一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)インフルエンザ活性-アメリカおよび世界、2010年・・・

MMWR抄訳

rss

2010/10/08Vol. 59 / No. 39

MMWR59(39):1270-1273
Influenza Activity - United States and Worldwide, June 13-September 25, 2010 

インフルエンザ活性-アメリカおよび世界、2010年6月13日~9月25日

2010 年6月13日~9月25日、アメリカにおけるインフルエンザ活性は低かった。南半球では夏の季節性インフルエンザ活性の典型的なパターンを示し、熱帯地方でもインフルエンザ活性が認められた。この期間中、WHOおよびNNREVSS研究室において分析された呼吸器検体は25,833検体、うち326検体 (1.3%)がインフルエンザ陽性を示した(A型:261、B型:65)。血清型の分析はA型185検体にて行われ、130検体がH3、55検体が 2009インフルエンザA(H1N1)であった。陽性検体は南東部(アラバマ、フロリダ、ジョージア、ケンタッキー、ミシシッピ、ノースカロライナ、サウスカロライナ、テネシー州にて多く(40%)、西部(アリゾナ、カリフォルニア、ハワイ、ネバダ州):14%、中西部(イリノイ、インディアナ、ミズーリ、ミネソタ、オハイオ、ウイスコンシン州):10%であった。インフルエンザ様疾患(ILI)による外来受診率は0.7~1%と全国基準値(2.3%) を下回り、肺炎およびインフルエンザによる死亡率も流行閾値を下回った。世界的にはインフルエンザA(H1N1)、A(H3N2)およびインフルエンザB 活性が報告され、アジアではA(H3):44%、2009 A(H1N1):32%、B:13%、南アメリカではA(H1N1):32%、B:32%、北アメリカではA(H3):69%、オセアニアでは A(H1N1):63%、ヨーロッパではB:59%、A(H1N1):19%と地域による相違が認められた。抗原性の分析では2009 A(H1N1)の99%が2010-11北半球ワクチンの成分であるA/California/7/2009に、A(H3)の96%がA/Perth /16/2009に、Bの88%がB/Brisbane/60/2008に類似していた。また、この期間、鳥インフルエンザA(H5N1)のヒトでの感染はエジプトとインドネシアで計6例報告され、5例が死亡し、2003年12月以降の症例数はアジアとアフリカの15ヶ国にて計505例(うち300例が死亡)となっている。

References

  • CDC. Update: influenza activity-United States, 2009-10 season. MMWR 2010;59:901-8.
  • World Health Organization. Global Influenza Surveillance Network. FluNet. Available at <http://gamapserver.who.int/globalatlas/home.asp>. Accessed October 1, 2010.
  • World Health Organization. Confirmed human cases of avian influenza A (H5N1). Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/en>. Accessed October 1, 2010.
  • CDC. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010. MMWR 2010;59(No. RR-8).
  • Zaman K, Roy E, Arifeen SE, et al. Effectiveness of maternal influenza immunization in mothers and infants. N Engl J Med 2008;359:1555-64.
  • Eick AA, Uyeki TM, Klimov A, et al. Maternal influenza vaccination and effect on influenza virus infection in young infants. Arch Pediatr Adolesc Med 2010.Epub ahead of print (October 4, 2010). Available at <http://archpedi.ama-assn.org/cgi/content/short /archpediatrics.2010.192>. Accessed October 5, 2010.
  • CDC. Update: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) regarding use of CSL seasonal influenza vaccine (Afluria) in the United States during 2010-11. MMWR 2010;59:989-92.
  • Harper SA, Bradley JS, Englund JA, et al. Seasonal influenza in adults and children-diagnosis, treatment, chemoprophylaxis, and institutional outbreak management: clinical practice guidelines of the Infectious Diseases Society of America. Clin Infect Dis 2009;48:1003-32.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ