一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)最新情報:コレラのアウトブレイク-ハイチ、2010・・・

MMWR抄訳

rss

2010/11/19Vol. 59 / No. 45

MMWR59(45):1473-1479
Update: Cholera Outbreak - Haiti, 2010

最新情報:コレラのアウトブレイク-ハイチ、2010年

ハイチでのコレラのアウトブレイクは2010年10月19日にHaitian Ministry of Public Health and Population (MSPP)へ急性水性下痢と脱水症状を呈する異常に多い患者数と死亡する症例があるとの報告があり、National Public Health Laboratory (LNSP)によりVibrio choleraO1(血清型Ogawa)が検出されたことから始まった。その後、症例は増加し、11月13日現在、MSPPには急性水性下痢による入院患者が 16,111例、コレラによる死亡者が992例(うち620例は入院患者、入院患者における致死率は3.8%)が報告されている。患者は Artibonite県にて最も多く、症例の63%、死亡者の62%を占めている。CDCによる遺伝子分析では、今回のアウトブレイク株はV.choleraeO1、血清型:Ogawa、生物型:El Tor、PulseNetPFGEパターンはKZGN11.0092/KZGS12.0088と確認され、現在、全ゲノム配列(WGS)分析が行われている。抗菌薬感受性検査ではアジスロマイシン感受性、シプロフロキサシン弱感受性およびフラゾリドン耐性が確認されている。抗菌薬の投与は重症例のみを対象とし、非妊娠成人および小児はドキシサイクリン単回投与、妊娠女性などその他の症例にはアジスロマイシンを含むレジメンが推奨されている。MSPP、 Pan American Health Organization(PAHO)、CDCは毎日サーベイランスを行うと同時に、急性水性下痢には経口補液療法(ORS)を行い、医療機関を受診するよう奨励している。また、感染予防のため飲料水を処理し、手洗い、衛生設備、食事の準備や清掃に関する通達を出し、症例の治療にあたる施設において、これらの実施と情報の開示が進められている。

References

  • Pollitzer R, Swaroop S, Burrows W. Cholera. Monogr Ser World Health Organ 1959;58:1001-19.
  • Guerra F. American and Filipino epidemiology, 1492-1898. Madrid, Spain: Ministry of Health and Consumption; 1999.
  • Bordes A. Vol. 2. Médecine et santé publique sous l’occupation Américaine, 1915-1934. In: Évolution des sciences de la santé et de l’hygiène publique en Haïti. Port-au-Prince, Haiti: Centre d’Hygiène Familiale. Imprimerie Deschamps; 1979.
  • World Health Organization. Cholera, 2009. Wkly Epidemiol Rec 2010;85:293-308.
  • Wachsmuth IK, Blake PA, Olsvik O, eds. Vibrio cholerae and cholera: molecular to global perspectives. Washington, DC: ASM Press; 1994:293-5.
  • World Health Organization and UNICEF. Progress on sanitation and drinking water: 2010 update. Geneva, Switzerland: WHO Press; 2010. Available at <http://www.who.int/water_sanitation_health/publications/9789241563956 /en/index.html>. Accessed November 16, 2010.
  • Swerdlow DL, Ries AA. Cholera in the Americas: guidelines for the clinician. JAMA 1992;267:1495-9.
  • United Nations Office for the Coordination of Humanitarian Affairs, Haiti. Situation report no. 7. October 28, 2010. Available at <http://www.reliefweb.int/rw/rwfiles2010.nsf/filesbyrwdocunidfilename /mmah-8ap826-full_report.pdf/$file/full_report.pdf>. Accessed November 16, 2010.
  • CDC. Traveler’s health. Outbreak notice: cholera in Haiti. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://wwwnc.cdc.gov/travel/content/outbreak-notice/haiti- cholera.aspx>. Accessed November 16, 2010.
  • Finelli L, Swerdlow D, Mertz K, Ragazzoni H, Spitalny K. Outbreak of cholera associated with crab brought from an area with epidemic disease. J Infect Dis 1992;166:1433-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ