一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)大規模ハブ空港における喫煙制限-アメリカ、2002・・・

MMWR抄訳

rss

2010/11/19Vol. 59 / No. 45

MMWR59(45):1484-1487
Smoking Restrictions in Large-Hub Airports - United States, 2002 and 2010

大規模ハブ空港における喫煙制限-アメリカ、2002および2010年

アメリカにおける昨年(2009年)の航空機を利用した旅客者(69,600万人)の1%以上が利用した空港を大規模ハブ空港とし、このハブ空港における禁煙制限の状況についてCDCによる分析が行われ、2002年のデータと比較された。大規模ハブ空港は2002年:31、2010年:29空港が該当し、屋内が禁煙であった空港は2010年:22(76%)、2002年:13(42%)と増加していたが、2010年に屋内での喫煙を許可していた7空港のうち 3空港(ハーツフィールドジャクソンアトランタ国際空港、ダラス/フォートワース国際空港、デンバー国際空港)は旅客数上位5位以内の空港であった。空港の屋内外すべてを禁煙としている空港はなく、屋外に喫煙場所を設定している空港は2010年:23(79%)、2002年:21(68%)、空港の入り口から10~30フィート以内を禁煙区域としていた空港は2010年:20(69%)、2002年:19(61%)であった。州法により職場や公共施設での喫煙が禁止されている州でも空港は喫煙を許可し(コロラド、ユタ州など)、また、出入口から近い距離内に喫煙場所を設定するする空港も認められた。旅行者および空港労働者の二次喫煙(SHS)リスクを低下させるためにも、空港の全面禁煙化の推進は重要であると思われる。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/secondhandsmoke/report /fullreport.pdf>. Accessed November 10, 2010.
  • Federal Aviation Administration. Passenger boarding (enplanement) and all-cargo data for U.S. airports. Commercial service airports (primary and nonprimary). CY09 passenger boardings. October 2010. Available at <http://www.faa.gov/airports/planning_capacity/passenger_allcargo_stats /passenger/media/cy09_cs_enplanements.xls>. Accessed November 10, 2010.
  • CDC. Survey of airport smoking policies-United States, 2002. MMWR 2004;53:1175-8.
  • Americans for Nonsmokers’ Rights Foundation. Smoking policies in the 30 busiest U.S. airports. October 1, 2010. Berkley, CA: American Nonsmokers’ Rights Foundation; 2010. Available at <http://www.no-smoke.org/pdf/smokingpoliciesbusiestairports.pdf>. Accessed November 10, 2010.
  • Institute of Medicine. Secondhand smoke exposure and cardiovascular effects: making sense of the evidence. Washington, DC: The National Academies Press; 2010.
  • Legacy Tobacco Documents Library. Airport strategy plan, 1990. Available at <http://legacy.library.ucsf.edu/tid/ajm30c00>. Accessed November 10, 2010.
  • Legacy Tobacco Documents Library. City of Atlanta and Philip Morris Incorporated: an agreement to accept funds for the construction of glass enclosed smoking areas at Hartsfield Atlanta International Airport, 1994. Available at <http://legacy.library.ucsf.edu/tid/vru50b00>. Accessed November 10, 2010.
  • Pion M, Givel MS. Airport smoking rooms don’t work. Tob Control 2004;13(Suppl 1):i37-40.
  • Lee K, Hahn EJ, Robertson L, Whitten L, Jones LK, Zahn B. Air quality in and around airport enclosed smoking rooms. Nicotine Tob Res 2010;12:665-8.
  • California Environmental Protection Agency, Air Resources Board. Environmental tobacco smoke: a toxic air contaminant. Fact sheet. October, 18, 2006. Available at <http://www.arb.ca.gov/toxics/ets/factsheetets.pdf>. Accessed November 10, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ