Mnisi Z, et al. Substantial progress in confronting the HIV epidemic in Swaziland: first evidence of national impact [Abstract]. Presented at the 9th IAS Conference on HIV Science, Paris, France; July 23–26, 2017.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ