一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)バイタルサイン:健康保険の加入と受療行動-アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/11/12Vol. 59 / No. 44

MMWR59(44):1448-1454
Vital Signs: Health Insurance Coverage and Health Care Utilization - United States, 2006-2009 and January-March 2010

バイタルサイン:健康保険の加入と受療行動-アメリカ、2006~2009年と2010年1月~3月

アメリカにおける健康保険未加入者の増加は、個人の健康や社会的費用と関連している。何百万人という保険未加入者が医療費の心配から必要な受療を控えることによって、健康状態はより不良となりより多額の医療費が長期間かかる可能性がある。健康保険未加入者の数や特徴を調査し、健康保険未加入と受療抑制レベルとの関係を検討するため、CDCはNational Health Interview Survey(NHIS)の2006~2009年および2010年1月~3月のデータを分析した。2010年1月~3月には約5,910万人が少なくとも調査前1年間に健康保険未加入時期があり、未加入者の数は2008年の5,640万人、2009年の5,870万人からさらに増加した。2009年の未加入者5,870万人のうち4,860万人(82.6%)は18~64歳の成人、950万人(16.2%)は17歳以下であった。成人群のうち世帯収入が連邦貧困レベル(2009年:4人家族で約43,000~65,000ドル)の2~3倍の群は、2006年から2009年にかけて未加入者の数(2006 年:800万人、2009年:970万人)と未加入率(それぞれ27.8%、32.1%)が最も多く増加した。成人群の保険未加入者は保険継続者(調査前 12ヶ月間)に比べて、医療費が原因で必要な受療を控えた割合が7倍高かった(それぞれ27.6%、4.0%)。また成人群の糖尿病・高血圧症・喘息患者における受領抑制率は、保険未加入者(それぞれ47.5%、42.7%、40.8%)が保険継続者(7.7%、6.7%、8.0%)に比べて5~6倍高かった。アメリカでは健康保険未加入者が増加しており、受療抑制の増加と関連していることが明らかになった。健康保険の加入継続率を高めることにより受療抑制率が低下し、疾患による合併症や長期支出が避けられる可能性がある。

References

  • Anderson GF. From ‘soak the rich’ to ‘soak the poor’: recent trends in hospital pricing. Health Aff (Millwood) 2007;26: 780-9.
  • Freeman JD, Kadiyala S, Bell JF, Martin DP. The causal effect of health insurance on utilization and outcomes in adults: a systematic review of US studies. Med Care 2008;46: 1023-32.
  • Gruber J. Covering the uninsured in the United States. Journal of Economic Literature 2008;46:571-606.
  • McWilliams JM, Meara E, Zaslavsky AM, Ayanian JZ. Use of health services by previously uninsured Medicare beneficiaries. N Engl J Med 2007;357:143-53.
  • Partnership for Solutions. Chronic care: making the case for ongoing care: February 2010 update. Baltimore, MD: Partnership for Solutions; 2010. Available at <http://www.rwjf.org/pr/product.jsp?id=50968>. Accessed October 24, 2010.
  • Hoffman C, Schwartz K. Eroding access among nonelderly U.S. adults with chronic conditions: ten years of change. Health Aff (Millwood) 2008;27:w340-8.
  • Congressional Budget Office. Letter to the Honorable Nancy Pelosi, speaker of the U.S. House of Representatives. Available at <http://www.cbo.gov/ftpdocs/113xx/doc11379/AmendReconProp.pdf>. Accessed September 27, 2010.
  • Bindman AB, Grumach K, Osmond D, et al. Preventable hospitalizations and access to health care. JAMA 1995;274: 305-11.
  • National Commission on Prevention Priorities. Preventive care: a national profile on use, disparities, and health benefits. Washington, DC: Partnership for Prevention; August 2007. Available at <http://www.rwjf.org/files/publications/other /PreventiveCareReportFinal080707.pdf>. Accessed September 24, 2010.
  • Sommers BD. Why millions of children eligible for Medicaid and SCHIP are uninsured: poor retention versus poor take-up. Health Aff (Millwood) 2007;26:w560-7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ