一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2010年(Vol.59)最新情報:肺炎桿菌におけるVerona integ・・・

MMWR抄訳

rss

2010/09/24Vol. 59 / No. 37

MMWR59(37):1212
Update: Detection of a Verona Integron-Encoded Metallo-Beta-Lactamase in Klebsiella pneumoniae- United States, 2010

最新情報:肺炎桿菌におけるVerona integron-encoded metallo-beta-lactamaseの検出-アメリカ、2010年

2010 年7月、CDCにアメリカでは腸内細菌類(enterobacteriaceae)での報告がないVerona integron-encoded metallo-beta-lactamase(VIM)を産生するカルバペネム耐性肺炎桿菌に感染した症例が報告された。この症例はアメリカの女性で、地中海クルージング中に下痢を伴う病気となりギリシャの病院に入院し、敗血症およびクロストリジウムディフィシル感染症と診断された。ギリシャで2ヶ所の病院に入院した後、アメリカの病院に転送され、敗血症と急性腎不全の治療が行われた。入院時、ギリシャで留置された中心静脈カテーテルから採取した血液を培養したところ、VIM耐性機序を示すカルバペネマーゼを産生する肺炎桿菌が検出された。この菌はギリシャでは報告されているが、アメリカでの報告はなくクレブシエラ治療に用いられる抗生物質全てに対し感受性を示さなかった。しかし、患者は十分に回復し、入院から26日目に退院した。この患者と同時期に入院していた22名を対象としたスクリーニング検査では、カルバペネム耐性腸内細菌(CRE)は検出されなかった。今後、全ての治療施設においてCRE感染に対する認識を持つべきであり、確認した場合の報告や感染拡大の予防措置などについてはCDC(Division of Healthcare Quality Promotion)に相談することができる。

References

  • Vatopoulos A. High rates of metallo-beta-lactamase-producing Klebsiella pneumoniae in Greece-a review of the current evidence. Euro Surveill 2008;13:1-6.
  • CDC. Detection of Enterobacteriaceae isolates carrying metallo-beta-lactamase-United States, 2010. MMWR 2010;59:750.
  • CDC. Guidance for control of infections with carbapenem-resistant or carbapenemase-producing Enterobacteriaceae in acute care facilities. MMWR 2009;58:256-60.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ