一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)結核患者における死亡率とHIV状態との関連-アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/11/26Vol. 59 / No. 46

MMWR59(46):1509-1513
Mortality Among Patients with Tuberculosis and Associations with HIV Status - United States, 1993-2008

結核患者における死亡率とHIV状態との関連-アメリカ、1993~2008年

結核の発症率は、主にHIV流行のため世界中で増加している(1990年:125例/10万人、2004年:142例/10万人)。医療資源が限られた地域でのデータは結核患者におけるHIV感染症と死亡との強力な関連を示すが、医療資源が豊富なアメリカの結核患者におけるHIV流行の影響は明らかになっていない。アメリカにおける結核治療中の死亡リスクに対するHIVの影響を検討するため、1993~2008年の全ての培養陽性結核患者のデータを分析した (死亡データは2006年までの報告例に限定)。結核患者におけるHIV検査結果の判明率は1993年の36%(6,015/1,6507例)から 2008年には79%(6,234/7,872例)に増加した。結核患者における結核治療中の死亡率は1993年の18%(2,445/13,629例) から2006年には9%(682/7,578例)に低下した。HIV感染結核患者における結核治療中の死亡率も1993年の41%(950/2,337 例)から1997年には21%(299/1,393例)、2006年には20%(131/663例)に低下し、HIV非感染患者における治療中の死亡率も 1993年の8%(213/2,705例)から2006年には5%(281/5,315例)に低下した。しかしHIV状態不明の結核患者の治療中の死亡率は1993年(15%[1,282/8,587例])以降低下しなかった。死亡後の結核診断率はHIV感染患者で1993年の7%(191/2,927 例)から2006年には4%(32/768例)に低下し、HIV非感染患者でも1993年の2%(53/3,080例)から2006年には1%(31 /5,762例)に低下したが、HIV状態不明者では1993年 (1993年:6%[624/10,468例]) 以降低下がみられなかった。2007~2008年の結核患者におけるHIV検査の実施率は、一部の人口統計学的サブグループで全体の実施率よりも低かった (4歳以下群51%、5~14歳群66%、65歳以上群56%、非ラテンアメリカ系白人70%)。以上、アメリカにおけるHIV感染結核患者の死亡率は高活性抗レトロウイルス治療の利用拡大と結核患者のHIV検査実施率の増加によりかなり低下したが、2006年には約1/4の結核患者がHIV状態不明であり、HIV感染結核患者の約20%が死亡していた。結核患者におけるHIV検査実施率の増加、HIV感染者における結核スクリーニングの改善、結核と HIV感染症の早期治療開始、結核予防対策などによって、死亡率はさらに低下する可能性がある。

References

  • World Health Organization. Global tuberculosis control 2010. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.who.int/tb/publications/global_report/2010>. Accessed on November 19, 2010.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • Mukadi YD, Maher D, Harries A. Tuberculosis case fatality rates in high HIV prevalence populations in sub-Saharan Africa. AIDS 2001;15:143-52.
  • Manosuthi W, Chottanapand S, Thongyen S, Chaovavanich A, Sungkanuparph S. Survival rate and risk factors of mortality among HIV/tuberculosis-coinfected patients with and without antiretroviral therapy. J Acquir Immune Defic Syndr 2006;43:42-6.
  • Sterling TR, Pham PA, Chaisson RE. HIV infection-related tuberculosis: clinical manifestations and treatment. Clin Infect Dis 2010;50(Suppl 3):S223-30.
  • King L, Munsiff SS, Ahuja SD. Achieving international targets for tuberculosis treatments success among HIV-positive patients in New York City. Int J Tuberc Lung Dis 2010;14:1613-20.
  • Cain KP, Anekthananon T, Burapat C. Causes of death in HIV-infected persons who have tuberculosis, Thailand. Emerg Infect Dis 2009;15:258-64.
  • CDC. Guidelines for prevention and treatment of opportunistic infections in HIV-infected adults and adolescents: recommendations from CDC, the National Institutes of Health, and the HIV Medicine Association of the Infectious Diseases Society of America. MMWR 2009;58(No. RR-4).
  • Reid A, Scano F, Getahun H. Towards universal access to HIV prevention, treatment, care, and support: the role of tuberculosis/HIV collaboration. Lancet Infect Dis 2006;6:483-95.
  • Akolo C, Adetifa I, Shepperd S, Volmink J. Treatment of latent tuberculosis infection in HIV infected persons. Cochrane Database Syst Rev 2010;Jan 20:CD000171.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ