一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)18歳以上の成人における破傷風・百日咳ワクチンの接・・・

MMWR抄訳

rss

2010/10/15Vol. 59 / No. 40

MMWR59(40):1302-1306
Tetanus and Pertussis Vaccination Coverage Among Adults Aged -18 Years - United States, 1999 and 2008

18歳以上の成人における破傷風・百日咳ワクチンの接種率-アメリカ、1999年と2008年

2005 年にAdvisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は、10~64歳の人々に対して10年間隔での破傷風・ジフテリア(Td)ワクチンの1回接種の代わりに新たに承認された破傷風・ジフテリア・無細胞性百日咳(Tdap)ワクチンの接種を推奨した。この勧告により、最後の破傷風ワクチン接種後10年未満でも百日咳予防のためにTdapの接種が可能となった。特に乳児と接触する成人や患者と直接接触する医療関係者(感受性が高い接触者への百日咳伝播リスクの高い2群)では、最後の破傷風ワクチン接種から2年後にTdapを1回接種することが推奨される。アメリカの成人における破傷風ワクチンの接種率の変化とTdapの使用率を調査するため、CDCはNational Health Interview Survey(NHIS)の1999年と2008年のデータを分析した。18~64歳の成人における過去10年以内の破傷風ワクチンの自己報告接種率は、 1999年(60.4%)と2008年(61.6%)で同様であった。2008年のTdapの推定接種率は全体で5.9%であり、乳児(家族)接触群 (5.0%)と非接触群(5.9%)で差はみられなかったが、医療関係者(15.9%)は非医療関係者(5.1%)よりも有意に高かった。 2005~2008年の破傷風ワクチン接種成人におけるTdap使用率は全体で52.1%、乳児接触群60.0%、医療関係者60.3%であった。医療従事者は最後の破傷風ワクチン接種から10年以上経過している18~64歳の成人に対してTdapの接種を勧めるべきである。また、特に乳児と接触する成人や患者と接触する医療関係者(最後の破傷風ワクチン接種から2年後にTdap接種が可能)の接種率を増加させるための介入が必要である。

References

  • CDC. Preventing tetanus, diphtheria, and pertussis among adults: use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid and acellular pertussis vaccine. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) and recommendation of ACIP, supported by the Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee (HICPAC), for use of Tdap among health-care personnel. MMWR 2006;55(RR-17).
  • National Center for Health Statistics. National Health Interview Survey: questionnaires, datasets, and related documentation. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/nhis/quest_data_related_1997_forward.htm>. Accessed October 7, 2010.
  • Gergen PJ, McQuillan GM, Kiely M, Ezzati-Rice TM, Sutter RW, Virella G. A population-based serologic survey of immunity to tetanus in the United States. N Engl J Med 1995;332:761-6.
  • CDC. Vaccination coverage among U.S. adults, National Immunization Survey-adult, 2007. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/stats-surv/nis/downloads/nis-adult-summer- 2007.pdf>. Accessed October 7, 2010.
  • CDC. Summary of notifiable diseases-United States, 2008. MMWR 2010;57(No. 54).
  • Cortese MM, Baughman AL, Brown K, Srivastava P. A “new age” in pertussis prevention: new opportunities through adult vaccination. Am J Prev Med 2007;32:177-85.
  • Top KA, Halperin BA, Baxendale D, Mackinnon-Cameron D, Halperin SA. Pertussis immunization in paediatric healthcare workers: knowledge, attitudes, beliefs, and behaviour. Vaccine 2010;10:2169-73.
  • Hagan PT, Bond AR, Rehman H, Molella RG, Murad MH. Have you had a tetanus booster in the past 10 years? Sensitivity and specificity of the question. Patient Educ Couns 2008;70:403-6.
  • National Foundation for Infectious Diseases. National survey on adult vaccination reports low consumer awareness of vaccines and the risks of vaccine-preventable diseases. Bethesda, MD: National Foundation for Infectious Diseases; 2008. Available at <http://www.nfid.org/pdf/factsheets/survey.pdf>. Accessed October 7, 2010.
  • Healy CM, Mayes BH, Rench MA. Implementation of cocooning against pertussis in a high-risk population [Abstract #22776]. Presented at the 44th National Immunization Conference, Atlanta, GA; April 19-22, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ