一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)極低出生体重児の新生児集中治療室入室-19州、20・・・

MMWR抄訳

rss

2010/11/12Vol. 59 / No. 44

MMWR59(44):1444-1447
Neonatal Intensive-Care Unit Admission of Infants with Very Low Birth Weight - 19 States, 2006

極低出生体重児の新生児集中治療室入室-19州、2006年

極低出生体重児(VLBW)(1,500g未満)は新生児死亡率が非常に高く、2006年のVLBW乳児における死亡率は出生児1,000人あたり 240.4人であった。新生児集中治療はVLBW乳児の死亡リスクを低下させる可能性があることから、現在全てのVLBW乳児に対する新生児集中治療の実施が標準となっている。VLBW乳児における新生児集中治療室(NICU)の入室率とNICU入室の予測因子を検討するため、CDCは19州における 2006年の出生データを分析した。対象とした19州において2006年に出生したVLBW乳児は25,231例であった。VLBW乳児のNICU入室率は全体で77.3%(19,512例)、州別で63.7%(カリフォルニア州)~93.4%(ノースダコタ州)であった。NICU入室率を母親の人種/民族別にみた場合、全体としてラテンアメリカ系が非ラテンアメリカ系黒人、非ラテンアメリカ系白人よりも低かったが(それぞれ71.8%、79.5%、 80.5%)、この人種/民族差は州によって様々であった。多変量解析によると、早産(妊娠<28週: 調整入室率比[APR]1.32、28~31週:1.36、32~36週:1.27[37週以上を基準])、多生児(双生児:APR1.04、三つ子以上:1.08)、帝王切開(APR1.11)がVLBW乳児のより高いNICU入室率と独立して関連していた。乳児の性別や母親の人種/民族・経産・年齢・教育年数はNICU入室率との関連がみられなかった。VLBW乳児におけるNICU入室率は州によって大きな違いがみられたことから、今後NICU入室の障壁について検討する必要がある。

References

  • Matthews TJ, MacDorman MF. Infant mortality statistics from the 2006 period linked birth-infant death dataset. Natl Vital Stat Rep 2010;58(17).
  • American Academy of Pediatrics and the American College of Obstetricians and Gynecologists. Guidelines for perinatal care. 6th ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2007.
  • Martin JA, Hamilton BE, Sutton PD, et al. Births: final data for 2006. Natl Vital Stat Rep 2009;57(7).
  • Donohue PK, Boss RD, Shepard J, Graham E, Allen MC. Intervention at the border of viability: perspective over a decade. Arch Pediatr Adolesc Med 2009;163:902-6.
  • Lee SK, Penner PL, Cox M. Comparison of the attitudes of health care professionals and parents toward active treatment of infants with VLBW. Pediatrics 1991;88:110-4.
  • Lasswell SM, Barfield WD, Rochat RW, Blackmon L. Perinatal regionalization for very low-birth-weight and very preterm infants: a meta-analysis. JAMA 2010;304:992-1000.
  • Maternal and Child Health Bureau. Title V Information System: national performance measures. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Health Resources and Services Administration, Maternal and Child Health Bureau; 2010. Available at <https://perfdata.hrsa.gov/mchb/tvisreports/measurementdata /measurementdatamenu.aspx>. Accessed November 4, 2010.
  • Blackmon LR, Barfield WD, Stark AR. Hospital neonatal services in the United States: variation in definitions, criteria, and regulatory status, 2008. J Perinatol 2009;29:788-94.
  • US Department of Health and Human Services. Maternal, infant, and child health. Objective 16-8: increase the proportion of very low birth weight (VLBW) infants born at level III hospitals or subspecialty perinatal centers. Healthy People 2010 (conference ed, in 2 vols). Washington DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov/document/html/volume2/16mich.htm>. Accessed November 4, 2010.
  • Cifuentes J, Bronstein J, Phibbs CS, Phibbs RH, Schmitt SK, Carlo WA. Mortality in low birth weight infants according to levels of neonatal care at hospital of birth. Pediatrics 2002;109:745-51.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ