一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)産業別および職種別による就労中の労作頻度と立ち頻度・・・

MMWR抄訳

rss

2018/01/12Vol. 67 / No. 1

MMWR67(1):1-6
Frequent Exertion and Frequent Standing at Work, by Industry and Occupation Group — United States, 2015

産業別および職種別による就労中の労作頻度と立ち頻度 ― アメリカ、2015年

職業において腰をかがめたり、ひねったりするなどの労作や立ちっぱなしなどの人間工学的な有害性を継続しては、筋骨格系障害を引き起こすことがある。アメリカにおける作業関連筋骨格系障害の直接および間接的なコストは、毎年約26億ドルに上ると推計される。CDCは、インタビュー形式の調査であるNational Health Interview SurveyのOccupational Health Supplementの2015年のデータから、どの産業や職種にこの障害が多いかを解析した。その結果、現在雇用されており、週の労働時間が20時間以上の成人の39.5%が労作や立ち仕事の頻度が高いと回答した。労作または立ちっぱなしいずれかの頻度が高い、との回答は、男性、18~29歳、ヒスパニック系、高卒以下の学歴を有する労働者で多かった。主要20産業別では、労作と立ち仕事の頻度の高い産業は、農林/水産/狩猟業(70.9%)、建築業(67.2%)、宿泊/外食サービス業(57.7%)であった。この3業種は、労作と立ち仕事のそれぞれにおいても頻度が高かった。双方の、またはそれぞれの頻度が最も低い産業は、金融、保険業であった。主要22職種別では、建設および資源採掘職(76.9%)、農林水産職(75.5%)、ビル/屋外の清掃および保守職(74.0%)の3職種にて、労作と立ち仕事のの双方、または労作の頻度が高かった。立ち仕事の頻度は、食品の調理および給仕関連職(97.2%)で最も高かった。労作と立ち仕事の頻度が最も低い職種は、コンピューターおよび数理処理職(4.6%)であった。人間工学的な有害性は産業および職種ごとに大幅に異なり、作業に関連した筋骨格系障害を予防するために、対象を定めた介入が必要である。

References

  • Bernard BP. Musculoskeletal disorders and workplace factors: a critical review of epidemiologic evidence for work-related musculoskeletal disorders of the neck, upper extremity, and low back. DHHS (NIOSH) publication no. 97–141;1997.
  • Bhattacharya A. Costs of occupational musculoskeletal disorders (MSDs) in the United States. Int J Ind Ergon 2014;44:448–54. <https://doi.org/10.1016/j.ergon.2014.01.008>
  • Waters TR, Dick RB. Evidence of health risks associated with prolonged standing at work and intervention effectiveness. Rehabil Nurs 2015;40:148–65. <https://doi.org/10.1002/rnj.166>
  • Tak S, Calvert GM. The estimated national burden of physical ergonomic hazards among US workers. Am J Ind Med 2011;54:395–404. <https://doi.org/10.1002/ajim.20883>
  • Lee SJ, Tak S, Alterman T, Calvert GM. Prevalence of musculoskeletal symptoms among agricultural workers in the United States: an analysis of the National Health Interview Survey, 2004–2008. J Agromed 2014;19:268–80. <https://doi.org/10.1080/1059924X.2014.916642>
  • Boschman JS, van der Molen HF, Sluiter JK, Frings-Dresen MH. Occupational demands and health effects for bricklayers and construction supervisors: a systematic review. Am J Ind Med 2011;54:55–77. <https://doi.org/10.1002/ajim.20899>
  • Choi SD, Hudson L, Kangas P, Jungen B, Maple J, Bowen C. Occupational ergonomic issues in highway construction surveyed in Wisconsin, United States. Ind Health 2007;45:487–93. <https://doi.org/10.2486/indhealth.45.487>
  • van Uffelen JGZ, Wong J, Chau JY, et al. Occupational sitting and health risks: a systematic review. Am J Prev Med 2010;39:379–88. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2010.05.024>
  • Coenen P, Willenberg L, Parry S, et al. Associations of occupational standing with musculoskeletal symptoms: a systematic review with meta-analysis. Br J Sports Med 2016;0:1–9.
  • da Costa BR, Vieira ER. Risk factors for work-related musculoskeletal disorders: a systematic review of recent longitudinal studies. Am J Ind Med 2010;53:285–323.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ