一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)致死的な事故を起こした16、17歳ドライバー-アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/10/22Vol. 59 / No. 41

MMWR59(41):1329-1334
Drivers Aged 16 or 17 Years Involved in Fatal Crashes - United States, 2004-2008

致死的な事故を起こした16、17歳ドライバー-アメリカ、2004~2008年

アメリカにおける10代の死因の第1位は自動車事故であり、約1/3を占めている。2004~2008年のFARS(Fatality Analysis Reports System)データでは、この期間、16または17歳のドライバー9,644名が致死的な事故(以下、“事故”という)を9,494件起こしており、これらの事故により11,019名が死亡、うち4,071名(37%)が16または17歳のドライバー、3,428名(31%)がその同乗者、1,987名 (18%)は他の車のドライバー、805名(7.3%)は他の車の同乗者、728名(6.7%)は歩行者や自転車に乗っていた人であった。事故は単独事故が4,705件(50%)、車2台による事故が3,976件(42%)、3台以上による事故が813件(8%)であった。事故を起こした16または17歳ドライバーのうち6,280名(65%)は男性であり、3,429名(36%)が事故時、スピード違反であった。血中アルコール濃度(BAC)は 4,459名(46%)にて測定され、3,512名(79%)は陰性、947名(21%)が陽性、うち678名(72%)は21歳以上に対する法定上限濃度(0.08g/dL)を上回っていた。事故を起こしたドライバーは2004年:2,230名、2005年:2,054名、2006年:2,020名、 2007年:1,903名、2008年:1,437名と漸減しており、1996年以降、継続して減少している。10万人あたりの発生率は2004 年:27.1から2008年:16.7へ38%低下しており、18歳以上でも2004年:20.5から2008年:16.3と20%低下しており、州別の発生率はニューヨーク、ニュージャージー州:9.7~ワイオミング州:59.6(5年間の平均値)であった。今後、16および17歳ドライバーの死亡を減少するにはGDL(10代ドライバー用の免許)プログラムの再テストや更新、違法なアルコールの販売の中止などが重要であると考える。

References

  • CDC. WISQARS (Web-based Injury Statistics Query and Reporting System). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html>. Accessed October 18, 2010
  • Ferguson SA, Teoh ER, McCartt AT. Progress in teenage crash risk during the last decade. J Safety Res 2007;38:137-45.
  • Sivak M. Is the U.S. on the path to the lowest motor vehicle fatalities in a decade? Ann Arbor, MI: University of Michigan Transportation Research Institute; 2008. Available at <http://deepblue.lib.umich.edu/bitstream/2027.42/60424/1/100969.pdf>. Accessed October 18, 2010.
  • Shope J. Graduated driver licensing: review of evaluation results since 2002. J Safety Res 2007;38:166-75.
  • CDC. Parents Are the Key Campaign. US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/parentsarethekey/about/index.html>. Accessed October 18, 2010.
  • CDC. Achievements in public health, 1900-1999 motor-vehicle safety: a 20th century public health achievement. MMWR 1999;48:369-74.
  • Transportation Research Board Subcommittee on Young Drivers. Future directions for research on motor vehicle crashes and injuries involving teenage drivers. Washington, DC: Transportation Research Board; 2009. Available at <http://claire.hsrc.unc.edu/~foss/2008rpt.pdf>. Accessed October 18, 2010.
  • McCartt AT, Teoh ER, Fields M, Braitman KA, Hellinga LA. Graduated licensing laws and fatal crashes of teenage drivers: a national study. Traffic Inj Prev 2010;11:240-8.
  • Williams AF. Contribution of the components of graduated driver licensing to crash reduction. J Safety Res 2007;38: 177-84.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ