一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)国立公園内での自殺-アメリカ、2003~2009年

MMWR抄訳

rss

2010/12/03Vol. 59 / No. 47

MMWR59(47):1546-1549
Suicides in National Parks - United States, 2003-2009

国立公園内での自殺-アメリカ、2003~2009年

アメリカにおける自殺者数は最新の2007年データにて34,598名(人口10万人あたり11.3、男性:79%)であり、2009年における自己加害損傷による病院の救急外来受診者は374,486名、うち262,000名(70%)は自殺行為によるものと推定されている。自殺の多く(77%)は自宅にて発生するが、中には国立公園を含む公共の施設にて起こることがある。今回、CDCはNational Park Service (NPS)とともに、2003~2009年の国立公園内にて発生した自殺イベント(自殺および自殺企図)に関するデータの分析を行った。この7年間、84 の国立公園から286件の自殺イベント[自殺:194(68%)、自殺企図:92(32%)]が報告され、年平均発生数は自殺:28(22~37)件、自殺企図:13(7~21)件であった。6つの国立公園では10件以上発生し、ブルーリッジパークウェイおよびグランドキャニオン国立公園ではともに21件発生していた。自殺方法は崖や橋からの飛び降り(19%)、車で崖から転落するなどの交通事故(6%)が多いことを特徴とし(全国的には飛び降り:2%、交通事故:<1%)、銃による自殺(33%)、飛び降り(19%)、窒息(9%)、服毒(7%)、切創/切断(6%)、交通事故(6%)の順であった。自殺者194名のうち、男性が83%(全国的には79%)、年齢は43(16~84)歳、6月(22件)、8月(21件)、1月(21件)に多く発生していた。自殺企図は7月(17件)、5月(11件)に多く発生していた。国立公園内での自殺イベントの抑制には地域における防止プログラムと連携し、さらに危険な場所への立ち入りを阻止および制限するなどの措置が有効であると思われる。

References

  • CDC. WISQARS (Web-based Injury Statistics Query and Reporting System). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars>. Accessed June 17, 2009.
  • CDC. Nonfatal self-inflicted injuries treated in hospital emergency departments-United States, 2000. MMWR 2002;51:436-8.
  • CDC. Surveillance for violent deaths-National Violent Death Reporting System, 16 states, 2007. MMWR 2010;59(No. SS-4).
  • National Park Service. Reference manual 55: incident management program. Washington, DC: National Park Service; 2007. Available at <http://www.nps.gov/policy/rm55manual.pdf>. Accessed November 24, 2010.
  • Heggie TW, Heggie TM, Kliewer C. Recreational travel fatalities in US national parks. J Travel Med 2008:15:404-11.
  • Knox KL, Conwell Y, Caine ED. If suicide prevention is a public health problem, what are we doing to prevent it? Am J Public Health 2004;94:37-45.
  • Goldsmith SK, Pellmar TC, Kleinman AM, Bunney WE, eds. Reducing suicide: a national imperative. Washington, DC: National Academy Press; 2002.
  • National Institute for Mental Health in England. Guidance on action to be taken at suicide hotspots. Leeds, UK: National Institute for Mental Health in England; 2006. Available at <http://www.nmhdu.org.uk/silo/files/guidance-on-action-to-be-taken-at- suicide-hotspots.pdf>. Accessed June 4, 2010.
  • Daigle MS. Suicide prevention through means restriction: assessing the risk of substitution. A critical review and synthesis. Accid Anal Prev 2005;37:625-32.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ