一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)医師に診断された関節炎と関節炎に起因する活動制限の・・・

MMWR抄訳

rss

2010/10/08Vol. 59 / No. 39

MMWR59(39):1261-1265
Prevalence of Doctor-Diagnosed Arthritis and Arthritis-Attributable Activity Limitation - United States, 2007-2009

医師に診断された関節炎と関節炎に起因する活動制限の有病率-アメリカ、2007~2009年

アメリカにおける関節炎の医療費は年間約1,280億ドルであり、2030年までには医師に診断された関節炎および関節炎に起因する活動制限(AAAL)患者は、高齢化に伴い有意に増加すると考えられる。今回、CDCは2007~2009年のNational Health Interview Survey(NHIS)データの分析から、医師に診断された関節炎およびAAAL患者の推定を行った。調査対象は2007年:23,393人、2008 年:21,781、2009年:27,731名、回答率はそれぞれ67.8、62.6、65.4%であり、医師に診断された関節炎の成人患者は22.2% (4,990万人)と推定され、年齢に伴い高値を示した(18~44歳:7.6、45~64歳:29.8、65歳以上:50.0%)。年齢による補正後の関節炎発症率は男性(18.2%)に比べ女性(24.3%)にて有意に高く、大卒(20.5%)に比べ高卒以下(21.9%)にて高値、肥満 (29.6%)は正常体重(16.9%)および体重過多(19.8%)に比べ高く、現喫煙者(23.7%)、前喫煙者(25.4%)に比べ非喫煙者 (19.0%)にて低値であり、推奨身体活動量(150分/週)を満たす場合は18.7%と不足する場合(10~149分/週:22.9%、10分未満:23.5%)に比べ低値であった。AAALは9.4%(2,110万人)と推定され、年齢補正後の発症率は関節炎と同様の傾向を示した。医師に診断された関節炎患者におけるAAAL発症率は42.4%、年齢補正後ではBMI分類class III(30.0以上)にて52.9%、身体活動量10分未満:51.2%、現喫煙者:47.6%、BMI class II(25.0~30.0):46.7%、非ラテン系黒人:45.5%にて高かった。関節炎、AAALともに大きな健康問題となっているが、今回の調査結果から肥満の予防、身体活動の推進、自己管理に関する教育の推進などによる改善の可能性が示唆された。

References

  • Hootman JM, Helmick CG. Projections of US prevalence of arthritis and associated activity limitations. Arthritis Rheum 2006;54:226-9.
  • CDC. National and state medical expenditures and lost earnings attributable to arthritis and other rheumatic conditions-United States, 2003. MMWR 2007;56:4-7.
  • Flegal KM, Carroll MD, Ogden CI, Curtin LR. Prevalence and trends in obesity among US adults, 1999-2008. JAMA 2010;303:235-41.
  • CDC. Prevalence of doctor-diagnosed arthritis and arthritis-attributable activity limitation-United States, 2003-2005. MMWR 2006;55:1089-92.
  • Anandacoomarasamy A, Caterson I, Sambrook P, Fransen M, March L. The impact of obesity on the musculoskeletal system. Int J Obes 2008;32:211-22.
  • Murphy L, Schwartz TA, Helmick CG, et al. Lifetime risk of symptomatic knee osteoarthritis. Arthritis Rheum 2008;59:1207-13.
  • Felson DT, Zhang Y. An update on the epidemiology of knee and hip osteoarthritis with a view to prevention. Arthritis Rheum 1998;41:1343-55.
  • Shea MK, Houston DK, Nicklas BJ, et al. The effect of randomization to weight loss on total mortality in older overweight and obese adults: the ADAPT Study. J Gerontol A Biol Sci Med Sci 2010;65:519-25.
  • Sacks JJ, Harrold LR, Helmick CG, Gurwitz JH, Emani S, Yood RA. Validation of a surveillance case definition for arthritis. J Rheumatol 2005;32:340-7.
  • Zhang W, Nuki G, Moskowitz RW, et al. OARSI recommendations for the management of hip and knee osteoarthritis. Part III: changes in evidence following systematic cumulative update of research published through January 2009. Osteoarthritis Cartilage 2010;18:476-99.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ