一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)民間の保険に加入している尿路感染症の妊婦への抗生物・・・

MMWR抄訳

rss

2018/01/12Vol. 67 / No. 1

MMWR67(1):18-22
Antibiotics Dispensed to Privately Insured Pregnant Women with Urinary Tract Infections — United States, 2014

民間の保険に加入している尿路感染症の妊婦への抗生物質の投与 ― アメリカ、2014年

尿路感染症(UTI)は妊婦の約8%に発生し、未治療のUTIは、腎盂腎炎、早期陣痛、低出生体重、敗血症をはじめとする重大な結果をもたらす。通常、妊婦は妊娠初期にUTIのスクリーニング検査を受け、細菌尿のある妊婦は抗生物質により治療される。抗生物質の適正使用は、患者の安全性の改善および抗生物質耐性との戦いのために極めて重要である。妊娠中の、スルホンアミドおよびニトロフラントインの使用に関連する無脳症、心臓欠損、口腔顔面裂をはじめとする出生異常の潜在的リスクのため、米国産科婦人科学会(ACOG)の2011年の意見書では、他の抗菌療法が臨床的に不適切と判断された時のみ、妊娠第1期でのスルホンアミドおよびニトロフラントインの処方が可能であると勧告した。これらの勧告の効果を調査するために、CDCはUTIの妊婦への抗生物質の処方をTruven Health MarketScan Commercial Databaseを使用して分析した。MarketScan Commercial Databaseは、民間の雇用者が資金提供する保険に加入している非雇用者および扶養家族の便宜的なサンプルを含んでいる。妊婦の同定および妊娠中の期間の推定のために、保険請求データを使用したアルゴリズムを構築した。2013~2015年のデータから、2014年では680,988件の妊娠が同定され、482,917件を分析した。これらのうち、34,864(7.2%)の妊婦は、妊娠90日前または妊娠中に、初めての外来でのUTIの請求があった。UTIの診断は妊娠第1期が最も多く(41.0%)、第3期(11.8%)が最も少なかった。全体で、妊娠期間中に外来受診の7日以内に抗生物質の処方を受けたUTIの女性の割合は68.9%であった。推定される最終月経期(LMP)以前の90日間では、抗生物質の処方を受けたUTIの女性の割合は76.1%であった。妊娠前と妊娠期間中では処方された抗生物質のタイプが異なり、フルオロキノロン(例、シプロフロキサシン)およびスルホンアミド(例、トリメトプリム-スルファメトキサゾール)は、どの妊娠期間中の妊婦と比べ、LMP前90日以内の女性により処方された。一方、ニトロフラントイン、セファロスポリン(例、セファレキシン)、ペニシリン(アモキシシリン)は、LMP前90日以内の女性と比べ、妊婦により処方された。妊娠第1期に最も多く処方された抗生物質は、ニトロフラントイン(34.7%)で、次いで、シプロフロキサシン(10.5%)、セファレキシン(10.3%)、トリメトプリム-スルファメトキサゾール(7.6%)であった。妊娠初期でのこれらの抗生物質の使用に伴う潜在的なリスク、および認識されていない妊娠の可能性を考慮すると、医療従事者はACOGの勧告に精通し、出産年齢の女性を治療する際の早期妊娠の可能性を考慮する必要がある。

References

  • Delzell JE Jr, Lefevre ML. Urinary tract infections during pregnancy. Am Fam Physician 2000;61:713–21.
  • U.S. Preventive Services Task Force. Screening for asymptomatic bacteriuria in adults: U.S. Preventive Services Task Force reaffirmation recommendation statement. Ann Intern Med 2008;149:43–7. <https://doi.org/10.7326/0003-4819-149-1-200807010-00009>
  • Crider KS, Cleves MA, Reefhuis J, Berry RJ, Hobbs CA, Hu DJ. Antibacterial medication use during pregnancy and risk of birth defects: National Birth Defects Prevention Study. Arch Pediatr Adolesc Med 2009;163:978–85. <https://doi.org/10.1001/archpediatrics.2009.188>
  • American College of Obstetricians and Gynecologists Committee on Obstetric Practice. ACOG committee opinion no. 494: sulfonamides, nitrofurantoin, and risk of birth defects. Obstet Gynecol 2011;117:1484–5. <https://doi.org/10.1097/AOG.0b013e3182238c57>
  • Ailes EC, Simeone RM, Dawson AL, Petersen EE, Gilboa SM. Using insurance claims data to identify and estimate critical periods in pregnancy: an application to antidepressants. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2016;106:927–34. <https://doi.org/10.1002/bdra.23573>
  • Kobayashi M, Shapiro DJ, Hersh AL, Sanchez GV, Hicks LA. Outpatient antibiotic prescribing practices for uncomplicated urinary tract infection in women in the United States, 2002–2011. Open Forum Infect Dis 2016;3:ofw159. <https://doi.org/10.1093/ofid/ofw159>
  • McEwen LN, Farjo R, Foxman B. Antibiotic prescribing for cystitis: how well does it match published guidelines? Ann Epidemiol 2003;13:479–83. <https://doi.org/10.1016/S1047-2797(03)00009-7>
  • Ailes EC, Gilboa SM, Gill SK, et al. Association between antibiotic use among pregnant women with urinary tract infections in the first trimester and birth defects, National Birth Defects Prevention Study 1997 to 2011. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2016;106:940–9. <https://doi.org/10.1002/bdra.23570>
  • Sanchez GV, Fleming-Dutra KE, Roberts RM, Hicks LA. Core elements of outpatient antibiotic stewardship. MMWR Recomm Rep 2016;65:1–12. <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6506a1>
  • Finer LB, Zolna MR. Declines in unintended pregnancy in the United States, 2008–2011. N Engl J Med 2016;374:843–52. <https://doi.org/10.1056/NEJMsa1506575>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ