一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)バイタルサイン:成人におけるHIV検査および診断-・・・

MMWR抄訳

rss

2010/12/03Vol. 59 / No. 47

MMWR59(47):1550-1555
Vital Signs: HIV Testing and Diagnosis Among Adults - United States, 2001-2009

バイタルサイン:成人におけるHIV検査および診断-アメリカ、2001~2009年

アメリカにおけるHIV検査、HIVおよびAIDS診断の傾向について、National Health Interview Survey (NHIS)から2001~2009年のデータを分析した。2008年、18~64歳におけるHIV検査率は44.6%(18~24歳:33.9、 25~34歳:57.8、35~44歳:56.7%)であり、人種別では白人(40.9%)に比べ黒人/アフリカ系(61.8%)、ヒスパニック/ラテン系:47.6%にて高かった。HIV検査率は2001~2006年は約40%を維持、2009年には45.0%に増加(約8,290万人)し、HIV診断の遅れは2001~2004年は約37%を維持、2007年には32.2%に減少した。2008年、報告システムが確立している37州にて、HIVと診断された症例は約40,000例(29.9/10万人)で、男性が75.0%、黒人/アフリカ系が51.2%を占めた。診断率は黒人/アフリカ系が10万人あたり112.1と白人(12.6)の約9倍、ヒスパニック/ラテン系(40.5)の約3倍の高値であった。感染経路は男性間の性行為(55.0%)、異性間の接触(31.8%)、静注ドラッグ(10.0%)の順であった。2008年、50州およびDCにおけるAIDS診断率(18~64歳)は、10万人あたり2.0(サウスダコタ州)~130.1 (DC)であった。以上、アメリカにおけるHIV検査率は増加傾向にあるが、約1/3の症例については依然として診断が遅れており、HIV感染リスクの高いゲイ、両性愛者など男性間の性行為を行う男性は少なくとも年1回検査を受けるべきである。

References

  • Hall HI, Song R, Rhodes P, et al. Estimation of HIV incidence in the United States JAMA 2008;300:520-9.
  • Brookmeyer R. Reconstruction and future trends of the AIDS epidemic in the United States. Science 1991;253:37-42.
  • Lohse N, Hansen AB, Pedersen G, et al. Survival of persons with and without HIV infection in Denmark, 1995-2005. Ann Intern Med 2007;146:87-95.
  • Campsmith, ML, Rhodes PH, Hall HI, et al. Undiagnosed HIV prevalence among adults and adolescents in the United States at the end of 2006. J Acquir Immune Defic Syndr 2010;53:619-24.
  • CDC. HIV prevalence estimates-United States, 2006. MMWR 2008;57:1073-6.
  • Hall HI, McDavid K, Ling Q, Sloggett A. Determinants of progression to AIDS or death after HIV diagnosis, United States, 1996 to 2001. Ann Epidemiol 2006;16:824-33.
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS Strategy. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://www.whitehouse.gov/administration/eop/onap/nhas>. Accessed November 10, 2010.
  • CDC. Persons tested for HIV-United States, 2006. MMWR 2008;57:845-9.
  • Marks G, Crepaz N, Janssen RS. Estimating sexual transmission of HIV from persons who are unaware and aware that they are infected with the virus in the USA. AIDS 2006; 20: 1447-50.
  • Quinn TC, Wawer MJ, Sewankambo N, et al. Viral load and heterosexual transmission of human immunodeficiency virus type 1. N Engl J Med 2000;342:921-9.
  • Tovanabutra S, Robison V, Wongtrakul J, et al. Male viral load and heterosexual transmission of HIV-1 subtype E in northern Thailand. J Acquir Immune Defic Syndr 2002;29:275-83.
  • Schackman BR, Gebo KA, Walensky RP, et al. The lifetime cost of current human immunodeficiency virus care in the United States. Medical Care 2006;44:990-7.
  • CDC. HIV Prevention Strategic Plan: extended through 2010. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/resources/reports/psp/index.htm>. Accessed November 15, 2010.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • CDC. Prevalence and awareness of HIV infection among men who have sex with men-21 cities, United States, 2008. MMWR 2010;59:1201-7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ