一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)成人における現在のうつ病-アメリカ、2006年と2・・・

MMWR抄訳

rss

2010/10/01Vol. 59 / No. 38

MMWR59(38):1229-1235
Current Depression Among Adults - United States, 2006 and 2008

成人における現在のうつ病-アメリカ、2006年と2008年

うつ病は一般的で治療可能な疾患であり、2001~2002年の調査によると過去12ヶ月間に大うつ病を経験した米国成人の割合は推定6.6%であった。うつ病の有病率は慢性疾患患者(肥満、心血管系疾患、糖尿病、喘息、関節炎、癌など)や不健康行動群(喫煙、身体活動なし、過度の飲酒など)でより高い。現在うつ病(調査前2週間)の有病率を推定するため、CDCは2006年と2008年のBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)調査データを分析した。その結果、45州、ワシントンDC、プエルトリコ、U.S.バージン諸島における成人235,067例のうち9.0%が現在うつ病の基準に一致し、3.4%は大うつ病であった。大うつ病の有病率は年齢とともに増加したが(18~24歳群:2.8%、 45~64歳群:4.6%)、65歳以上群では1.6%に低下した。また大うつ病の有病率は女性(4.0%)が男性(2.7%)に比べて、健康保険非加入者(5.9%)が加入者(2.9%)に比べて、離婚者(6.6%)と未婚者(4.1%)が現在既婚者(2.2%)に比べて、就労不能者(22.2%)と失業者(9.8%)が主婦・主夫/学生(3.0%)、雇用者(2.0%)、退職者(1.6%)に比べて有意に高かった。非ラテンアメリカ系黒人 (4.0%)、ラテンアメリカ系(4.0%)、非ラテンアメリカ系の他の人種(4.3%)は非ラテンアメリカ系白人(3.1%)に比べて、高校卒業未満群 (6.7%)と高校卒業群(4.0%)は大学以上卒業群(2.5%)に比べてより高かった。その他のうつ病の有病率は、年齢別以外(18~24歳群が最高:8.1%)で大うつ病と同様のパターンを示した。現在うつ病・大うつ病・その他のうつ病の年齢調整有病率は州や準州によっても異なり、現在うつ病の有病率は4.8%(ノースダコタ州)~14.8%(ミシシッピ州)で、主に南東部で有病率が高かった。BRFSSにおいてうつ病の有病率を評価している州の健康局は、患者の特徴を分析して最高リスクの集団を同定し、予防とコントロールのための介入を標的化することが可能である。

References

  • Kessler RC, Berglund P, Demler O, et al. The epidemiology of major depressive disorder: results from the National Comorbidity Survey Replication (NCS-R). JAMA 2003;289: 3095-105.
  • Strine TW, Mokdad AH, Balluz LS, et al. Depression and anxiety in the United States: findings from the 2006 Behavioral Risk Factor Surveillance System. Psychiatr Serv 2008; 59:1383-90.
  • Chapman DP, Perry GS, Strine TW. The vital link between chronic disease and depressive disorders. Prev Chronic Dis 2005;2:A14.
  • Kroenke K, Strine TW, Spitzer RL, Williams JB, Berry JT, Mokdad AH. The PHQ-8 as a measure of current depression in the general population. J Affect Disord 2009; 114:163-73.
  • American Psychiatric Association. Diagnostic and statistical manual of mental disorders, 4th ed. Washington, DC: American Psychiatric Association; 1994.
  • Byers AL, Yaffe K, Covinsky KE, Friedman MB, Bruce ML. High occurrence of mood and anxiety disorders among older adults: the National Comorbidity Survey Replication. Arch Gen Psychiatry 2010;67:489-96.
  • National Institute of Mental Health. Women and depression: discovering hope. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Institute of Mental Health; 2009. Available at <http://www.nimh.nih.gov/health/publications/women-and-depression- discovering-hope/index.shtml>. Accessed September 27, 2010.
  • US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General, Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Mental health: culture, race, and ethnicity: a supplement to mental health: a report of the Surgeon General. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2001. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/mentalhealth/cre>. Accessed September 27, 2010.
  • Mojtabai R. Unmet need for treatment of major depression in the United States. Psychiatr Serv 2009;60:297-305.
  • Lewis G, Booth M. Regional differences in mental health in Great Britain. J Epidemiol Community Health 1992;46:608-11.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ