一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)注射薬物使用者におけるHIV感染症とHIV関連行動・・・

MMWR抄訳

rss

2018/01/12Vol. 67 / No. 1

MMWR67(1):23-28
HIV Infection and HIV-Associated Behaviors Among Persons Who Inject Drugs — 20 Cities, United States, 2015

注射薬物使用者におけるHIV感染症とHIV関連行動 ― アメリカの20市、2015年

アメリカでは、2015年に診断されたヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症の9%が、注射薬物の使用に起因しており、その79%は都市部で発生した。 注射薬物使用者におけるHIV感染症の有病率および関連する行動を調査するために、CDCの National HIV Behavioral Surveillanceは、選択された大都市統計圏(MSA)でのインタビューとHIV検査を実施している。 20のMSAでの調整されたHIV有病率は7%であった。HIV有病率は黒人(11%)で白人(6%)よりも高く、国勢調査地域の南部で中西部および北東部よりも高かった。HIV感染の有病率は、過去12カ月間での男性同士の性行為を報告した注射薬物使用者で24%であった。HIV陰性者では、27%でシリンジの共有を受容し、67%は避妊具なしの膣内性行為を持ち、22%は避妊具なしの異性間の肛門性交があり、45%は複数の異性の性パートナーがいた。注射器共有の受容は白人(39%)でヒスパニック系(24%)および黒人(17%)よりも多く、注射器具の共有も同様のパターンであった。避妊具なしの膣内および異性との肛門性交は、白人で黒人よりも多かった。インタビュー前の12カ月間に、HIV陰性者の58%がHIV検査を受け、26%がHIV行動介入に参加し、52%が注射器サービスプログラムからの注射器を受け取り、34%は無菌の注射器を受けとった。これまでの HCVの検査は、参加者の82%によって報告されている。過去12カ月間にHIV検査を受けた割合は、白人(51%)で黒人(65%)およびヒスパニック系(62%)よりも少なかった。注射器サービスプログラムから注射器を受け取った注射薬物使用者は、南部で北東部、中西部、西部よりも減少し、無菌の注射器を受け取った注射薬物使用者は、南部および西部で北西部および中西部よりも減少した。注射薬物使用者において、健康保険加入者では未加入者と比べ、過去12カ月間にHIV感染の試験を受けた割合、HIV行動加入に参加した割合、これまでにHCV感染を試験した割合がそれぞれ増加した。最近のオピオイドの流行により、HIV感染のリスクのある新たな注射薬物使用者数が増加していることを考慮すると、これら集団に対する健康サービス、HIV予防プログラム、地域をベースとした戦略の継続と拡充の重要性が強調される。

References

  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2015. HIV surveillance report; vol. 27. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/hiv/library/reports/hiv-surveillance.html>
  • Wejnert C, Hess KL, Hall HI, et al. Vital signs: trends in HIV diagnoses, risk behaviors, and prevention among persons who inject drugs—United States. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1336–42. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6547e1>
  • Spiller MW, Broz D, Wejnert C, Nerlander L, Paz-Bailey G; CDC; National HIV Behavioral Surveillance System Study Group. HIV infection and HIV-associated behaviors among persons who inject drugs—20 cities, United States, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:270–5.
  • Peters PJ, Pontones P, Hoover KW, et al.; Indiana HIV Outbreak Investigation Team. HIV infection linked to injection use of oxymorphone in Indiana, 2014–2015. N Engl J Med 2016;375:229–39. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1515195>
  • Salganik MJ, Heckathorn DD. Sampling and estimation in hidden populations using respondent-driven sampling. Sociol Methodol 2004;34:193–240. <https://doi.org/10.1111/j.0081-1750.2004.00152.x>
  • Marks G, Crepaz N, Senterfitt JW, Janssen RS. Meta-analysis of high-risk sexual behavior in persons aware and unaware they are infected with HIV in the United States: implications for HIV prevention programs. J Acquir Immune Defic Syndr 2005;39:446–53. <https://doi.org/10.1097/01.qai.0000151079.33935.79>
  • Tempalski B, Pouget ER, Cleland CM, et al. Trends in the population prevalence of people who inject drugs in US metropolitan areas 1992– 2007. PLoS One 2013;8:e64789 10.1371/journal.pone.0064789. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0064789>
  • Branson BM, Handsfield HH, Lampe MA, et al.; CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR Recomm Rep 2006;55(RR-14).
  • Des Jarlais DC, Nugent A, Solberg A, Feelemyer J, Mermin J, Holtzman D. Syringe service programs for persons who inject drugs in urban, suburban, and rural areas—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1337–41. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6448a3>
  • Abdul-Quader AS, Feelemyer J, Modi S, et al. Effectiveness of structural-level needle/syringe programs to reduce HCV and HIV infection among people who inject drugs: a systematic review. AIDS Behav 2013;17:2878–92. <https://doi.org/10.1007/s10461-013-0593-y>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ