一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)シリンジ交換プログラム-アメリカ、2008年

MMWR抄訳

rss

2010/11/19Vol. 59 / No. 45

MMWR59(45):1488-1491
Syringe Exchange Programs - United States, 2008

シリンジ交換プログラム-アメリカ、2008年

シリンジ交換プログラム(SEPs)はHIV、B型およびC型肝炎ウイルスなど、血液を介する病原菌による感染リスクを低下させることを目的に、静注薬物使用者(IDUs)から使用済みの注射器を回収し、無菌の注射器と交換するプログラムである。2009年3月現在、SEPは36州、ワシントンDC、プエルトリコにて計184プログラムが進行しており、うち123プログラム(67%、29州98都市およびDC)の責任者が今回の調査に参加した。2008年、これら123 SEPsにおいて約2,910万本のシリンジが交換され、その予算は報告のあった120 SEPsにて計2,130万ドル(プログラムあたり300ドル~230万ドル、中央値:63,258ドル)、予算の分布は<25,000ドル:32%、 25,000~100,000ドル:34%、100,000ドル:37%であった。財政的援助に関しては120 SEPsのうち79%が公的援助を受けていた(総額1,680万ドル、1994~1995年は62%)。また、交換したシリンジの数による分類では、<10,000本:20 SEPs(全体に占める割合は0.2%)、10,000~55,000本:33(3.4%)、55,000~499,999本:54(34.1%)、 500,000本以上:15(62.3%)であった。SEPでは注射器の交換と同時に、様々なサービスが提供され、ほぼすべてのSEP(98%)にて男性にコンドームが配布され、89%にて薬物乱用の治療を受けるよう医療機関が紹介された。他にHIVおよびHCVカウンセリングおよび検査がそれぞれ 87%、65%、性感染症スクリーニングが55%、結核のスクリーニングが31%にて行われ、A型およびB型肝炎のワクチン接種はそれぞれ47%、49% にて行われた。このプログラムにより血液を介して感染する感染症の拡大が防止され、また、薬物中毒の治療やHIV、HCV、結核などの検査やスクリーニングを提供する公的医療機関へのアクセスが増加するものと思われる。

References

  • National Institute on Drug Abuse. Principles of HIV prevention in drug-using populations: a research based guide. Bethesda, MD: National Institutes of Health; 2002. NIH publication no. 02-4733. Available at <http://www.nida.nih.gov/pohp/faq_1.html>. Accessed November 10, 2010.2. CDC. Syringe exchange programs-United States, 2005. MMWR 2007;56:1164-7.
  • Des Jarlais D, McKnight C, Goldblatt C, Purchase D. Doing harm reduction better: syringe exchange in the United States. Addiction 2009;104:1441-6.
  • Academy for Educational Development. Preventing blood-borne infections among injection drug users: a comprehensive approach. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2000. Available at <http://www.cdc.gov/idu/pubs/ca/comprehensive-approach.pdf>. Accessed November 10, 2010.
  • Institute of Medicine. Preventing HIV infection among injecting drug users in high risk countries: an assessment of the evidence. Washington, DC: The National Academies Press; 2006.
  • Palmateer N, Kimber J, Hickman M, Hutchinson S, Rhodes T, Goldberg D. Evidence for the effectiveness of sterile injecting equipment provision in preventing hepatitis C and human immunodeficiency virus transmission among injecting drug users: a review of reviews. Addiction 2010;105:844-59.
  • Hall HI, Song R, Rhodes P, et al. HIV Incidence Surveillance Group. Estimation of HIV incidence in the United States. JAMA 2008;300:520-9.
  • CDC. Surveillance for viral hepatitis-United States, 2007. MMWR 2009;58(No. SS-3).
  • Belani HK, Muennig PA. Cost-effectiveness of needle and syringe exchange for the prevention of HIV in New York City. J HIV AIDS Soc Serv 2008;7:229-40.
  • Des Jarlais DC, Perlis T, Arasteh K, et al. Reductions in hepatitis C virus and HIV infections among injecting drug users in New York City, 1990-2001. AIDS 2005;19(Suppl 3):S20-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ