一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)ラテンアメリカ系/ラテンアメリカ人におけるHIV感・・・

MMWR抄訳

rss

2010/10/15Vol. 59 / No. 40

MMWR59(40):1297-1301
Estimated Lifetime Risk for Diagnosis of HIV Infection Among Hispanics/Latinos - 37 States and Puerto Rico, 2007

ラテンアメリカ系/ラテンアメリカ人におけるHIV感染症診断の推定生涯リスク-37州およびプエルトリコ、2007年

2008 年のアメリカのラテンアメリカ系/ラテンアメリカ人におけるHIV感染症の年間診断率は、白人の約3倍であった(それぞれ10万人あたり25.0例、 8.2例)。37州とプエルトリコのラテンアメリカ系/ラテンアメリカ人におけるHIV感染症診断の推定生涯リスク(ELR)と年齢調整リスクを評価するため、CDCは2007年のHIVサーベイランスデータ、一般・HIV特異的死亡率の人口動態統計データ、アメリカ国勢調査データを分析した。2007年には37州とプエルトリコで約41,611例がHIV感染症の診断を受け、そのうち8,411例(20.2%)がラテンアメリカ系/ラテンアメリカ人であった。HIV診断の人種/民族別ELRはラテンアメリカ系/ラテンアメリカ人1.92%であり、黒人/アフリカ系アメリカ人4.65%、ハワイ先住民 /その他の太平洋諸島系1.86%、アメリカンインディアン/アラスカ先住民0.76%、白人0.59%、アジア系0.45%であった。ラテンアメリカ系 /ラテンアメリカ人におけるHIV診断ELRは男性2.80%、女性0.94%であり(白人男性:0.98%、女性:0.19%)、全ての年齢層で男性が女性よりも高かった。男女ともELRは10~14歳から15~19歳までゆっくり上昇した後に50~54歳頃まで急峻に直線的に上昇し、その後に上昇は緩やかになり65~69歳頃に安定した。ラテンアメリカ系/ラテンアメリカ人では、HIV未感染の35歳群が今後10年間のHIV診断リスクが最も高かった (男性:0.77%、女性:0.24%)。ラテンアメリカ系/ラテンアメリカ人における高いHIV感染症診断率を低下させるためには、文化的および言語的に適切な介入(HIVリスク行動を減少させるための効果的なコミュニケーション戦略、HIV検査・治療のための受診の促進など)が必要である。

References

  • CDC. Diagnoses of HIV infection and AIDS in the United States and dependent areas, 2008: HIV surveillance report, volume 20. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/surveillance/resources/reports/2008report /index.htm>. Accessed October 8, 2010.
  • US Census Bureau. Population estimates. Available at <http://www.census.gov/popest/estimates.php>. Accessed October 8, 2010.
  • National Cancer Institute. DevCan: probability of developing or dying of cancer. Bethesda, MD: National Institutes of Health, National Cancer Institute; 2010. Available at <http://www.srab.cancer.gov/devcan>. Accessed October 8, 2010.
  • Hall HI, An Q, Hutchinson AB, Sansom S. Estimating the lifetime risk of a diagnosis of the HIV infection in 33 states, 2004-2005. J Acquir Immune Defic Syndr 2008;49:294-7.
  • Organista KC, Carrillo H, Ayala G. HIV prevention with Mexican migrants: review, critique, and recommendations. J Acquir Immune Defic Syndr 2004;37(suppl 4):S227-39.
  • Shedlin MG, Decena CU, Oliver-Velez D. Initial acculturation and HIV risk among new Hispanic immigrants. J Natl Med Assoc 2005;97(7 Suppl):32-7S.
  • Swallen KC, West DW, Stewart SL. et al. Predictors of misclassification of Hispanic ethnicity in a population-based cancer registry. Ann Epidemiol 1997;7:200-6.
  • CDC. 2009 compendium of evidence-based HIV prevention interventions. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/research/prs/evidence-based- interventions.htm>. Accessed October 8, 2010.
  • CDC. Act against AIDS. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.nineandahalfminutes.org>. Accessed October 8, 2010.
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://www.whitehouse.gov/onap>. Accessed October 8, 2010.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ