一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)世界的メジナ虫病根絶に向けた進展、2009年1月~・・・

MMWR抄訳

rss

2010/10/01Vol. 59 / No. 38

MMWR59(38):1239-1242
Progress Toward Global Eradication of Dracunculiasis, January 2009-June 2010

世界的メジナ虫病根絶に向けた進展、2009年1月~2010年6月

1986 年、世界保健会議(WHA)はDracunculus medinensisによるヒト寄生虫症であるメジナ虫症(ギアナ虫症)の根絶を呼びかけた。その当時、アフリカとアジアの20ヶ国で毎年約350万人がメジナ虫症を発症し、12,000万人が発症リスクを有していた。1995年までにメジナ虫症根絶という1991年WHA目標は達成できず、2009年までの根絶という2004年目標も達成できなかった。この報告は、2009年1月以降のメジナ虫症の世界的根絶に向けた進展状況を更新する。2009年12月末までにメジナ虫病が依然として風土病になっている国は4ヶ国(エチオピア、ガーナ、マリ、スーダン)であった。世界中の土着患者数は2008年の4,613例から2009年には3,185例へと31%減少し、2010年1月~6月の患者数は766例と2009年の同時期 (1,441例)に比べて47%減少した。各国の2009年、2010年1月~6月の土着患者数は、スーダンでそれぞれ2,733例(前年の同時期に比べて-24%)、745例(-37%)、ガーナで242例(-52%)、8例(-96%)、マリで186例(-55%)、1例(-88%)、エチオピアで 24例(-38%)、12例(-43%)であった。ニジェールとナイジェリアは2009年に初めて土着患者が1年間報告されず、2010年1月~6月も患者の報告はない。2010年に発症した766例中745例(97%)はスーダン、ガーナ、エチオピア、マリの380の村から報告されており、この症例数の少なさと減少は伝播遮断に近づいていることを示唆する。現在の目標は、できるだけ早くこの4ヶ国全てでメジナ虫症を完全に根絶することである。メジナ虫症が風土病であるスーダンとマリ地域における暴動や内戦は、世界的メジナ虫症根絶プログラムの成功の最大の脅威である。

References

  • World Health Assembly. Resolution WHA 39.21. Elimination of dracunculiasis: resolution of the 39th World Health Assembly. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 1986.
  • Watts SJ. Dracunculiasis in Africa: its geographic extent, incidence, and at-risk population. Am J Trop Med Hyg 1987;37:119-25.
  • Ruiz-Tiben E, Hopkins DR. Dracunculiasis (Guinea worm disease) eradication. Adv Parasitol 2006;61:275-309.
  • World Health Assembly. Resolution WHA 57.9. Eradication of dracunculiasis: resolution of the 57th World Health Assembly. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2004. Available at <http://www.who.int/gb/ebwha/pdf_files/wha57/a57_r9-en.pdf>. Accessed October 9, 2009.
  • World Health Organization. Dracunculiasis eradication: global surveillance summary, 2009. Wkly Epidemiol Rec 2010;85:166-76.
  • World Health Organization. Monthly report on dracunculiasis cases, January 2009-February 2010. Wkly Epidemiol Rec 2010;85:147-8.
  • CDC. Progress toward global eradication of dracunculiasis, January 2008-June 2009. MMWR 2009;58:1123-5.
  • Imtiaz R, Hopkins DR, Ruiz-Tiben E. Permanent disability from dracunculiasis. Lancet 1990;336:630.
  • Ruiz-Tiben E, Hopkins DR. Dracunculiasis. In: Guerrant RL, Walker DH, Weller PF, eds. Tropical infectious diseases: principles, pathogens, and practice. 2nd   ed. New York, NY: Elsevier; 2006:1204-7.
  • Miri E, Hopkins DR, Ruiz-Tiben E, et al. 2010. Nigeria’s triumph: dracunculiasis eradicated. Am J Trop Med Hyg 2010;83:215-25.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ