一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)退役軍人におけるたばこ製品の使用 ― アメリカ、2・・・

MMWR抄訳

rss

2018/01/12Vol. 67 / No. 1

MMWR67(1):7-12
Tobacco Product Use Among Military Veterans — United States, 2010–2015

退役軍人におけるたばこ製品の使用 ― アメリカ、2010~2015年

2015年、アメリカにおける退役軍人数は1,880万人と推定された。退役軍人におけるたばこ関連疾患の有病率は高いが、たばこ製品の使用に関するデータは不足している。CDCはNational Survey on Drug Use and Healthのデータから、喫煙状況および5種類のたばこ製品(紙巻たばこ、葉巻、手巻たばこ、パイプ、無煙たばこ)の使用状況について解析した。その結果、退役軍人の29.2%が現在(現在または過去30日以内)喫煙中であった。使用するたばこ製品は紙巻たばこが最も多く(21.6%)、次いで葉巻(6.2%)、無煙たばこ(5.2%)、手巻たばこ(3.0%)およびパイプ(1.5%)の順であった。現喫煙者の7.0%が、2種類以上の製品を使用していた。たばこ製品の種類にかかわらず、現在喫煙率が高いグループは、年齢が18~25歳(56.8%)、ヒスパニック系(34.0%)、高卒未満(37.9%)、世帯年収が2万ドル未満(44.3%)、貧困レベルの生活(53.7%)、結婚の経験なし(43.4%)、深刻な精神疾患に罹患(48.2%)、医療保険未加入者(60.1%)であった。非軍人と比べ、退役軍人の現在喫煙率は50歳以上の男性を除く全ての年齢/性別層で高かった。また、50歳以上の退役軍人を除く全ての階層で、男性が女性よりも高かった。禁煙(生涯に100本以上の喫煙経験があるが、最近12カ月は喫煙していない)率は、一部(18~25歳の女性および50歳以上の男性および女性)を除く全ての年齢/性別層で、退役軍人と非軍人との間に有意差は認められなかった。エビデンスに基づく介入により、退役軍人のたばこ使用を低減し、たばこ関連疾患の有病率および死亡率の低減が図られる。その方法として、現在の軍人および退役軍人を対象に禁煙を推奨する、基地や退役軍人局の医療施設を禁煙にする、基地におけるたばこ製品購入の年齢制限を21歳に引き上げる、軍人用小売店を通したたばこ製品の値引き販売の制限、などが考えられる。

References

  • US Census Bureau. FFF: Veterans Day 2016: Nov. 11. Suitland, Maryland: US Census Bureau; 2016. <https://www.census.gov/newsroom/facts-for-features/2016/cb16-ff21.html>
  • Barnett PG, Hamlett-Berry K, Sung HY, Max W. Health care expenditures attributable to smoking in military veterans. Nicotine Tob Res 2015;17:586–91. <https://doi.org/10.1093/ntr/ntu187>
  • US Department of Health and Human Services. National Survey on Drug Use and Health. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2017. <https://nsduhweb.rti.org/respweb/homepage.cfm>
  • Klesges RC, DeBon M, Vander Weg MW, et al. Efficacy of a tailored tobacco control program on long-term use in a population of U.S. military troops. J Consult Clin Psychol 2006;74:295–306. <https://doi.org/10.1037/0022-006X.74.2.295>
  • Haddock CK, Taylor JE, Hoffman KM, et al. Factors which influence tobacco use among junior enlisted personnel in the United States Army and Air Force: a formative research study. Am J Health Promot 2009;23:241–6. <https://doi.org/10.4278/ajhp.070919100>
  • US Secretary of Defense. Memorandum for secretaries of the military departments. Washington, DC: US Secretary of Defense; 2016. <http://www.med.navy.mil/sites/nmcphc/Documents/health-promotion-wellness/tobacco-free-living/INCOMING-CARTER-Tobacco-Policy-Memo.pdf>
  • Nelson JP, Pederson LL. Military tobacco use: a synthesis of the literature on prevalence, factors related to use, and cessation interventions. Nicotine Tob Res 2008;10:775–90. <https://doi.org/10.1080/14622200802027123>
  • Haddock CK, Hyder ML, Poston WS, Jahnke SA, Williams LN, Lando H. A longitudinal analysis of cigarette prices in military retail outlets. Am J Public Health 2014;104:e82–7. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2013.301660>
  • Campaign for Tobacco-Free Kids. Raising the tobacco sale age to 21 and the military. Washington, DC: Campaign for Tobacco-Free Kids; 2017. <https://www.tobaccofreekids.org/assets/factsheets/pdf/0388.pdf>
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ