一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)バイタルサイン:ハイスクールの生徒および成人におけ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/10/08Vol. 59 / No. 39

MMWR59(39):1274-1279
Vital Signs: Binge Drinking Among High School Students and Adults - United States, 2009 

バイタルサイン:ハイスクールの生徒および成人における飲み騒ぎ-アメリカ、2009年

アメリカでは2001~2005年の間、過剰の飲酒により毎年79,000名が死亡し、損失生存可能年数は230万年と推定されており、この死亡者の半数以上と損失生存可能年数の2/3は飲み騒ぎによるものである。飲み騒ぎとはBehavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)では調査前30日以内の1回の飲酒の機会に女性の場合は4種類以上、男性の場合は5種類以上のお酒を飲むこと、National Youth Risk Behavior Survey (YRBS)では調査前30日以内の飲酒の機会に数時間で5種類以上のお酒を飲むことと定義されている。今回CDCは2009年の固定電話または携帯電話調査によるBRFSS(対象:18歳以上)およびYRBS(対象: 9~12年生)のデータから、飲み騒ぎの流行について分析を行った。その結果、BRFSS固定電話調査(n=412,005)では15.2%の18歳以上の成人が飲み騒ぎを行っており、男女別では男性:20.7%、女性:10.0%と男性にて多く、年齢別では18~24歳:25.6%、25~34 歳:22.5%、35~44歳:17.8%、45~64歳:12.1%、65歳以上:3.8%と年齢に伴い低下していた。人種別ではラテン系:16.3%、非ラテン系白人:16.0%にて高く、非ラテン系黒人:10.3%、その他:12.1%であり、年収別では25,000ドル未満:12.1%、25,000~50,000ドル:14.6%、50,000~75,000ドル:16.8%、75,000ドル以上:19.3%と年収に伴い増加していた。携帯電話調査(n=15,578)では20.6%と固定電話調査よりも高いが、性別、年齢、人種および年収による傾向は固定電話調査と同様の結果が得られた。YRBSでは24.2%、男女別では男性:25.0%、女性:23.4%、人種別では非ラテン系白人:27.8%、ラテン系:24.1%、非ラテン系黒人:13.7%、その他:17.6%であり、学年別では学年に伴い増加していた(9年生:15.3%、10年生:22.3%、11年生:28.3%、12年生:33.5%)。また、YRBSでは調査前30日以内に1回以上の飲酒をした現飲酒者が41.8%おり、このうち60.9%が飲み騒ぎを行っていた。

References

  • Mokdad AH, Marks JS, Stroup DF, Gerberding JL. Actual causes of deaths in the United States, 2000. JAMA 2004;291:1238-45.
  • CDC. Alcohol attributable deaths and years of potential life lost, United States, 2001. MMWR 2004;53:866-70.
  • CDC. Youth risk behavior surveillance-United States, 2009. MMWR 2010;59(No. SS-5).
  • Brewer RD, Swan MH. Binge drinking and violence. JAMA 2005;294:616-8.
  • CDC. Sociodemographic differences in binge drinking among adults-14 states, 2004. MMWR 2009;58:301-4.
  • Nelson TF, Naimi TS, Brewer RD, Weschler H. The state sets the rate: the relationship among state-specific college binge drinking, state binge drinking rates, and selected state alcohol control policies. Am J Public Health 2005;95:441-6.
  • Miller J, Naimi T, Brewer R, Everett Jones S. Binge drinking and associated health risk behaviors among high school students. Pediatrics 2007;119:76-84.
  • Nelson DE, Naimi TS, Brewer RD, Nelson HA. State alcohol-use estimates among youth and adults, 1993-2005. Am J Prev Med 2009;36:218-24.
  • Stockwell T, Donath S, Cooper-Stanbury M, Chikritzhs T, Catalano P, Mateo C. Under-reporting of alcohol consumption in household surveys: a comparison of quantity-frequency, graduated-frequency and recent recall. Addiction 2004;99:1024-33.
  • Nelson DE, Naimi TS, Brewer RD, Roeber J. US state alcohol sales compared to survey data, 1993-2006. Addiction 2010;105:1589-96.
  • Delnevo CD, Gundersen DA, Hagman BT. Declining estimated prevalence of alcohol drinking and smoking among young adults nationally: artifacts of sample undercoverage? Am J Epidemiol 2008;167:15-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ